パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞、未公開DVD、お気に入り自己所有のビデオ・DVDの感想などネタバレ有りで記録しています。

レヴェナント:蘇えりし者★★★★

2016年04月22日 | アクション映画ーラ行
レオナルド・ディカプリオと、『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』などのアレハンドロ・G・イニャリトゥ監督がタッグを組んだ話題作。狩猟中に瀕死(ひんし)の重傷を負ったハンターが、自分を荒野に置き去りにした仲間に復讐(ふくしゅう)するため壮絶なサバイバルを繰り広げるさまを描く。主人公の宿敵には、『インセプション』でディカプリオと共演しているトム・ハーディ。オスカー常連のカメラマン、エマニュエル・ルベツキが自然光のみで撮り上げた臨場感あふれる映像にも注目。

あらすじ:アメリカ西部の原野、ハンターのヒュー・グラス(レオナルド・ディカプリオ)は狩猟の最中に熊の襲撃を受けて瀕死(ひんし)の重傷を負うが、同行していた仲間のジョン・フィッツジェラルド(トム・ハーディ)に置き去りにされてしまう。かろうじて死のふちから生還したグラスは、自分を見捨てたフィッツジェラルドにリベンジを果たすべく、大自然の猛威に立ち向かいながらおよそ300キロに及ぶ過酷な道のりを突き進んでいく。

<感想>2月に発表された第88回アカデミー賞3冠(主演男優賞、監督賞、撮影賞)に輝いた作品であります。レオナルド・ディカプリオが西部開拓期の伝説的な人物ヒュー・グラスに扮して、5度目のノミネートにして、悲願のアカデミー賞主演男優賞を初受賞した。なにはともあれ本当におめでとう。

“レヴェナント”とは黄泉国から戻った者という意味である。19世紀前半のアメリカ西部、ディカプリオが演じるのは、狩猟者たちも一団の道案内を務めるハンターのヒュー・グラスという男。

旅の途中で獰猛な灰色グマに襲われ、大ケガを負った彼は、トム・ハーディ扮する仲間の男の裏切りに遭い、最愛の息子を殺されたあげくに、極寒の地に置き去りにされてしまう。グラスは、瀕死の状態で未開拓地に置き去りにされながらも息を吹き返した男の、300キロに及ぶ復讐の旅を描いています。実話だというから驚く。
トム・ハーディが悪役に扮していて、最後のディカプリオとのくんずほぐれつの取っ組み合いの戦いが凄まじかった。斧に包丁のようなナイフで戦う。これが男の勝負だし、だが、復讐に燃えた心も対岸に見えるネイティヴ・アメリカンの姿を見つけて、フィッツジェラルドを引き渡すのだ。

冒頭のネイティヴ・アメリカンの襲撃シーンでは、森の中をカメラがダイナミックに動き回る超絶技巧の長回しショットが観られる。そして、主人公が灰色熊に襲われるシーンでは、背後から猛突進してきた熊が、巨体を覆い被せて爪を振りかざし、グラスが虫の息になるまでいたぶる様を驚異的な1カットで映像化して見せる迫力だ。始めはヘラジカを狙って森の中を彷徨いあるく主人公。冬で冬眠するはずの親熊と小熊の家族が、森で食べ物を探していたのだろう。そこへ、主人公が出くわすのだ。

とてもCGとは思えない熊のリアルさのみならず、主人公の喉を裂く容赦のない残虐さで、獣の獰猛さを表現している演出も圧巻である。
怨念の燃えたぎる復讐のストーリーを、ただのアクション・スリラーとしてではなく、スピリチュアルな“魂の探究”の旅路として描いているのだ。
CG全盛の時代にあって、殆どのシーンをロケで行い、しかも極寒の大自然の中、自然光のみで映し出された誌的な映像美、それにワイルドな自然の猛威など。そして、そんな過酷な現場にめげず、主人公の執念を体現したディカプリオのド根性の俳優魂で演じきった彼に相応しいアカデミー主演男優賞であった。

もう極寒の森の中へ置き去りにされた男が、灰色熊に襲われ瀕死の重傷を負いながらも、墓場として掘られた穴から這い出てくる人間の生きたいという本能が見られ、そのまま地面を這いつくばって前進する男、川で水を飲み、枯れ木の芽を探して食べ、獣の骨の隙間にある残り身を食べ飢えをしのぐのだ。

