パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞、未公開DVD、お気に入り自己所有のビデオ・DVDの感想などネタバレ有りで記録しています。

マネー・ショート 華麗なる大逆転 ★★★

2016年03月08日 | アクション映画ーマ行
リーマンショック以前に経済破綻の可能性に気付いた金融マンたちの実話を、クリスチャン・ベイルやブラッド・ピットといった豪華キャストで描く社会派ドラマ。サブプライムローンのリスクを察知した個性的な金融トレーダーらが、ウォール街を出し抜こうと図るさまを映し出す。クリスチャンとブラッドに加え、スティーヴ・カレル、ライアン・ゴズリングも出演。『アザー・ガイズ 俺たち踊るハイパー刑事!』などのアダム・マッケイがメガホンを取る。痛快なストーリーと、ハリウッドを代表する4人の男優の競演が見どころ。
あらすじ:2005年のアメリカ。金融トレーダーのマイケル(クリスチャン・ベイル)は、サブプライムローンの危機を指摘するもウォール街では一笑を買ってしまい、「クレジット・デフォルト・スワップ」という金融取引で出し抜いてやろうと考える。同じころ、銀行家ジャレド(ライアン・ゴズリング)がマイケルの戦略を知り、ヘッジファンドマネージャーのマーク(スティーヴ・カレル)、伝説の銀行家ベン(ブラッド・ピット)らを巻き込み……。

<感想>記憶に新しいリーマンショックによるアメリカの住宅バブル崩壊。その裏側で、大手銀行や証券会社を敵に回し、一攫千金の大博打に挑んだ男たちがいたというのだ。
ここでは、サブプライムローンの破綻の予兆をいち早く察知し、誰もが安全と思うシステムに逆張りをした、立場も主張も違う3組の男たちの物語が展開する。彼らが挑む大博打の経緯がそれぞれに進行していくと同時に、金融が破綻するまでのカウントダウンをスリリングに描写していく。
サブプライムローン:銀行が借金返済信用度の低い層に向けた住宅ローン。これを組み込んだ金融商品(モーゲージ債)が投げ売りされリーマンショックに。
「華麗なる大逆転」の副題とは裏腹にほろ苦いテイストの本作ですが、コメディ畑で鳴らしたアダム・マッケイ監督だけに、シリアスな場面でいきなり登場人物がカメラの向こうから観客に話かけて来るなど破天荒なメタ演出が炸裂しているのだ。映画の冒頭でのマーク・トウェインによる「何も知らないことが問題なのではない。知らないことを知っていると思い込むことが問題なのだ」と。単なるマネーゲームの勝敗でなく人間の本質を問いかける言葉が続出しているのもいい。

ヘビーメタルをこよなく愛する孤高のトレーダー、マイケル・バーリ(クリスチャン・ベイル)。常にTシャツ、短パンに裸足と、片目を失って以来自分の殻に閉じこもる一面もある。だが、ふとした直観から、何千件もの住宅ローンの事例をたった一人で調べあげ、返済不能なローンを含む金融商品が、数年以内に債務不履行になる可能性を察知して、「CDS」を逆手に取った奇策を思いつく男。
CDS:証券会社から借りた株や金融商品が暴落した際に、補填する保険。実際に暴落が起きれば利益が出るが、それまで多額の保険金が必要。
CDO:「債務担保証券」と呼ばれ、銀行が会社の債権や個人の住宅ローンを取りまとめて証券化したもの。信用度格付けの違うものの組み合わせも可能。
空売り:株を証券会社から借りて売り、株価が下がった段階で買戻し、返済時の差額を儲ける手法。マイケルらはこれをCDSで実行した。


野心的な抜け目のない銀行マンのジャレド・ベネット(ライアン・ゴズリング)と、彼と手を組む大手証券会社傘下のヘッジファンド・マネージャーでありながら、不正に対して抵抗しつづける硬骨漢なマーク・バウム(スティーヴ・カレル)たち。部下には3人の優秀なアナリストがいる。

