パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞、未公開DVD、お気に入り自己所有のビデオ・DVDの感想などネタバレ有りで記録しています。

MONSTERZ モンスターズ ★★★

2014年06月01日 | アクション映画ーマ行
見るだけで他人を思い通りに操作できる特殊能力を持つ男と、その能力が唯一通じない男の激闘を描く韓国発アクションサスペンス『超能力者』をリメイク。『リング』『クロユリ団地』などの中田秀夫監督がメガホンを取り、互いに呪われた宿命を背負い、閉塞感漂う社会で葛藤する人間同士の対決が展開していく。主演は、本作が初共演となる藤原竜也と山田孝之。オリジナル版とは異なる日本版ならではのラストに衝撃を受ける。
あらすじ:対象を見ることで他人を自由に操れる超能力を持つ男(藤原竜也)は、その能力ゆえに孤独と絶望の人生を歩んできた。ある日、自分の能力が一切通じない田中終一(山田孝之)に出会ってしまった男は、動揺のあまり誤って終一の大切な人を殺してしまう。復讐(ふくしゅう)を果たそうと決めた終一と、自分の秘密を知る唯一の人間を狙う男が壮絶な戦いを繰り広げていく。

<感想>世界を操れるほどの超能力を持っていながら、世界から孤立した男の話というアイデアはいいのですが、オリジナルとは少し違って描かれていました。
まず主人公が名前の無い超能力者の男で、藤原竜也が演じており、藤原が操れない男に山田孝之が演じてます。韓国版では、どちらかというと山田孝之が演じていた田中終一が主人公で、名前の無いカン・ドンウォンが演じた、藤原君の方が脇役といった感じですかね。

それに、韓国のお国柄っていうか、実際の政治状況もあって、「シュリ」、「JSA」など、双方で対立する映画が多い傾向があるようです。ですから、日本を舞台に置き換えることで、文化背景などが変わってくるので難しさはあると思います。
そして、ポリスアクションの部分も、日本の映画では考えられない笑いの要素が入っているし、大掛かりなカースタントを日本でやるのも中々難しいですよね。

その代りと言っちゃなんですが、超能力に操られたリアルな集団描写が凄いです。このシーンでは、3000人のエキストラに協力してもらったそうです。まるで、ゾンビ映画のようでした。藤原くんの超能力に操られて、その場に人間が立ち止り、時間が停まった感じを役者さんたちが演じていて上手かったと思います。
息詰まるようなハードでサスペンスな展開のなかで描かれるなかで、山田孝之の運送会社の友達で、落合モトキ演じるゲイの親友の存在は、コミカルな描写の数々が笑いを誘ってくれるのだ。一見、意外かもしれないが、これが物語の緩急を生み出して良かった。

「何故、何のために生まれてきたのか」を追求していくと、オリジナルでは文学的で哲学的な主題の作品なので、そこを徹底的に描くと映画じたいが重くなってしまうようです。
その名前のない超能力の男だけでなく、田中終一も両親と弟を交通事故で亡くして天涯孤独なのだ。唯一、子供のころの事故で自分一人助かったことを知っている刑事に、松重さんが演じているも、最後の方で藤原に殺されてしまう。

二人の共通している天涯孤独みたいな、世界から孤立する恐怖感みたいなものを持っている。
ですが、山田孝之が演じた田中は、そんな恐怖を秘めながらも仲間と汗を流して働き、約束を果たすことで生きることを実感する。もう一方の名前のない男の藤原の部屋は、超能力で他人を銀行強盗に仕立てて金を奪い、贅沢な暮らしをしている。
劇中で二人が言う台詞で、「ただ自分は死ぬまで生きるだけだ」とありますが、藤原と山田では違う意味合いを持っていると思います。

