パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞、未公開DVD、お気に入り自己所有のビデオ・DVDの感想などネタバレ有りで記録しています。

超高速!参勤交代 リターンズ★★★★・5

2016年09月12日 | アクション映画ータ行
幕府の陰謀で5日以内の「参勤」という難題を突き付けられた東北の弱小貧乏藩が、知恵を絞って危機に立ち向かう『超高速!参勤交代』の続編。前作で行きの「参勤」を果たし藩の取り潰しを免れた湯長谷藩一行が、彼らへの復讐(ふくしゅう)に燃える老中が仕掛けた謀略により、帰りの「交代」でさらなる大ピンチに見舞われるさまを描く。主演の佐々木蔵之介をはじめ、深田恭子、伊原剛志ら主要キャストが続投するほか、古田新太、渡辺裕之、中尾明慶、宍戸開ら多彩な面々が新たに参戦する。
あらすじ:江戸時代、幕府から5日以内の「参勤」という無茶な難題を、知恵と工夫で何とか果たした湯長谷藩。藩主・内藤政醇(佐々木蔵之介)率いる一行は帰途に就く「交代」の道中、湯長谷で一揆が起きたという知らせに仰天する。彼らに敗北した老中・松平信祝(陣内孝則)の逆襲によるもので、一揆を鎮めるため大急ぎで帰郷した政醇たちだったが、城は奪われており……。
  2014年超高速!参勤交代

<感想>参勤交代はまだ終わっていなかった。前作では、行きの参勤交代も、金もなく人手もなく、10日の道のりをわずか4日で走り切った東北の弱小貧乏藩が、帰りの参勤交代でもさらなるピンチに襲われるという物語。前作よりも面白可笑しく、危機迫るシーンもたくさんあれども、最後まで面白かった。

復讐に燃える彼らに敗北した老中・松平信祝の策略にかかり、城まで奪われた彼らが、藩と故郷の民を守るために行きの倍の速さで、帰ることを余儀なくされる。果たして彼らはどんな知恵と工夫で、新たな試練を乗り切り、巨悪に立ち向かうのか?・・・湯長谷藩の家来には、寺脇康文、上地雄輔、知念侑孝、柄本時生、六角精児、西村雅彦、石橋蓮司、陣内孝則、市川猿之助など。

前作のメンバーが再結集しており、さらには、南町奉行の大岡に古田新太、寺脇の妻に富田靖子、柳生の剣士に渡辺裕之、中尾明慶らが参戦した痛快時代劇になっていた。

湯長谷藩藩主、内藤には佐々木蔵之介が扮して、お人よしだが、民に愛される人情に厚い殿様であり、だが、厠も扉を開けて入るほどの閉所恐怖症でもある。前作では、幼少時代に閉所恐怖症になる事情が描かれていた。

帰りの旅費稼ぎに奔走する湯長谷藩一行に、故郷で一揆が勃発したとの知らせが入り、幕府の目付が来るまでに一揆を収束できなければ、藩の取り潰しは確実のこと。かくして一向は、行きの倍の速さで帰ることになるのだが、飲まず食わずで、不眠不休で走っても無理なこと。しかし、家老の西村雅彦の知恵袋にて、何とか計画して、時間短縮のため川を渡る一行だが、カナヅチの家老西村が船から落ちてしまい、助けようと川へ飛び込む知念くん。そこへ流木が流れてきて、知念の頭に当たりそのまま気絶をして流されてしまう。あいつなら泳ぎも達者だから、後で追いついて来ると先を急ぐみんな。

ですが、帰り道の参勤交代の大名行列を披露しなければならず、集まったのは30人足らずで、道具もボロボロ、家老の西村さん、さぁ、どうするの?って、ことで、考えたのが竹竿に3人分を案山子のように着物を着せて、さも家来に見せかける知恵。普通は2人か3人揃っての行列なのに、5人組の行列とは。バレるのを恐れて、関所の番人に裸体のちらしを見せて、それは相撲取りの押絵だったとは。猿を放して将軍様から献上された大事な猿、菊千代さまだといい、猿が暴れるので偽の行列が前を通るのを上手くかわせるという作戦成功。

