パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞、未公開DVD、お気に入り自己所有のビデオ・DVDの感想などネタバレ有りで記録しています。

ふしぎな岬の物語 ★★★

2014年10月14日 | は行の映画
人気作家・森沢明夫の小説を基に、のどかな里で小さな喫茶店を営む女店主と、店に集う人々との心温まる交流を描いた人間ドラマ。日本映画界を代表する女優・吉永小百合が『八日目の蝉』などの成島出監督と共同で、映画人生で初めて企画に挑戦。主演の吉永とは初共演となる阿部寛、『おとうと』などの笑福亭鶴瓶、『ストロベリーナイト』シリーズなどの竹内結子ら実力派が脇を固める。原作のモデルとなった喫茶店が実在する千葉県明鐘岬を中心にロケを敢行した景色も魅力。

<感想>吉永小百合さんの企画&主演による味わい深い豊かな人情劇です。それは実在する千葉県明鐘岬の喫茶店“岬”がモデル。撮影は店舗のそばにオープン・セットを建てて行われたが、出演者たちは同店に通って癒されたというから、一度機会があったら行ってみたいもんですね。
物語の展開は、隣に住む甥っ子の浩司さん(阿部寛)と一緒に船に乗り小島の石清水を汲みにいく毎日から始まり、店主の悦子さんがいれるコーヒー(ドリップコーヒー)を目当てにやって来る、近所の不動産屋のタニさん(笑福亭鶴瓶)、そして、漁師の徳さん(笹野高史)と突然出戻って来た娘のみどりさん(竹内結子)。その人たちの他にもフラリと訪れるお客たちの心を和ませていた。私も悦子さんの真似をして「美味しくなぁれ、美味しくなぁれ」と呪文を唱えてコーヒーを入れてみようかしらね。
中でも若い父親(井浦新)と幼い娘が、虹を見るために岬を訪れて、店の虹を描いた絵を見つける。虹は幸せを運ぶをいう話があるが、母親が亡くなり娘はその虹の橋を渡って母親が天国へ逝ったと思い込んでいる。

主人公である吉永小百合さん、年を重ねても美しさは変わらず、マドンナ的存在感でスクリーンを包み込みます。そして、笑福亭鶴瓶さんが演じている不動産屋のタニさんは、悦子さんが大好きで自分から結婚を申し込む勇気がない。そうこうしている内に、タニさんが大阪へ転勤になる話が舞い込む。本当は悦子さんにも一緒に大阪へ来て欲しいのに、言い出せないまま一人大阪へと行ってしまう。

それに、漁師の徳さんは、末期の胃癌で余命宣告を受けるも、丁度娘のみどりが帰って来て入院することに。看護する娘に、父親として結婚に反対していたが、離婚して帰って来た娘を温かく迎え入れる。そのみどりを追いかけて東京からやってきた元夫に対して、タニさんがヤクザの親分風に、浩司はチンピラ風になり元夫を脅すのだ。それに、徳さんが娘に生命保険を残して亡くなるとは、最後に悦子さんの甥っ子である浩司と一緒に喫茶店“岬”をやるようで良かったですね。
甥っ子の浩司は、自分に都合のいいように嘘をつき暴れん坊である。でも優しい心を持っていて、この岬には灯台がなく、岬の沖で沈没した船で亡くなった人たちを偲んで、毎晩のようにカンテラを振り、岬を通る船に安全航海を促しているのだ。

そんな話の中に、お見合いツアーでようやく嫁を得た常連客、春風亭昇太の結婚式がある。お嫁さんは東京から来た小池栄子で、村の人たちが参列する。ですが、この結婚は上手く行かず、嫁には堆肥の匂いが我慢できないらしく、離婚すると東京へ帰ってしまう。まぁ、このお話は無くても良かったかもです。

それに、嵐の夜に泥棒が店に入り、現金を出せと包丁を突き刺す男。悦子さんは、現金はレジにあるそのお金だけで、値打ちのあるのは夫が描いた虹の絵だけだと言う。その時、泥棒が悦子さんが大事にしていた水色のコーヒーカップを落として壊してしまう。それは、あの親子が置いていった物。泥棒は悦子と話をしている内に、自分のやっていることがバカバカしくなり心を入れ替えるのだ。

まぁ、そういうドタバタがあり、悦子さんが何となく寂しそうに見えたのが、あの夫が描いた虹の絵を欲しいと、若い親子が訪ねて来た時からなんです。その絵を欲しがっているのは、きっと大阪へ行った不動産屋のタニさんだと思うんです。その絵を追い掛けて、大阪の自分の所へ来てほしいと願っているのではないかしらね。まさか、大切にしていた岬の虹の絵を、親子に渡してしまうとは、思ってもみなかった。

しかし、ある夜のこと、悦子さんが鍋の火をかけたまま考え事をして、火事になってしまい、甥っ子の浩司も駆け付けても火事は消し止められず、それが大事になり全焼という結果に。でも、すぐにその隣にプレハブの喫茶“岬”をオープンさせました。
賑やかだった岬の喫茶店へ来る常連さんたちには、中学教師の吉幾三に、医者の米倉斉加年さん、お寺の和尚の石橋蓮司さん他、賑やかな脇役俳優さん達。
そんな、岬にある喫茶店の主人である悦子さんと、お客さんたちの交流を描いた暖っかい物語です。9月に行われた第38回モントリオール世界映画祭で、審査員特別賞など2冠を受賞というのも嬉しいですよね。
2014年劇場鑑賞作品・・・316  映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング
『映画』 ジャンルのランキング
トラックバック (17)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 荒野はつらいよ ~アリゾナ... | トップ | イーダ ★★★★ »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

