パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞、未公開DVD、お気に入り自己所有のビデオ・DVDの感想などネタバレ有りで記録しています。

四十九日のレシピ ★★★

2013年11月21日 | さ行の映画
NHKでドラマ化もされた伊吹有喜の人気小説を、「百万円と苦虫女」「ふがいない僕は空を見た」のタナダユキ監督が映画化。母が残したあるレシピによって、離れ離れになっていた家族が再び集い、それぞれが抱えた心の傷と向き合いながら再生していく姿を描く。
あらすじ:妻の乙美を亡くして生きる気力を失っていた良平のもとに、夫の不倫で結婚生活が破たんし、離婚を決意した娘の百合子が戻ってくる。そして、そんな2人の前に、派手な服を着た不思議な少女イモが現れる。イモは、乙美から頼まれていた四十九日までの家事を引き受けにやってきたと言い、乙美が残したというレシピの存在を伝える。百合子役で永作博美が主演。父・良平役の石橋蓮司、イモ役の二階堂ふみらが共演。

<感想>主人公役の永作博美さん、嫌いじゃないけどなんか影があるような、何だかミスキャストのような気がした。別に華のある女優さんじゃなければというわけでもないが、作品的にチマチマとした感じが、永作博美の生真面目なオーラのせいに思えてしまうのだ。父親の石橋蓮司は、オロオロとして何だか頑固親父には見えなかった。でも、お風呂で二階堂ふみに背中を流してもらっている映像には、つい吹き出してしまった。

確かに主人公の百合子は、夫との関係に問題を抱えて実家に戻ってきているのだが、実家で出会う様々な若者たちとの、ぎこちない距離感が最後まで消えない。
料理の映画だと思って、たくさん美味しそうな料理がテーブルに並ぶのかと期待したのだが、確かにコロッケパンなるサンドイッチとちらし寿司、それにいろんな料理が並んでいたが、レシピもそんなに画面には出てこないのだ。つまり、生活や料理に関する知恵が書き込まれた「暮らしのレシピカード」
母親が遺した肝心のレシピも、作劇上不可欠なお宝としての役割は与えられず、最後の娘婿にあげてしまう程度のものにすぎない。

この映画、子供が出来ないなんてたいした問題じゃない。というのをこんな大げさに扱うしかなかったのは大失敗である。というのも、49日の大宴会を家でするために、部屋を飾る母親の生きた明かしの年表を作る娘。そこで、空白の部分が目立って、子供がいなかった亡き母親のことを、自分も不妊症で子供が産めないことを涙していう。「出産をしない女の人生は空っぽだ」という百合子。これって、女の人が見たら怒り心頭なんじゃないの。

そもそも、亡くなったお母さんは後妻で、育ての親なわけで、子供が出来なかった。「どうでもいい仕来たりやシガラミを笑い飛ばしなさい、そのために美味しいレシピを残します。」という企画なんだから、そっちを強調してくれないと、旦那がくだらない愛人が出来て、妊娠までさせちゃって、という部分にこだわったせいで、その旦那が土下座までして「帰って来てくれ、やり直そう」と百合子に赦しを乞う下りで、仕上がりが汚らしくなってしまった。

それに、どの人物の行動も一貫性がなく、前後のシーンで感情が繋がっていないことに気付く。母親が生きている間に働いていた養護施設の子供たち。イモ役の二階堂ふみが可愛らしく演技して、岡田将生のブラジル人二世役の片言日本語の台詞の違和感など、それと淡路恵子の叔母さん、啖呵を切って49日の法要の席を出て行ったのに、何故か仲間を連れて戻ってきてフラダンスを踊り出すシーン。これは、演出的な飛躍があれば際立つシーンも、支離滅裂な行動に見えてしまって残念です。
タナダ監督の前作「百万円と苦虫女」「ふがいない僕は空を見た」同様、あれこれの話を盛り込んでいるが、今回はちと作品の開放感が希薄になっているように見えました。
2013年劇場鑑賞作品・・・328  映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング

『映画』 ジャンルのランキング
トラックバック (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ルームメイト ★★★ | トップ | キッズ・リターン 再会の時 ★★★ »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

10 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『四十九日のレシピ』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「四十九日のレシピ」□監督 タナダユキ□脚本 黒沢久子□原作 伊吹有喜□キャスト 永作博美、石橋蓮司、岡田将生、二階堂ふみ、原田泰造、淡路恵子、 内田慈、荻野友里、中野英樹、小篠恵奈、執行佐智子、赤座美代子、茅島成美■鑑賞...
四十九日のレシピ/永作博美、石橋蓮司 (カノンな日々)
伊吹有喜さんの同名小説を原作に『ふがいない僕は空を見た』のタナダユキ監督が映画化したヒューマンドラマです。NHKでTVドラマ化もされていますが、そちらは観る時間がなくスルー ...
『四十九日のレシピ』 (こねたみっくす)
百合っちと「あつあつ豚まんの君」ことダーリン熱田が愛した乙美先生の人物像がボヤけている。 原作未読の私にはこの問題が原作か脚本のどちらにあるのかは判断しかねますが、た ...
『四十九日のレシピ』 (ラムの大通り)
----『四十九日のレシピ』? このタイトルって、ちょっといやだニャあ。 四十九日の法要の時に出すレシピってことでしょ? ニャんとか料理ってヤツ…。 あれ、おいしくニャいし。 「(笑)いやいや法事料理のことじゃないよ。 でも確かに、 これはちょっと分りにくいよね...
映画・四十九日のレシピ (読書と映画とガーデニング)
2013年 日本 岐阜県東濃地方の田舎町妻・乙美の突然の死から数日後の熱田良平(石橋蓮司)散らかった台所、茶の間でスェット姿で寝転がる良平乙美の遺影を見ながら思い出すのは、最後に釣りに出かける良平の為にお弁当にと作ってくれたコロッケパンのソースが漏れ...
映画「四十九日のレシピ」 (FREE TIME)
映画「四十九日のレシピ」を鑑賞しました。
四十九日のレシピ (映画的・絵画的・音楽的)
 『四十九日のレシピ』を渋谷TOEIで見ました。 (1)本作を制作したタナダユキ監督の前作『ふがいない僕は空を見た』がなかなか面白く、さらには永作博美が出演するというので映画館に行ってきました。  主人公の百合子(永作博美)は、夫・浩之(原田泰造)に愛人がい....
「四十九日のレシピ」 与えることによる幸せ (はらやんの映画徒然草)
自分が幸せになろうとして、人から奪おうとする人がいます。 主人公百合子の夫を奪お
観ました、「四十九日のレシピ」 (オヨヨ千感ヤマト)
ひさしぶりに「良い映画」が観たかったんです。で、最近最後に観た「良い映画」って何
映画評「四十九日のレシピ」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2013年日本映画 監督タナダユキ ネタバレあり