しかし、復讐に燃える老中・松平信祝の恐ろしい陰謀と策略に遭遇し、宿場に着くと、「湯長谷藩の者、謀反人なり。通すべからず」との手配書が。そこでは何と、棺桶の中に死に装束で入って、死人に化けて何とか宿場役人チェックを切り抜けるというシーンも。これは、ハラハラよりも死人の演技が上手くて大いに笑ってしまった。

さらには、松平信祝と手を組んだ尾張柳生の刺客に襲われるという、何とも、次から次と待ち伏せされて、体が休まる暇がない。やっと、湯長谷藩に辿り着くも、田畑は荒らされ収穫した米は奪われ、挙句に城まで尾張柳生に奪われてしまった。しかし、藩主・内藤政醇は、民を守るために、松平信祝率いる1000の幕府軍とわずか7人の家来で、迎え討つことになるとは。

まさかの速さで続編が公開されるとは、本作では、1作目のいいところを受け継ぎつつ、新しい魅力も加わりスケールも大きくなっていた。金なし、人なし、時間なしに加えて、故郷では一揆が起こり城もないという内容。さらには、敵も1000人になるなど、負荷が大きいのだ。

それでも、主人公の佐々木蔵之介を先頭にして、前作の倍を走り、3倍もの立ち回りと。綺麗な着物を着ているのは最初だけで、後は髪の毛ボサボサにドロドロの着物を着て鎧を付けての立ち回りと、もう大変だったと思います。

奥方になる深田恭子さんと佐々木蔵之介の、敵と戦いながらの愛を確かめるシーンとか、家来の奥方たちの長刀の立ち振る舞いとか、知念が好きな女が実は年増女だったとか、柳生相手に家来たちの剣術の見事な殺陣さばきも披露され、チャンバラシーンも楽しく見られた。

大岡裁きとは良く映画で観ていますが、奉行役の古田さんの演技も光って良かったです。
撮影現場のいわき市の小浜海岸を、早朝から走るシーンとか、最後がいわき市の青年団のみなさんと伝統芸能の“じゃんがら念仏踊り”を一緒に踊るというシーンも良かった。

2016年劇場鑑賞作品・・・189映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング
『映画』 ジャンルのランキング
トラックバック (21)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スーサイド・スクワッド ★★★★ | トップ | 四月は君の嘘 ★★★ »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