人間の生存本能への絶望的な肯定を描いた生身のドラマであり、途中では亡くなった妻や息子が出てくる幻覚、回想シーン、そして、馬に乗り追いかけられて崖から落下して気を失うも、極寒の中で寒さをしのぐために、死んだ馬の内臓を取り除き、その馬の腹の中へと裸で入る主人公。その他にも、氷つく川に投げ込まれて流され、泳ぎついたところで火を焚き身体を温める強靭な男。

苦しみ、哀しみ、憎しみ、息子への愛に復讐を誓った父親の野獣のような凄まじい生命力と精神力。157分という上映時間もあっと言う間に感じてしまった。くすんだブルーの氷の世界の美しさ、極寒の森の中を撮影したという素晴らしい墨絵のような映像美に見せられつつ、坂本龍一の音楽が控えめで落ち着いてていいのだ。風が吹く木々の音に、雪解けの川の流れる音、主人公の荒い呼吸の音で映画が終わるところも感慨深かった。

2016年劇場鑑賞作品・・・79映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング
『映画』 ジャンルのランキング
トラックバック (35)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アンビリーバブル★★ | トップ | フィフス・ウェイヴ ★★.5 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

35 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
「レヴェナント:蘇えりし者」絶対不死身、ディカプリオ! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[レヴェナント:蘇えりし者] ブログ村キーワード  “アカデミー賞最多12部門ノミネート、監督賞・主演男優賞・撮影賞 受賞!”「レヴェナント:蘇えりし者」(20世紀フォックス)。実在した伝説のハンター、ヒュー・グラスの実話を基にした“サバイバル・ドラマ”。とに...
『レヴェナント:蘇りし者』 (こねたみっくす)
復讐は神の手に委ねる。ゆえにそれまでは己の力で生き延びよ。 こんな映画を作られたら、世界中の才能が嫉妬を超えて失望するではないか。 バジェット、アイデア、センス。その全 ...
劇場鑑賞「レヴェナント 蘇えりし者」 (日々“是”精進! ver.F)
復讐は、神の手に… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201604220000/ 【輸入盤】Revenant [ レヴェナント: 蘇えりし者 ]価格:2365円(税込、送料無料) レヴェナント 蘇えりし者 [ マイケル・パンク ]価格:885円(...
レヴェナント 蘇えりし者 (Akira's VOICE)
そして彼はクマになった。
レヴェナント 蘇えりし者 / The Revenant (勝手に映画評)
レオナルド・ディカプリが、アカデミー賞(主演男優賞or助演男優賞)ノミネート5度目にして、初めて主演男優賞を受賞。これで彼も、無冠の帝王を脱したわけですね。 初めてのアカデミー主演男優賞のレオ様の重厚な演技が光っているそんな話題作ですが、同じく今回のアカ...
「レヴェナント:蘇りし者」☆生まれ変わって蘇るレオ様 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
これは凄い! これでアカデミー賞取らなかったらオカシイよね。
『レヴェナント 蘇りし者』 (時間の無駄と言わないで)
エマニュエル・ルべツキちょっとヤバイだろ!? 才能の溢れ方が半端無い。 3年連続アカデミー賞もむべなるかな。 相変わらずの長回しに自然光撮影にもうクラクラきますわ。 デカ ...
レヴェナント:蘇えりし者 (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【THE REVENANT】 2016/04/22公開 アメリカ R15+ 156分監督:アレハンドロ・G・イニャリトゥ出演:レオナルド・ディカプリオ、トム・ハーディ、ドーナル・グリーソン、ウィル・ポールター、フォレスト・グッドラッグ 復讐の先に、何があるのか。 STORY:アメリカ西部の....
映画:レヴェナント: 蘇えりし者 The Revenant イニャリトゥの執念がまたもや結実した傑作。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