17 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『ふしぎな岬の物語』 (2014) (相木悟の映画評)
心を癒す、眩しき太陽の笑顔! 移りゆく時の流れと幸福の意味を考えさせられるハートフルなメルヘンものであった。 本作は、不滅の輝きを放つ大女優、吉永小百合の118本目(!)の出演作。今回は自ら惚れ込んだ原作をピックアップし、成島出監督と共に企画に名を連....
映画 ふしぎな岬の物語 (こみち)
JUGEMテーマ:映画館で観た映画    当初はまじめな映画と思っていましたが、実際に見てみると   コミカルで肩がこらない映画になっていました。   柏木浩司役の阿部寛とタニさん役の笑福亭鶴瓶が &nbsp...
『ふしぎな岬の物語』 2014年10月12日 TOHOシネマズ市川 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『ふしぎな岬の物語』 を鑑賞しました。 別にサユリストって訳ではありませんが、ここのところの吉永小百合の出演する作品は 鑑賞率が高い気がする... 【ストーリー】  海と花畑に囲まれた心休まる里、その岬の突端にあるカフェ「岬カフェ」には、店主の柏木悦子(吉...
『ふしぎな岬の物語』をトーホーシネマズ日本橋7で観て、不思議なバランスだふじき★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★主役が映画のトーンで最も異質】   もう、皆さん、お分かりかと思うのだが、今、一番、難しいのは吉永小百合にピッタリな役を持つ映画を作る事だ。という ...
ふしぎな岬の物語 (Akira's VOICE)
人生は焙煎である。  
『ふしぎな岬の物語』 (こねたみっくす)
大丈夫、大丈夫。大事な人にだけ効く、心が温かくなる魔法の言葉。 これは人生初のプロデュースにも挑んだ吉永小百合さん主演でなければ成り立たない映画です。そしてこの年齢を ...
『ふしぎな岬の物語』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ふしぎな岬の物語」□監督 成島 出□脚本 加藤正人、安倍照雄□原作 森沢明夫□キャスト 吉永小百合、阿部 寛、竹内結子、笑福亭鶴瓶、笹野高史■鑑賞日 10月11日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、...
[映画『ふしぎな岬の物語』を観た(寸評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆最近、のんびりした作品を見るパワーがなかったのだけど、時間があって偶然見たこの作品、なかなか面白かった。 とある岬の喫茶店に集う人々のほのぼの人間模様の話だが、思ったよりも、その人々のサンプル数が多くて、楽しんだ。 私は、この舞台の岬がどこなのか、見...
ふしぎな岬の物語/優しさあふれる人間ドラマ (MOVIE BOYS)
原作は森沢明夫の『虹の岬の喫茶店』。それを『孤高のメス』や『八日目の蝉』の監督・成島出と主演・吉永小百合の企画により映画化した人間ドラマだ。岬の村の住人を阿部寛、竹内結子、笑福亭鶴瓶、笹野高史といった実力派俳優が演じている。モチーフとなった喫茶店は実際...
ふしぎな岬の物語 (映画的・絵画的・音楽的)
 『ふしぎな岬の物語』を渋谷TOEIで見てきました。 (1)吉永小百合が出演した前作の『北のカナリア』はパスしたので、今回作ぐらいは見ようと思って映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、岬に設けられているカフェから主人公の悦子(吉永小百合)が出てき...
ふしぎな岬の物語 (そーれりぽーと)
吉永小百合が笑っていいともの最終回で宣伝していたので気になっていた『ふしぎな岬の物語』を観てきました。 ★★★★ 岬でひとりカフェを経営する神秘的な女性の周りで起きる心温まるふしぎなお話。 吉永小百合の独特な空気感100%で物語が回っていくところが心地...
「ふしぎな岬の物語」様々な人生を見届けた先にみた出逢った人たちへ託した想いとその後の事を託す人への想い (オールマイティにコメンテート)
「ふしぎな岬の物語」は岬が見えるカフェを営む女性が、さまざまな人との触れ合いを通じてそれぞれの人生を見ていくストーリーである。人生色々な出来事があるけれど、全て良い事 ...
映画「ふしぎな岬の物語」@チネチッタ (新・辛口映画館)
 公開から6日目の金曜日の昼間。407席のチネ11には、シルバー世代を中心に30~40名位と閑散とした客入りだ。
ふしぎな岬の物語 (映画好きパパの鑑賞日記)
 吉永小百合が主演だけでなく、制作にも携わり、モントリオール映画祭で審査員特別賞グランプリなど2賞を受賞する、話題の作品。予告編をみて、心がほっこりする単純な話かとおもってましたが、結構、ブラックでわけの分からないところがあるまさに不思議な話でした。 ...
映画「ふしぎな岬の物語」 (FREE TIME)
映画「ふしぎな岬の物語」を鑑賞しました。
ふしぎな岬の物語 (のほほん便り)
原作は、森沢明夫の小説「虹の岬の喫茶店」 でも、吉永小百合ありての、ハートウォーミング・ファンタジーに思われました。 阿部寛に、竹内結子、笑福亭鶴瓶、笹野高史、小池栄子、井浦 新、中原文雄、石橋蓮司、米倉斉加年と、豪華キャスティングが魅せてくれます...
映画評「ふしぎな岬の物語」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆★(5点/10点満点中) 2014年日本映画 監督・成島出 ネタバレあり