21 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
「超高速!参勤交代リターンズ」@ニッショーホール (新・辛口映画館)
 テレビ東京さん主催の試写会。客入りはほぼ満席。客年齢しお子さんから年配の方まで幅広い客層だ。
劇場鑑賞「超高速!参勤交代 リターンズ」 (日々“是”精進! ver.F)
友は宝… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201609110000/ 超高速!参勤交代(リターンズ) [ 土橋章宏 ] 映画サントラ CD【「超高速!参勤交代リターン......
「超高速!参勤交代 リターンズ」☆超失速 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
前作「超高速!参勤交代」の続編なので、1作目を見ておかないとちょっと分からない所も。 それでも今回の映画が初めてだったちかママも「面白かった~♪」」と言ってくれたので......
超高速!参勤交代 リターンズ (勝手に映画評)
『超高速!参勤交代』で超高速で江戸に赴くまで描かれましたが、参勤交代って帰りも有るんですよねぇ(笑)。と言う事で、今回は、帰りの話?? って言うか、もはや既に、参勤交代......
映画『超高速!参覲交代 リターンズ』 (よくばりアンテナ)
2年前の1作目に続く、ドタバタ時代劇。 前作は参覲交代の【参勤】であって、江戸から帰りの【交代】はまだでした。 松平信祝の謀略で来た時の倍のスピードで帰らなくちゃな......
『超高速!参勤交代リターンズ』(2016) (【徒然なるままに・・・】)
「行きは参勤、帰りは交代」ということで帰らなきゃ参勤交代は終わらない、と『超高速!参勤交代』に続編の登場だ。前作で湯長谷藩の連中に苦渋を飲まされた松平信祝は、恩赦によ......
超高速!参勤交代 リターンズ (あーうぃ だにぇっと)
超高速!参勤交代 リターンズ@ニッショーホール
「超高速!参勤交代 リターンズ」人なし金なし時間なしで知恵を振り絞った先にみた民...... (オールマイティにコメンテート)
「超高速!参勤交代 リターンズ」は2014年6月に公開された超高速!参勤交代の続編で、参勤して湯長谷藩のお取り潰しを回避したが交代で湯長谷藩に戻ろうとするところに老中松平信 ......
超高速!参勤交代リターンズ (映画好きパパの鑑賞日記)
 2014年にスマッシュヒットした「超高速!参勤交代」の続編。前作のそのまま続きを描いていますが、単純な勧善懲悪なので、前作をみなくても単純に楽しめるかと思います。ただ、......
超高速!参勤交代 リターンズ (だらだら無気力ブログ!)
1作目に比べると面白味が薄れた感じが。。
「超高速!参勤交代 リターンズ」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2016年・日本 配給:松竹 監督:本木克英 原作:土橋章宏 (「超高速!参勤交代 老中の逆襲」)脚本:土橋章宏撮影:江原祥二音楽:周防義和 製作総指揮:大角正プロデューサー:矢島孝......
超高速!参勤交代 リターンズ (映画的・絵画的・音楽的)
 『超高速!参勤交代 リターンズ』を渋谷シネパレスで見ました。 (1)前作の『超高速!参勤交代』を見て面白かったので、この続編も見てみようと映画館に行ってきました。  本......
映画「超高速!参勤交代リターンズ」 (FREE TIME)
映画「超高速!参勤交代リターンズ」を鑑賞しました。
[映画]超高速!参勤交代リターンズ (日々の書付)
前作「超高速!参勤交代」が面白かったので、めったに行かない映画館まで観にいきました。「超高速!参勤交代リターンズ」今回は、「参勤」の帰り道「交代」のお話です。 「超......
超高速!参勤交代 リターンズ (そーれりぽーと)
あれだけ苦労して江戸にたどり着いたのに、まさかの続編とは。『超高速!参勤交代 リターンズ』を観てきました。 ★★★★ せっかく江戸に着いてゆっくりしてたのに、失脚させら......
「超高速!参勤交代リターンズ」(2016 松竹) (事務職員へのこの1冊)
さすが地元庄内で撮られた映画だけあって、前作につづいて鶴岡まちキネは平日にもかかわらず(例によって振替休日に見ています)にぎわっている。全国的にも高稼働のようで、ま......
『超高速!参勤交代リターンズ』『メカニック ワールドミッション』『BFG』『レッ...... (ふじき78の死屍累々映画日記)
ユナイテッドシネマ豊洲で籤引くために観た4本をまとめてできるだけ短評で。籤は外れ籤なしだったので映画鑑賞券1本当り(大当たりは2本) ◆『超高速!参勤交代リターンズ......
超高速!参勤交代 リターンズ (花ごよみ)
「超高速!参勤交代」の続編。 監督は前回同様、本木克英。 主演の佐々木蔵之介はじめ深田恭子等 前回のキャストが今回も活躍します。 新たなキャストとして古田新太、 渡辺裕之......
超高速!参勤交代 リターンズ (とりあえず、コメントです)
2年前に公開された時代劇コメディの続編です。 監督&主要キャストが揃っている予告編を観て、またあの楽しい時間が過ごせるかなと期待していました。 サービス精神旺盛のシーンに......
超高速!参勤交代リターンズ (映画と本の『たんぽぽ館』)
狙われた湯長谷藩 * * * * * * * * * * 「超高速!参勤交代」の続編です。 前作があまりにも面白かったので、見たわけですが・・・。 湯長谷藩藩主の内藤......
超高速! 参勤交代リターンズ (いやいやえん)
【概略】 江戸に到着して安心したのも束の間、政醇たちは湯長谷へ向けて出発する。その途中、各自の得意技を活かして帰りの旅費を稼いでいた一同は湯長谷で一揆が起きたと知らさ......