そして、ヒロインの石原さとみ演じる叶絵が、田中と恋愛関係になると思ったのだが違ってましたね。藤原の超能力に操られて、父親を窓から背中を押して自殺に見せかけ、山田の背中を包丁で刺し、何回かスタンガンで殺そうとする。
藤原の超能力で操れない山田が、母親が赤ん坊を捨てるところを、ダイブして落ちる赤ん坊を拾い上げ自分は重症を負うのだが、普通の人間ではないので驚くほど完治が速いのだ。ベンチや植木の入ったスタンドを山田めがけて投げるも、下にいる山田に当たってしまい死んだような気がする。だが、不死身の男なのだ。その一方で、超能力の男は片足を失い、手の平まで失っていき、身体も弱っていく。
ですが、オリジナルと違ってはいるが、主人公の藤原と山田の関係性も、敵以上のものを醸し出しているようにも取れた。二人が抱き合って落ちていくシーンでも、一瞬ドキッとしたんですが、田中が下になってかばっているんですね。
他にもクライマックスでの劇場の4階席から、藤原の超能力で操られた観客が真っ逆さまに飛び降りて死ぬのも、リアルな集団描写が凄かった。
出会ってはいけない二人が出会ってしまった。運命で結びつけられた二人に見えてくるから不思議ですよね。
2014年劇場鑑賞作品・・・202 映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング

『映画』 ジャンルのランキング
トラックバック (22)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 超能力者  ★★★ | トップ | ぼくたちの家族 ★★★ »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