マークは部下と実際に足を使い、住宅市場の実態を踏査する。返済能力のない人間が安易にローンを組み、高級住宅を購入したり、住民が逃げた空き家が立ち並ぶ現実と、それを反映しない格付け会社に怒りを燃やすのだ。
ライアン・ゴズリング扮する狡猾なドイツ銀行に勤める野心家のベネット。CDSの契約を結びに社に訪れたマイケルの真意を察知する。言葉巧みに儲け話をマークたちに持ち掛け、自らも莫大な利益を得ようと画策する。

そして、一線を退いた伝説の銀行家、ベン・リカート(ブラッド・ピット)と彼が支援する若き投資家コンビ。若きトレーダー・ジェイミーとチャーリーは、金融危機の兆候を知り、この機に勝負をかけようとする。ベンは銀行員時代に豊富なコネクションを築き上げながらも、今は田舎で隠遁生活をする伝説のトレーダー。オーガニックなライフスタイルは信条。旧知のベンは彼らの助けに乗りだし、冷徹にデーターを分析し、住宅ローンに隠された欠陥を見抜くのである。
そして、著名人によるマーゴット・ロビーやセレーナ・ゴメスなど若手女優に、はたまた現役のキャスターや学者などが次々とカメオ出演し、難しい用語を分かりやすく解説してくれるのも良かった。
マークらが乗り込んだラスベガスで行われる金融界の総会に乱入し、悪徳金融マンと対峙する場面ではバブリーな“日本食レストラン“が舞台にされていて、何気に音楽で、徳永英明の「最後の言い訳」がBGMに流れていてその曲の使い方が巧いので感心した。
アメリカを震撼させた金融破綻の真実を描いたもので、観終わって、全部を理解できないまま途中から、多用される“空売り”とか、チンプンカンプンに感じてしまい、どうにも面白くなかった。今からでも遅くはないと、やはり少しずつでも経済や金融について勉強しなくてはと感じました。
2016年劇場鑑賞作品・・・49映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング
『映画』 ジャンルのランキング
トラックバック (27)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ザ・ブリザード3D ★★★★ | トップ | ベテラン ★★★★ »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