当ブログは2年前の年末映画ベスト10で、同スタッフの「バードマン」 を3位にいれていた。 サブタイトル=「中年の悲哀を全面に出しつつ、噂に違わぬ 超・快? 怪作!(12/18アップ)」 オフビート系な映画にもかかわらず、ここまで心を掴まされるとは、驚き!....
レヴェナント:蘇えりし者 (あーうぃ だにぇっと)
レヴェナント:蘇えりし者
レヴェナント:蘇えりし者 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★☆【4.5点】(11) 極限という言葉が最も当てはまる映画。
レヴェナント:蘇えりし者  (心のままに映画の風景)
1823年、アメリカ北西部。 ヘンリー隊長(ドーナル・グリーソン)をリーダーとする狩猟一団は、未開の地で先住民の襲撃を受けて逃走する中、ガイド役のベテラン・ハンター、ヒュー・グラス(レオナルド・ディカプリオ)が熊に襲われ、瀕死の重傷を負ってしまう。 手当...
レヴェナント:蘇えりし者 (風に吹かれて)
圧倒的な自然 公式サイト http://www.foxmovies-jp.com/revenant 実話を基にした映画 原作: レヴェナント 蘇えりし者 (マイケル・パンク著/ハヤカワ文庫)監督: ア
レヴェナント 蘇えりし者/THE REVENANT (我想一個人映画美的女人blog)
「アモーレス・ペロス」 「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」の アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ監督が、 実話を基に”復讐のためだけに過酷な状況を生き抜く、決して諦めない男”を描く。 原題のレヴェナントには、「帰...
レヴェナント:蘇えりし者  監督/アレハンドロ・G・イニャリトゥ (西京極 紫の館)
【出演】  レオナルド・ディカプリオ  トム・ハーディ  ドーナル・グリーソン 【ストーリー】 アメリカ西部の原野、ハンターのヒュー・グラスは狩猟の最中に熊の襲撃を受けて瀕死の重傷を負うが、同行していた仲間のジョン・フィッツジェラルドに置き去りにされてしま...
レヴェナント 蘇えりし者 (映画好きパパの鑑賞日記)
 レオナルド・ディカプリオが念願のオスカーをとった作品で、過酷な自然に体当たりしたのは敬意を表しますが、個人的には「リリーのすべて」のエディ・レッドメインの演技のほうが印象的だったなあ。  作品情報 2015年アメリカ映画 監督:アレハンドロ・G・イニャリ...
レヴェナント:蘇えりし者 (本と映画、ときどき日常)
監督 アレハンドロ・G・イニャリトゥ 出演 レオナルド・ディカプリオ     トム・ハーディ     ドーナル・グリーソン 狩猟の旅をする一団。 ディカプリオが熊に襲われ瀕死の状態。 息子と見届け人を置かれ、死を待つのみ。 しかし…。 いや~、重かった...
レヴェナント:蘇えりし者・・・・・評価額1800円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
死の先に、何を見出すのか? タイトルの「レヴェナント(Revenant)」には、「帰ってきた者」の他に「亡霊」という意味がある。 本作は19世紀初頭のアメリカで活躍した猟師にして探検家、ヒュー・グラスを主人公とし、彼がグリズリーに襲われ、仲間に見捨てられながらも...
「レヴェナント 蘇えりし者」:大自然と激痛サバイバル (大江戸時夫の東京温度)
映画『レヴェナント 蘇えりし者』は、明らかに映画史に残る作品。シンプルなサバイバ
「レヴェナント 蘇えりし者」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2015年・アメリカ/リージェンシー=ラットパック・エンタティンメント 配給:20世紀フォックス映画 原題:The Revenant 監督:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ原作:マイケル・パンク
レヴェナント:蘇りし者 (セレンディピティ ダイアリー)
レオナルド・ディカプリオ主演、アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督の西部開
「レヴェナント:蘇りし者」 映画圧を感じる (はらやんの映画徒然草)
今年のアカデミー賞を総なめにした「レヴェナント:蘇りし者」を観てきました。 アレ
