パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞のレビューを中心に、DVD、WOWOWの映画の感想などネタバレ有りで記録しています。

RANMARU 神の舌を持つ男★★★

2016年12月05日 | アクション映画ーラ行
RANMARU 神の舌を持つ男 酒蔵若旦那怪死事件の影に潜むテキサス男とボヘミアン女将、そして美人村医者を追い詰める謎のかごめかごめ老婆軍団と三賢者の村の呪いに2サスマニアwithミヤケンとゴッドタン、ベロンチョアドベンチャー!略して…蘭丸は二度死ぬ。鬼灯デスロード編(正式タイトル)
今世紀最大の温泉ギャグミステリー。全国の温泉地を巡り、行く先々で事件に巻き込まれる主人公・朝永蘭丸が、“絶対舌感”という特殊能力で事件を解決していく堤幸彦監督、向井理主演のTVドラマ「神の舌を持つ男」の劇場版。共演はTV版のレギュラー、木村文乃、佐藤二朗のほか、木村多江、市原隼人、黒谷友香、財前直見。
あらすじ:傷心の旅の途中、怪しげな鬼灯村で行き倒れてしまった朝永蘭丸。介抱してくれた女医りんに人工呼吸された時、その口内細菌に不快感がなかったことに興味を抱き、村の温泉で働くことに。やがて甕棺墓光と宮沢寛治も蘭丸を追って村にやって来るが、折しも村では次々と不吉なことが起こり、ついにはりんと恋仲と噂のあった卜真の遺体が発見され、りんに疑いの目が向けられてしまうのだったが…。

<感想>日本人の誰もが愛する“温泉”を舞台に、旅をしながら事件の謎を解決ミステリー。伝説の三助の孫にあたる朝永蘭丸に、向井理が扮していて、こういうギャグ満載の風変りな役って似合うから不思議ですね。TVドラマは観ていませんし、原作も知りません。

観ていて思ったのですが、殆どドタバタ喜劇で、出て来る人たちのアドリブで演じているような山形弁のギャグ満載。ちっとも笑えませんから。蘭丸の他に史上最強ツッコミおじさんとして宮沢寛治の佐藤二朗に、古物骨董商の光に木村文乃が、蘭丸のことが大好きで追いかけて来るのだ。
村の医者には木村多江、村の「ボヘミアン」という旅館の女将に財前直見と、その息子に市原隼人。村の湧水を売っている女社長の湯川麗子に黒谷友香。その他、温泉の泊まり客にヤンキー娘の二人と、老婆軍団、刑事コンビなど、TV版のレギラー総出演。

ロケ地は山形ではなく京都の福知山と美山で撮影したそうです。ストーリーと重要な関わりを持つ玄武岩のある場所、福知山の玄武岩公園。柱状節理と呼ばれる自然にできた割れ目が美しい岩壁の前に、祭壇が作られている。真ん中の瀧が流れていて綺麗です。
美山の茅葺の里が夏で暑かったそうで、蘭丸は行き倒れ状態で温泉に入れられ、湯あたりみたいになり、木村多江に人工呼吸をされて気が付くのです。その後に、着せられた着物が、金田一耕助の衣装で似合っていた。

蘭丸が舌であらゆるものの成分を解析する能力を持つ男であり、今回は、堤監督が20年近く温めていた構想をドラマ化したものだそうです。2016年7月から9月までTV放送されていた本作、特殊能力のせいでキスをすると口内の細菌が気になって恋ができない蘭丸が、初めて気にならなかった温泉芸者のミヤビ(広末涼子)の足取りを辿り、温泉地を周る中、古物骨董商の光と宮沢寛治と出会い、珍道中になっていく。

物語は、鬼灯村で過去に起こった恐ろしい出来事と、村人たちと蘭丸が村の事情を聴くシーン。深夜に蘭丸や宮沢寛治たちが体験する大災難など、様々なシーンが撮影される。
そして、鬼灯村の住人である木村多江と市原隼人から、蘭丸が村の事件を聞いているところでも、とめどなく繰り出されるハイブローなギャグが連発して、向井、佐藤、木村文乃のトリオ芸も絶妙だが、この場面では、向井&木村多江&市原隼人のトリオ芸が殺烈して、これはこれで中々面白いのだ。

それに、村の医者リンの口内細菌が気にならなかった蘭丸が、リンに恋をするのだが、実はリンと市原隼人扮する龍之介は恋仲であり、後で知るのだが、蘭丸とリンとは姉と弟の関係なのが分かる。

夜になると鬼火発生、地面陥没、黒い水がわき始めるではないか。ついには殺人事件まで起こってしまう。酒屋の若旦那が、遺体となって発見されるのだ。これは、蘭丸が調査した結果、犯人は湧水に関わることと判断し、空洞になっている山の穴へと落ちてしまい、そこで犯人のテキサス男龍之介のペンダントを発見する。つまり、若旦那殺しは、水の権利を求めて争いになり殺してしまった龍之介。

事件とは裏腹に、村人たちは「呪い」だと大騒ぎ、かごめかごめの老婆軍団やら、ヤンキーバイク女2人やら刑事コンビも出て来て、忌まわしい村の伝説、子おろしの温泉と殺人事件は関係あるのかと、蘭丸たちが村の事件を解明していく。

なんだか、飛んでもなくお茶らけたドタバタ喜劇であり、痛快温泉ギャグミステリーとなっているようだ。エンドクレジットで、龍之介とリン先生が結婚して、子供が生まれて幸せそうな終わり方もいい。
ですが、日本の山奥の湧水が中国に輸出されているとは、これが本当ならシビアな問題ですよね。最後に綺麗な歌声と思ったら、坂本冬美の歌う「女は抱かれて鮎になる」が良かったです。

2016年劇場鑑賞作品・・・263映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング
『映画』 ジャンルのランキング
トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ホラーの天使 ★ | トップ | 古都 ★★★・5 »
最近の画像もっと見る

アクション映画ーラ行」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

2 トラックバック

「RANMARU 神の舌を持つ男 鬼灯デスロード編」:不思議ですロード変 (大江戸時夫の東京温度)
この映画の正式タイトルは『RANMARU 神の舌を持つ男 酒蔵若旦那怪死事件の影
映画評「RANMARU 神の舌を持つ男」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆★(5点/10点満点中) 2016年日本映画 監督・堤幸彦 ネタバレあり