27 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『マネー・ショート 華麗なる大逆転』 2016年3月4日 TOHOシネマズ新宿 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『マネー・ショート 華麗なる大逆転』 を鑑賞しました。 難しや... 【ストーリー】  2005年のアメリカ。金融トレーダーのマイケル(クリスチャン・ベイル)は、サブプライムローンの危機を指摘するもウォール街では一笑を買ってしまい、「クレジット・デフォルト・ス...
劇場鑑賞「マネー・ショート 華麗なる大逆転」 (日々“是”精進! ver.F)
ピンチは最大のチャンス… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201603040000/ 【はじめての方限定!一冊無料クーポンもれなくプレゼント】世紀の空売り 世界経済の破綻に賭...価格:950円 【楽天ブックスならいつでも...
マネー・ショート 華麗なる大逆転 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★☆【3.5点】(11) 金融投資未経験者にとって劇中専門用語に加え
マネー・ショート 華麗なる大逆転 / The Big Short (勝手に映画評)
事実を下にした作品。 2007年から2009年に起きた、サブプライムローン破綻とリーマンショックを巡り、その徴候に先んじて気付いて巨額の利益を上げた兵達の姿を描いている。 事前に映画評論家のアリコンさんの解説で、クリスチャン・ベールが演じたマイケル・バーリの片...
『マネー・ショート 華麗なる大逆転』 (こねたみっくす)
リーマン・ショックの仕組みが分かるだけでも十分面白い。だがやはり難しい。 2008年に起きたアメリカの住宅ローン市場の崩壊から始まった世界規模の金融危機。その兆候をいち早く ...
マネー・ショート 華麗なる大逆転 (映画好きパパの鑑賞日記)
 サブプライムローンの問題をいち早く気づき、リーマンショックで大もうけした4グループを描いたマイケル・ルイスのノンフィクション「世紀の空売り」の映画化。僕は面白かったけど、最低限の知識として、MBSとCDS、CDOは何か事前に勉強していったほうがいいと思います...
【映画】『マネー・ショート 華麗なる大逆転』・・副題変だよ (アリスのさすらい映画館)
  マネー・ショート 華麗なる大逆転(2015)アメリカ 原題:The Big Short 監督:アダム・マッケイ 脚本:アダム・マッケイ/チャールズ・ランドルフ 出演:スティーヴ・カレル /クリスチャン・ベイル/ ライアン・ゴズリング/ ブラッド...
"誰よりも上手く踊るんだよ"『マネー・ショート 華麗なる大逆転(The Big Short)』アダム・マッケイ監督、クリスチャン・ベイル、ステ... (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、引用句などに触れています。『マネー・ショート 華麗なる大逆転』The Big Short原作 : マイケル・ルイス監督 : アダム・マッケイ出演 : クリスチャン・ベイルスティーヴ・カレルラ
映画:マネー・ショート The Big Short 乾いた笑いが止まらない、究極のブラックコメディ
! (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
昨年の本ベスト5に入れた「ガイトナー回顧録 ―金融危機の真相」 リーマンショックの再体験ジェット・コースター本 として、必死に読み倒し、そういう結論に至った。 とはいえ、相当疲れたので しばらく間を空け、ちょうど今 バーナンキの「危機と決断」(上)(下)...
マネー・ショート 華麗なる大逆転/THE BIG SHORT (我想一個人映画美的女人blog)
「マネーボール」の原作者マイケル・ルイスのベストセラー『世紀の空売り 世界経済の破綻に賭けた男たち』を ウィル・フェレルの「俺たち」シリーズのアダム・マッケイ監督で映画化 この監督の映画好き 「俺たちニュースキャスター」「タラテガナイト」「俺た....
マネー・ショート 華麗なる大逆転 (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【THE BIG SHORT】 2016/03/04公開 アメリカ 130分監督:アダム・マッケイ出演:クリスチャン・ベイル、スティーヴ・カレル、ライアン・ゴズリング、ブラッド・ピット 世界経済の破綻を予測した4人のアウトローがいた ウォール街VSアウトローこれがリーマンショックの....
マネー・ショート 華麗なる大逆転 (風に吹かれて)
まったく銀行って ┐(-。ー;)┌ 公式サイト http://www.moneyshort.jp 実話に基づく物語 原作: 世紀の空売り 世界経済の破綻に賭けた男たち (マイケル・ルイス著/文春文庫)
マネー・ショート 華麗なる大逆転  (♪HAVE A NICE DAY♪)
先週楽しみに観に行って来たけれど・・・ 今頃アップで難しかったお話が もう早、更に忘れかけてる 「リーマンショック以前に経済破綻の可能性に気付いた金融マンたちの実話を、クリスチャン・ベイルやブラッド・ピットといった豪華キャストで描く社会派ドラマ」 ん~...