『レヴェナント : 蘇えりし者(The Revenant)』アレハンドロ・G・イニャリトゥ監督、レオナルド・ディカプリオ、トム・ハーディ、ドー... (映画雑記・COLOR of CINEMA)
『レヴェナント : 蘇えりし者』The Revenant監督 :アレハンドロ・G・イニャリトゥ撮影 : エマニュエル・ルベツキ出演 : レオナルド・ディカプリオトム・ハーディドーナル・グリーソン、他
神の手~『レヴェナント:蘇えりし者』 (真紅のthinkingdays)
 THE REVENANT  19世紀、雪深いアメリカ北西部。ヒュー・グラス(レオナルド・ディカプリオ)は 原住民の妻との間にもうけた息子ホーク(フォレスト・グッドラッグ)と共に、狩猟 団の一員として原野を旅していた。  レオが6度目のノミネートにし...
レヴェナント:蘇えりし者 (タケヤと愉快な仲間達)
監督:アレハンドロ・G・イニャリトゥ 出演:レオナルド・ディカプリオ、トム・ハーディ、ドーナル・グリーソン、ウィル・ポールター、フォレスト・グッドラッグ、ドウェイン・ハワード、アーサー・レッドクラウド、グレイス・ドーヴ、ポール・アンダーソン、ルーカス・....
映画「レヴェナント 蘇えりし者」 (FREE TIME)
映画「レヴェナント 蘇えりし者」を鑑賞しました。
レヴェナント 蘇えりし者 (映画的・絵画的・音楽的)
 『レヴェナント 蘇えりし者』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)主演のディカプリオがアカデミー賞主演男優賞を受けたというので、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、夜、横になっている主人公のヒュー・グラス(レオナルド・ディカプリオ)が、先...
レヴェナント 蘇えりし者 (そーれりぽーと)
レオナルド・ディカプリオが、遂にアカデミー主演男優賞を獲った『レヴェナント 蘇えりし者』を観てきました。 ★★★★★ やたらとレオぽんにだけハードルの高いアカデミー賞でしたが、ここまでしなければ獲らせて貰えないのか。と、恐怖を感じさせる究極の演技に打ちの...
レヴェナント (もののはじめblog)
レヴェナント 蘇えりし者 実話を基に”復讐のために過酷な状況を生き抜く、決して諦めない男”を描く。(156分) 瀕死の重傷を負いながら生存本能を糧に、追う者と追われる者が交叉する強靭な男のサバイバル・ドラマ。 息遣いが荒くなる。 極寒の未開の地で凍った川に入...
「レヴェナント 蘇えりし者」 (ここなつ映画レビュー)
レオナルド・ディカプリオは年を取ってから(失礼!)の方が好きなので、彼がオスカーを受賞した事は、心からおめでとうを言うよりほかの気持ちは無い。むしろ遅い、遅過ぎた、という気持ちがある程だ。というか、何もこの「レヴェナント~」で獲る必要があったのか?とい...
大自然の猛威の中に (笑う社会人の生活)
25日のことですが、映画「レヴェナント:蘇えりし者」を鑑賞しました。 IMAXにて 狩猟中に熊に襲われ瀕死の重傷を負ったヒュー・グラス グラスを足手まといだと狩猟メンバーのフィッツジェラルドは置き去りにし 反抗したグラスの息子も殺害 かろうじて生還したグラス....
「レヴェナント 蘇えりし者」 (Con Gas, Sin Hielo)
生きる理由はひとつ。主人公だから。 L.ディカプリオのアカデミー主演男優賞受賞は素晴らしいことである。全篇がサバイバルの本作では、童顔の印象もまったく消え失せた。 でも、この話は何と言えばよいやら。 大括りすれば、復讐の一念で生死の淵を彷徨い続ける人間....
レヴェナント:蘇えりし者 (銀幕大帝α)
THE REVENANT 2015年 アメリカ 156分 アクション/ドラマ/アドベンチャー R15+ 劇場公開(2016/04/22) 監督: アレハンドロ・G・イニャリトゥ 『バードマン あるいは(無知がも......
レヴェナント:蘇えりし者 (いやいやえん)
【概略】 狩猟の旅の途中、ヒュー・グラスは瀕死の重傷を負う。彼は仲間に置き去りにされた上、最愛の息子の命を奪われてしまう。 アクション 復讐の先に、何があるのか。 ......
映画評「レヴェナント:蘇えりし者」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2015年アメリカ映画 監督アレハンドロ・G・イニャリトゥ ネタバレあり