パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞、未公開DVD、お気に入り自己所有のビデオ・DVDの感想などネタバレ有りで記録しています。

ファインディング・ドリー ★★★・5

2016年07月18日 | アクション映画ーハ行
2003年の大ヒット・ピクサー・アニメ「ファインディング・ニモ」の続編。ニモの親友で忘れんぼうのナンヨウハギ“ドリー”が唯一忘れなかった家族の思い出を頼りに、仲間たちとともに両親を探す大冒険を繰り広げるさま描く。ドリーの声は前作に引き続きエレン・デジェネレスが務める。監督も引き続きアンドリュー・スタントン。
あらすじ:カクレクマノミのニモは故郷のグレート・バリア・リーフで、心配性の父マーリンと、大親友のドリーと楽しい毎日を送っていた。そんなある日、何でもすぐに忘れてしまうドリーが、ひょんなことから幼い頃の記憶を取り戻す。それは離ればなれになってしまった家族との思い出。すぐに会いに行かなきゃと、いても立てもいられないドリー。わずかな手がかりを頼りにカリフォルニアの海へと旅立つ。そんなドリーを放っておけず、ニモとマーリンも一緒にカリフォルニアを目指すが…。

<感想>最初に同時上映の「ひな鳥の冒険」ピクサー・アニメーション映画でアニメーターを務めてきたアラン・バリラーロの初監督作。生まれて初めて自分の巣を出て海岸線にやってきたひな鳥。砂の下に埋まっている貝、食物を取ろうとするけれど、ちょっとでも油断すると恐ろしい波が被ってくるのだ。一度は諦めかけたひな鳥だが、勇気をだしてもう一度エサ取りにチャレンジする。

初めは、母鳥についてエサを口を開けて食べさせてと、だが、母鳥は自分でエサを取ることを覚えなさいと。仕方なく自分で波打ち際までいくも、貝を見つけて食べようとすると波が来て海水の中へ巻き込まれてしまう。だから、怖くて中々自分でエサを取りにいけない弱虫な小鳥。その内、ヤドカリの親子が砂浜へやってきて、波がくると小さいヤドカリが上手に砂を掘りその中へ隠れて波を乗り切ってしまう。それを見て覚えたひな鳥も、波が来ると怖くないとばかりに羽が濡れても穴を掘って体を隠して、波をやり過ごすことができた。という、心温まる微笑ましいお話しでした。

さて、宝石のような美しい海底の世界を舞台に、カクレクマノミの親子の木絆を感動的に描いた「ファインディング・ニモ」の1年後を描いています。早速1作目をおさらいしたので、すんなりと映画の中へ入っていくことができました。ニモとマーリンの友達で忘れんぼうのナンヨウハギ、ドリーが主人公です。何でもかんでも直ぐに忘れちゃうドリーだけど、たった一つだけは忘れていなかったことが、それは幼いころに離れ離れになってしまった家族の記憶なんですね。あの日は何があったの?、パパとママはどこにいるの?、そんなドリーを助けるニモ。でもドリーの家族が見つかったら2匹は別れることになるの?・・・前作よりもスケールアップしたドリーとキャラクターたちの感動の大冒険なんですから。

今やドリーはニモ親子にとっては家族なんですが、グレートバリア・リーフのサンゴ礁で暮らしているのですが、ある日ニモの学校の遠足に一緒に出掛けたドリーは、数千匹のエイがいっせいに海を渡る「アカエイの大移動」を見学中に、大群に近づきすぎて激流に飲み込まれてしまう。その瞬間に、何でもカンでも忘れてしまうドリーの頭の中に鮮烈な記憶が蘇るのです。以前にも同じようなことがあり、その時は自分の家族が一緒だったことを。しかし、自分の家が何処にあるのか分からない。唯一の手掛かりは「カリフォルニアの宝石」という言葉だけだった。

それから、離れ離れになった家族を探さなくちゃと大海原へ冒険の旅に出るドリーなんですが、彼女を一人で行かせるわけにはと、ニモとマーリン親子も同行することになります。旅の途中で少しづつ記憶を取り戻しつつ、両親の名前がチャーリーとジェニーであることを思い出します。
やがて海流に乗ってカリフォルニアの海にたどり着いたものの、今度はドリーが人間に捕まってしまう。彼女が連れていかれたのは、海洋生物研究所。そこでは、海の生き物を保護しつつ、教育目的の展示もするが近代的な施設なのだ。
そして、それこそ「カリフォルニアの宝石」と呼ばれている場所だったのですね。ここにドリーの出生の秘密があるの?・・・。
水槽に入れられたドリーの前に現れたのは、タコのハンク。ドリーに付けられた黄色のタグが欲しいハンクは、彼女に手を貸してくれる。

ドリーの方は、そこにいる様々な生き物たちの助けを借りて両親を探すのだが、一番はタコのハンクで、両親のいるという大水槽へと向かう途中では、シロイルカのバイレーに、そしてジンベイザメのデスティニーたちの助けで排水溝へと入るも、忘れっぽいので右往左往するドリー。

タコのハンクには、何でもそこにある物と疑似体する体に驚くし、水が無くても器用にどんどん進んでいくし、ドリーもタコのおかげで両親の近くまで来ることができる。

大水槽の中で生まれたドリー、覚えのある貝殻、そして探しあてた家族の家。だが、そこにはもう、両親はいなかった。

ドリーの回想部分でまだ幼いころのドリーが可愛いったらない。両親は物忘れはしないようだ。
一方、ドリーを助けるために、ニモ親子は研究所の中へ入りたい。そこで海鳥のベッキーの助けで、研究所の中へ入るも、これはと思うほどの展開にびっくり仰天すること間違いありませんから。