映画感想『マネー・ショート 華麗なる大逆... (見取り八段・実0段)
リーマンショックで勝ち組のストーリーで、ひゃっほーー!上げ上げ大逆転~!…と、思って観たのに全然違っていた(笑)なに、この邦題……★★★.9(5点満点)詳しい感想記事はこちら→...
マネー・ショート 華麗なる大逆転 (心のままに映画の風景)
2005年、アメリカ。 風変りな金融トレーダーのマイケル(クリスチャン・ベイル)は、格付けの高い不動産抵当証券に、信用力が低いはずのサブプライム・ローンが組み込まれていることに気づき、破綻は時間の問題だと見抜く。 しかし、好景気に沸くウォール街で彼の予測...
マネー・ショート 華麗なる大逆転・・・・・評価額1700円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
全く華麗でない大逆転。 2008年のリーマン・ショックは、なぜ起こったのか? 人々を破滅に追い込んだ、本当の悪はなんだったのか? 世間が住宅バブルに浮かれ、湯水の様に金をつぎ込んでいた頃、いち早く暗黒の未来を予見した四組のプロフェッショナルたちがいた。 ...
マネー・ショート 華麗なる大逆転 / マージン・コール (セレンディピティ ダイアリー)
クリスチャン・ベイル、ライアン・ゴズリング、スティーヴ・カレル、ブラッド・ピット
映画「マネー・ショート 華麗なる大逆転」 (FREE TIME)
映画「マネー・ショート 華麗なる大逆転」を鑑賞しました。
マネー・ショート 華麗なる大逆転 (こんな映画見ました~)
『マネー・ショート 華麗なる大逆転』---THE BIG SHORT---2015年(アメリカ ) 監督: アダム・マッケイ出演: クリスチャン・ベイル 、スティーヴ・カレル、ライアン・ゴズリング 、ブラッド・ピット 「マネーボール」の原作者マイケル・ルイスのベストセラー・....
世紀の空売り~『マネー・ショート 華麗なる大逆転』 (真紅のthinkingdays)
 THE BIG SHORT  2005年、アメリカの金融市場は好景気に沸き、ウォール街はバブルに浮か れていた。元医学博士の金融トレーダー、マイケル・バーリ(クリスチャン・ベ イル)は、この状況は長続きせず、経済破綻が近いことを見抜く。  サブプライム...
マネー・ショート 華麗なる大逆転 (映画的・絵画的・音楽的)
 『マネー・ショート 華麗なる大逆転』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)本年のアカデミー賞脚本賞を受賞した作品というので、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭には、まず「実話に基づく(based on a true story)」との字幕が出て、さらに「どんなに....
マネー・ショート 華麗なる大逆転 (そーれりぽーと)
リーマンショックで大儲けした人達を描いた『マネー・ショート 華麗なる大逆転』を観てきました。 ★★★★ 米国の金融バブルが弾ける前にサブプライムローンの穴に気付いた人達が、いかにして儲けようと画策していたのかと言う部分を、あくまで群像劇の人間ドラマとして...
『マネー・ショート 華麗なる大逆転』 マーク・トウェインの警句が沁みる (映画批評的妄想覚え書き/日々是口実)
 リーマン・ショックと呼ばれる世界的金融危機を察知した人たちの実話に基づく物語。  監督は『俺たちニュースキャスター』などのアダム・マッケイ。  アカデミー賞では作品賞、監督賞、助演男優賞(クリスチャン・ベール)、編集賞、脚色賞にノミネートされ、脚色賞...
「マネー・ショート 華麗なる大逆転」 (ここなつ映画レビュー)
アメリカが、国民のみならず政府までその経済的な成長を疑う事なく経済発展の春を謳歌していた2005年、最も安定性が高いと言われていた不動産市場の崩壊を予測し、不動産債権で空売りを仕掛けて莫大な利益を得たアナリスト、金融マンの物語。確かに、誰も疑うことのなかっ...
「マネーショート 華麗なる大逆転」 (Con Gas, Sin Hielo)
持続可能な発展なんてありえない。 気持ちは分からないでもないが、この邦題はいただけない。 経済の映画だから原題にはない「マネー」を被せて、エンタメ要素を強調しようと「華麗なる大逆転」という副題を付けた。 確かに劇中では、馴染みの薄い経済用語をジャンル....
『マネー・ショート 華麗なる大逆転』を109シネマズ木場5で観て、不愉快だけど愉快ふじき★★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★★全くもってひどい話であるのにフットワーク軽快】 全米のみならず世界の経済恐慌を巻き起こしたリーマンショックの際に、 巨大資本を相手に勝ち残った奴ら ...
破綻という賭けは・・・ (笑う社会人の生活)
19日のことですが、映画「マネー・ショート 華麗なる大逆転」を鑑賞しました。 金融トレーダーのマイケルはサブプライムローンの危機を指摘するもウォール街では一笑、クレジット・デフォルト・スワップという 金融取引で出し抜こうと考える 銀行家ジャレドもマイケルの...