パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞、未公開DVD、お気に入り自己所有のビデオ・DVDの感想などネタバレ有りで記録しています。

杉原千畝 スギハラチウネ★★★★.5

2015年12月06日 | アクション映画ーサ行
第2次世界大戦中、リトアニア領事代理として日本政府に背く形で多くのユダヤ難民にビザを発給し彼らの命を救った杉原千畝の波乱に満ちた半生を映画化。世界情勢が混乱を極める中、諜報(ちょうほう)外交官として日本にさまざまな情報を送ってきた杉原を唐沢寿明が演じ、彼を支える妻に小雪がふんするほか、日本、ポーランドの実力派俳優が集結。『サイドウェイズ』などのチェリン・グラック監督がメガホンを取り、国際色豊かなスタッフ、キャストをまとめ上げた。
あらすじ:1935年、満洲国外交部勤務の杉原千畝(唐沢寿明)は高い語学力と情報網を武器に、ソ連との北満鉄道譲渡交渉を成立させた。ところがその後彼を警戒するソ連から入国を拒否され、念願の在モスクワ日本大使館への赴任を断念することになった杉原は、リトアニア・カウナスの日本領事館への勤務を命じられる。同地で情報を収集し激動のヨーロッパ情勢を日本に発信し続けていた中、第2次世界大戦が勃発し……。

<感想>6000人のユダヤ人難民を救った日本人外交官、杉原千畝のことは知っていました。それがチェリン・グラック監督によって映画化されることになり、彼の功績を多くの日本人に知ってもらう映画となっています。

第二次大戦中にナチスの迫害から逃れてきたユダヤ難民に、日本通過のヴィザを発行して彼らの命を救ったことで知られている杉原千畝。日本のシンドラーとも呼ばれる男の覚悟の裏側にはどんな想いがあったのか?・・・彼のドラマチックな生涯を映像で観ることはとても感慨深く、危険を冒してまで世界情勢を分析し、日本に情報を送り続けた彼の“諜報外交官”としての一面もクローズアップされている。

杉原千畝は、英語、ロシア語、ドイツ語、フランス語など数か国語に精通し、情報収集のために現地の人々と交流を重ねるかなり頭のいい男だった。北満鉄道譲渡交渉時に、情報分析能力の高さが知れ渡り、ソ連の脅威に。外交官としてモスクワ赴任を希望するも、「ペルソナ・ノン・グラータ(歓迎されざる人物)」に指定され入国拒否をされていた。

実在の人物・杉原千畝を演じた唐沢寿明の英語の台詞の流暢なことといったら、それに自分の立場や命が危うくなるリスクを知りながらも、ビザを発給し続けるその姿勢に感服します。ユダヤ人たちを殺すナチスドイツ。日本人たるもの、人種差別による反抗心はあったと感じます。

映画の中で出てくる満州ハルピン学院の方針「自治三訣」、人のお世話にならぬよう、人のお世話をするよう、そして報いを求めぬよう」これを実行することは難しいけれど、本当にいい言葉ですよね。国も人も何にもしてくれないから、自分が出来ることは一体何なのか、自分の頭でちゃんと考える。これからの時代は、受け身ではない姿勢がさらに必要になってくると思います。

こういう映画を観ていていつも思うのですが、ヒトラーが率いるナチスが、ユダヤ人たちが理由もなく迫害され殺されていくのを、その行為が許せないという気持ちに胸が痛くなり、そのユダヤ人たちの財産を略奪し、自分たちの私腹を肥えさせる態度には憤りを覚えます。
彼が自分の力だけでなく、妻の幸子に扮した小雪が、夫の背中を押してくれ「すべてを失うことになってもついて来てくれるか。」と聞いた時に、妻は「はい」と答える。子供を3人も育て上げ、夫が日本政府から疎まれていることで、ヨーロッパを転々とし、文句も言わずについてくる妻にも大和ナデシコの真髄があると見た。外交官の妻として苦難を分かち合い、献身的に支えてくれる。これが杉原千畝の日本人の男としてやるべきことの、決意の現れだったのでしょう。

すが、杉原千畝も男ですから、幸子を妻にめとる前に、満州国外交部在籍時に、ソ連の機密情報収集を手助けした白系ロシア人のイリーナと、本当は結婚も考えていたはず。ですが、彼女にフラレてその後、友人の妹の幸子と結婚。しかし、リトアニアで助けを求めるイリーナと再会する。だが、彼女も偽装結婚をしていた。こういうロマンスな展開は、あまり必要なかったのではと。
ゲシュタボ(ドイツの秘密警察)に命を狙われるカーチェイスも、ハラハラしながらこれは外国の映画ではと思いつつ、最後までユダヤ人たちにビザの発行をし続けた立派な男として描かれています。

ユダヤ人たちを救うのは杉原千畝だけではなく、在ウラジオストク総領事代理の根井と、連絡船天草丸の乗務員の大迫に扮した濱田岳など、様々な男たちの勇気ある決断があってこそ成功したと言っていいだろう。

ですが、ラストの方で、命を救ってもらったユダヤ人の男が日本の外務省へ杉原千畝を訪ねていくと、そんな男は存在していないと言うのだ。つまりは、彼は日本政府の許可なしでビザを発給していたので、それが外務省の怒りに触れてクビになり、一切そのことについて日本政府は黙視を続けているのにも怒りを覚えます。

ポーランドでオールロケを敢行。キャスト&スタッフの8割がポーランド人で、台詞はほぼ外国語。まるでポーランド映画のような感じもありました。
2015年劇場鑑賞作品・・・249映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング
『映画』 ジャンルのランキング
トラックバック (20)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ドア・イン・ザ・フロア ★★★ | トップ | 海難1890 ★★★★ »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