つまり、2匹が生きているのが不思議なくらいといっていいほどの、アクション映像でした。そして、タコとドリーもまた、トラックで連れ去られてしまい、それがラッコが道路を封鎖してトラックを立ち往生させるんですから。
それに、トラックを運転するタコのハンクにもびっくり仰天して、運よく海の中へと帰ることができて、サッチモの歌が流れてきて、それがまた痺れるくらい上手くて、最後はハッピーエンドの終わり方でした。

帰らないで、最後までご覧ください。1作目の歯医者の水槽にいた仲間たちが、カリフォルニアまでビニール袋でやって来ていたのですから、それで、海洋生物研究所の船に捕えられてしまうんですね。まだまだ、続きを作るつもりなんですね。
吹き替え版なので、出演:マーリンに木梨憲武、ドリーには室井滋、ニモは宮谷恵多、それに海洋生物研究所のアナウンサーには八代亜紀さんが、とっても雰囲気たっぷりで上手でした。
ニモやドリーなどお魚さんたちの質感というか、昔と違ってとても鮮明で美しくて、それに海水の描写も、ものすごく変化に富んでおり「 天然のサンゴ礁」、「水族館」、「下水道」など、海水の透明感の違いも実に細かく描写して良かった。

2016年劇場鑑賞作品・・・142映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング
『映画』 ジャンルのランキング
トラックバック (17)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ファインディング・ニモ ★★★・5 | トップ | HiGH&LOW THE MOVIE★★★・5 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

関連するみんなの記事

17 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『ファインディング・ドリー』 2016年6月17日 TOHOシネマズ日本橋 (気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!-)
『ファインディング・ドリー』 を試写会で鑑賞しました。 上映前に田中雅美のトークがありました。 彼女は吹き替え(マカジキ)を担当したそうです!(でも一言らしい) それにし...
ファインディング・ドリー (あーうぃ だにぇっと)
ファインディング・ドリー@TOHOシネマズ日本橋
ファインディング・ドリー (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(11) 思い付いたら即実行!一か八かのアドベンチャーワールド。
映画「ファインディング・ドリー(2D・日本語吹替版)」 感想と採点 ※ネタバレなし (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『ファインディング・ドリー(2D・日本語吹替版)』(公式)を昨日に劇場鑑賞。採点は、 ★★★★☆ (5点満点で4点)。100点満点なら80点にします。 ざっくりスト...
ファインディング・ドリー (Akira's VOICE)
なにこれスギョいよ! 最高でギョざいますよ!  
「ファインディング・ドリー」☆忘れた方が幸せなときもある(日本語吹き替え版) (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
ピクサー、ディズニー映画で好きなものと言えば、何と言ってもやっぱり「ファインディング ニモ」 この続編が出来たとなれば、いの一番に見なくっちゃ!! 勇気をくれる、元気を...
ファインディング・ドリー・・・・・評価額1700円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
みんな、どこかが欠けている。 ディズニー・ピクサーの追求する多様性の世界、再び。 13年前に大ヒットした「ファインディング・ニモ」の1年後を描く続編で、世界観・キャラクター...
ファインディング・ドリー (映画好きパパの鑑賞日記)
 ファインディング・ニモの13年ぶりの続編アニメ。僕は前作は見ていないけれど、楽しく見られる一方、同じ今年公開のアニメ「ズートピア」に比べるとテーマ設定も含めて、やや落ち...
ファインディング・ドリー (映画的・絵画的・音楽的)
 『ファインディング・ドリー』(吹替版)をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)評判がいいので映画館に出かけてみました。夏休みに入ったこともあり、映画館はちびっこたちでごった......
ファインディング・ドリー (そーれりぽーと)
『ファインディング・ニモ』から16年ぶりの続編、『ファインディング・ドリー』を観てきました。 ★★★★★ ピクサー映画恒例の、上映前ショートフィルムの出来がいつも通りもの......
【映画】ファインディング・ドリー (ただただ映画を楽しんでる人のブログ)
【解説・あらすじ】ピクサー・アニメーション・スタジオの大ヒット作「ファインディング・ニモ」の13年ぶりとなる続編。前作の主人公マーリン&ニモ親子の親友で、ナンヨウハギの......
「ファインディングドリー」 (Con Gas, Sin Hielo)
ああ、クリーブランド。 L.ジェームスが死ぬ思いで52年ぶりの地元チーム優勝をもたらしても、おさかなさんにとって内陸部の工業都市には夢も希望もない。 美しいカリフォルニアの......
今度はドリーが探します (笑う社会人の生活)
1日のことですが、映画「ファインディング・ドリー」を鑑賞しました。 あの冒険から1年 3匹は平穏な日々を過ごしていたが、ある日 ドリーは忘れていた両親との思い出を夢に見る ......
ファインディング・ドリー (銀幕大帝α)
FINDING DORY 2016年 アメリカ 96分 ファミリー/アドベンチャー/ファンタジー 劇場公開(2016/07/16) 監督: アンドリュー・スタントン 『ジョン・カーター』 製作総指揮: ジョ......
『スター・トレック ビヨンド』『ファインディング・ドリー』『朝鮮魔術師』を3本ま...... (ふじき78の死屍累々映画日記)
未レビュー洋画(片付けてしまいたい3本)をできるだけ短評で。 ◆『スター・トレック ビヨンド』トーホーシネマズ日本橋5 ▲ブル中野っぽいペインティング。 五つ星評価で ......
ファインディング・ドリー (いやいやえん)
【概略】 忘れんぼうのドリーが突然思い出した家族の記憶を頼りに、ニモとマーリン親子と共にたどり着いた場所は、人間の世界だった…。 アニメーション 「ファインディング......
映画評「ファインディング・ドリー」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2016年アメリカ映画 監督アンドリュー・スタントン、アンガス・マクレーン ネタバレあり