22 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
MONSTERZ モンスターズ (タケヤと愉快な仲間達)
監督:中田秀夫 出演:藤原竜也、山田孝之、石原さとみ、田口トモロヲ、落合モトキ、太賀、松重豊、木村多江 【解説】 見るだけで他人を思い通りに操作できる特殊能力を持つ男と、その能力が唯一通じない男の激闘を描く韓国発アクションサスペンス『超能力者』をリメイ....
劇場鑑賞「MONSTERZ モンスターズ」 (日々“是”精進! ver.F)
死ぬまで生きることが人生… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201406010000/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】MONSTERZ [ 渡辺雄介 ]価格:626円(税込、送料込) 【楽天ブックスならいつでも送料無料】【新作...
MONSTERZ モンスターズ (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
2014/05/30公開 日本 112分監督:中田秀夫出演:藤原竜也、山田孝之、石原さとみ、田口トモロヲ、落合モトキ、太賀、松重豊、木村多江 禁断のバトル、勃発。 生き残るのは、人間を操れる男かそれとも唯一、操れない男か 韓国映画『超能力者』のリメイク。日本の作品や....
映画:「MONSTERZ モンスターズ」♪。 (☆みぃみの日々徒然日記☆)
平成26年6月2日(月)。 映画:「MONSTERZ モンスターズ」 監  督: 中田秀夫 脚  本: 渡辺雄介 音  楽: 川井憲次 キャスト: 男:藤原竜也 ・男の父:三浦誠己・男の母:木村多江 田中終一:山田孝之・雲井叶絵:石原さとみ 雲井繁:田口トモロヲ...
【 MONSTERZ モンスターズ 】死ぬまで生きること (映画@見取り八段)
MONSTERZ モンスターズ      監督: 中田秀夫    キャスト: 藤原竜也、山田孝之、石原さとみ、田口トモロヲ、落合モトキ、太賀、三浦誠己、藤井美菜、松重豊、木村多江、川尻達也、森下能幸、平山祐介、松岡恵望子、林田直樹、佐藤詩音、土師野隆之介 公開: ...
MONSTERZ モンスターズ (とりあえず、コメントです)
中田秀夫監督が藤原竜也&山田孝之を主演に創り上げたサスペンスです。 予告編を観て、何だかハードな戦いを繰り広げているなと気になっていました。 超能力を持って生まれてきた二人の男の哀しみと苦しみと願いが描かれていました〜
MONSTERZ モンスターズ  監督/中田 秀夫 (西京極 紫の館)
【出演】  藤原 竜也  山田 孝之  石原 さとみ 【ストーリー】 対象を見ることで他人を自由に操れる超能力を持つ男は、その能力ゆえに孤独と絶望の人生を歩んできた。ある日、自分の能力が一切通じない田中終一に出会ってしまった男は、動揺のあまり誤って終一の大切....
MONSTERZ モンスターズ/藤原竜也 (カノンな日々)
予告編の冒頭くらいですぐにこれは韓国映画『超能力者』のリメイクだと気付きましたよ。主演が藤原竜也さんと山田孝之さんというちょっと意外な感じもする組み合わせと監督があの ...
『MONSTERZ』をトーホーシネマズ渋谷4で観て、予告越えるのって難しいなふじき★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★役者はいいけど、驚きは少ない】   原作映画『超能力者』未鑑賞。 場面場面の異様な空気感は中々よい。 ただ、能力から起こりうる場面がCMや予告で観た ...
MONSTERZ モンスターズ (だらだら無気力ブログ!)
コッチは石原さとみが可愛かったけど、個人的にはオリジナルの方が好き。
『MONSTERZ モンスターズ』  (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「MONSTERZ モンスターズ」 □監督 中田秀夫□脚本 渡辺雄介□キャスト 藤原竜也、山田孝之、石原さとみ、田口トモロヲ、落合モトキ、太賀晃、       三浦誠己、藤井美菜、松重豊、木村多江、川尻達也 、森下能幸 ■鑑賞日 5月...
MONSTERZ (映画好きパパの鑑賞日記)
 藤原竜也×山田孝之という、ある意味、ゴジラVSガメラ的なインパクトのある若手俳優の対決とあり楽しみにしていました。穴だらけの脚本、演出を最後まで飽きずにみられたのは、この2人の暑苦しい演技のおかげ。もう少し、設定がこちらに判るようになれば、もっとよか...
MONSTERZ (Break Time)
今朝は、久ぶりに朝から晴れて・・・
「MONSTERZ」操れる男が操れない男と出会った先にみた生い立ちの境遇の差が招いた無差別殺人事件 (オールマイティにコメンテート)
「MONSTERZ」は見たものを誰でも操れる男がある日操れない男で出会った事で操れない男へ挑んでいく攻防を描いたストーリーである。操れる事そのものの能力と引き換えに体が壊死して ...
[邦画2作まとめて一言寸評(『万能鑑定士Q』『モンスターズ』)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・『MONSTERZ』             目で人を操ることのできる男(万能傀儡子)と、人間で唯一、その超能力に掛からない、異常に回復力の高い男(万能STAP野郎)が、全編これ、ひたすらに闘い続ける物語。  面白いんだけど、面白くないという、...
「MONSTERZ モンスターズ」 真にわかり合えるのは二人 (はらやんの映画徒然草)
のっけから痛〜い描写で始まり、観るんじゃなかったと後悔したのですが(肉体的な痛み
「MONSTERZ」 (Con Gas, Sin Hielo)
「俺の世界から出て行け」歩く"どくさいスイッチ"。 藤原竜也の最近の役柄って、どこか固定化しつつあるのではないだろうか。 「デスノート」以来だろうか。「カイジ」や「インシテミル」などは観ていないけれど、SF的なストーリーで生死の境を綱渡りする....
「MONSTERZ」 (ここなつ映画レビュー)
日本の若手俳優の中で、好きな男優を二人挙げろと言われたら、山田孝之と藤原竜也、と即答できる私にとっては見逃せない作品。という事で、次男を誘いてくてく劇場へ。作品については、…まあまあ。CM通りのストーリー紹介だけをするとすれば、その眼力で人を意のままに...
映画『MONSTERZ モンスターズ』を観て (kintyre's Diary 新館)
14-51.Monsterzモンスターズ■配給:ワーナー・ブラザース■製作年、国:2014年、日本■上映時間:112分■料金:1,800円■鑑賞日:6月22日、新宿ピカデリー(新宿) □監督:中田秀夫◆山田孝之◆藤原竜也◆石原さとみ◆田口トモロヲ◆落合モトキ◆木村多...
MONSTERZ モンスターズ (銀幕大帝α)
2014年 日本 112分 サスペンス/アクション 劇場公開(2014/05/30) 監督: 中田秀夫 『クロユリ団地』 オリジナル脚本: キム・ミンソク(映画「超能力者」) 出演: 藤原竜也:“男” 山田孝之:田中終一 石原さとみ:雲井叶絵 田口トモロヲ:雲井繁 落合モト...
MONSTERZ モンスターズ (いやいやえん)
【概略】 ひと目見るだけですべての人間を思い通りに操れる男と、唯一操れない男。対立する能力を持って生まれたふたりが生死を懸けた壮絶な戦いを繰り広げる。 サスペンス 内容の薄いサスペンス・アクション。藤原竜也の眼力がくどい。オリジナルの韓国映画「...
映画評「MONSTERZ モンスターズ」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2014年日本映画 監督・中田秀夫 ネタバレあり