20 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『杉原千畝 スギハラチウネ』 2015年11月29日 イイノホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『杉原千畝 スギハラチウネ』 を試写会で鑑賞しました。 実は本日の3本目だったりする。。。 【ストーリー】  1935年、満洲国外交部勤務の杉原千畝(唐沢寿明)は高い語学力と情報網を武器に、ソ連との北満鉄道譲渡交渉を成立させた。ところがその後彼を警戒するソ連...
私の誇り。『杉原千畝 スギハラチウネ』 (水曜日のシネマ日記)
第2次世界大戦中、リトアニア領事代理として日本政府に背く形で多くのユダヤ難民にビザを発給し彼らの命を救った日本人外交官の波乱に満ちた半生を描いた作品です。
杉原千畝 スギハラチウネ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(F) もし、本作品がなかったら偉大な日本人を知ることはなかった。
杉原千畝 スギハラチウネ (勝手に映画評)
事実に基づいた物語。 本省の訓令に反してビザを発給したため、長らく日本では不遇をかこった杉原千畝。その杉原千畝の生涯を描いた作品。 杉原が、「好ましからざる人物(Persona non grata)」として当時のソ連政府から忌避されて在モスクワ日本大使館に赴任できなか....
杉原千畝 スギハラチウネ (だらだら無気力ブログ!)
139分とちょい長めだけど、ダレずに観られた。
劇場鑑賞「杉原千畝 スギハラチウネ」 (日々“是”精進! ver.F)
たとえ、全てを失ったとしても… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201512050000/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】映画「杉原千畝 スギハラチウネ」オリジナルサウンドトラ...価格:2,916円(税込、送料込) ...
『杉原千畝 スギハラチウネ』 (こねたみっくす)
その決断が、世界を変えた。 第二次世界大戦下のリトアニアにて2000枚以上の「命のビザ」を発給し、6000人以上のユダヤ難民を救った「日本のシンドラー」こと、杉原千畝。 なぜ彼は ...
杉原千畝 スギハラチウネ (風に吹かれて)
自治三訣諜報活動の中で 公式サイト http://www.sugihara-chiune.jp 実話に基づいた映画 監督: チェリン・グラック  「サイドウェイズ」 「太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれ
杉原千畝 スギハラチウネ/唐沢寿明 (カノンな日々)
日本のシンドラーと呼ばれる杉原千畝氏の人物像に迫る伝記・歴史ドラマ。 出演はその他に、ボリス・シッツ、アグニェシュカ・グロホフスカ、ミハウ・ジュラフスキ、ツェザリ・ウ ...
杉原千畝 スギハラチウネ (映画的・絵画的・音楽的)
 『杉原千畝 スギハラチウネ』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)『イン・ザ・ヒーロー』で好演した唐沢寿明の主演作ということで、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭は、昭和30年(1955年)の東京。外務省の一室。  外務省の関満(滝藤賢一)が、外国....
杉原千畝 スギハラチウネ (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
2015/12/05公開 日本 139分監督:チェリン・グラック出演:唐沢寿明、小雪、ボリス・シッツ、アグニェシュカ・グロホフスカ、ミハウ・ジュラフスキ、ツェザリ・ウカシェヴィチ、塚本高史、濱田岳、小日向文世 ひとりの日本人が、世界を変えた――。 Story:1935年、満洲...
映画「杉原千畝 スギハラチウネ」 (JAZZと映画・本)
12月5日公開の映画、「杉原千畝」を観てきました。 http://www.sug
杉原千畝 スギハラチウネ・・・・・評価額1650円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
杉原千畝とは何者だったのか? 第二次世界大戦下、多くのユダヤ人難民を救った“命のビザ”で知られる外交官・杉原千畝の半生を描く伝記映画。 ただし、いわゆるお涙ちょうだいのベタベタの感動作ではない。 かわいそうな難民に同情したスバラシイ日本人が、スバラシ...
「杉原千畝 スギハラチウネ」国の命に背いても貫いた人道的立場では国も人種も関係ない命を救う事こそ重要だと行動で示した命を繋いだ... (オールマイティにコメンテート)
「杉原千畝 スギハラチウネ」は日本の外交官として活躍していた杉原千畝が1939年に欧州のリトアニア・カウナスに赴任した際にユダヤ人難民を救うために政府の命に背きながらも4000人 ...
映画「杉原千畝 スギハラチウネ」 (FREE TIME)
映画「杉原千畝 スギハラチウネ」を鑑賞しました。
杉原千畝 スギハラチウネ (とりあえず、コメントです)
第二次世界大戦中にリトアニアで大勢のユダヤ難民たちにヴィザを発行した一人の外交官の物語です。 予告編を観て、この作品は観なくちゃと心に決めていました。 世界を変えたいという想いと共に生きた主人公の生き様が深く心に響く作品でした。
杉原千畝 スギハラチウネ (映画好きパパの鑑賞日記)
 日本のシンドラーと呼ばれ、リトアニアの領事館勤務時代に大量のユダヤ難民を救った杉原千畝の伝記映画。僕も知らなかったのですが、彼は諜報活動のスペシャリストでもあり、ナチス、ソ連双方から警戒されていたとか。ユダヤ難民救出が中心ですが、情報活動もきっちり描...
「杉原千畝 スギハラチウネ」 人のお世話にならぬよう、人のお世話をするよう、そして報いを求めぬよう (はらやんの映画徒然草)
時間があったので、観に行った作品でしたが、主人公杉原千畝の行動に心打たれ、思わず
杉原千畝 スギハラチウネ (セレンディピティ ダイアリー)
唐沢寿明さん主演の歴史ドラマ、「杉原千畝 スギハラチウネ」を見ました。第2次世界
映画評「杉原千畝 スギハラチウネ」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2015年日本映画 監督チェリン・グラック ネタバレあり