パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞、未公開DVD、お気に入り自己所有のビデオ・DVDの感想などネタバレ有りで記録しています。

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー★★★★・5

2016年12月17日 | アクション映画ーラ行
映画史に燦然と輝く金字塔シリーズ「スター・ウォーズ」のアナザー・ストーリーを描く新プロジェクトの記念すべき第1弾となるSFアドベンチャー大作。「スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望」でレイア姫がR2-D2に託した“デス・スター”の設計図はいかにして反乱軍の手に渡ったのか、というこれまで語られることのなかった物語を、一匹狼のヒロイン、ジン・アーソをはじめとする新たなキャラクターたちの活躍を通して描き出す。主演は「博士と彼女のセオリー」のフェリシティ・ジョーンズ、共演にディエゴ・ルナ、ベン・メンデルソーン、ドニー・イェンほか。監督は「モンスターズ/地球外生命体」「GODZILLA ゴジラ」のギャレス・エドワーズ。
あらすじ:ダース・ベイダー擁する帝国軍の究極兵器“デス・スター”がついに完成しようとしていた。その圧倒的な破壊力の前に、銀河全体が恐怖に支配されようとしていた。有名な科学者ゲイレン・アーソを父に持ちながらも、家族と離れ離れとなり、たった一人で生き抜いてきたタフな女アウトロー、ジン・アーソ。ある日、彼女は反乱軍の将校キャシアン・アンドーから、父ゲイレンがデス・スターの設計に関わっていた可能性があると知らされる。そこで真相を突き止めるべく、ならず者ばかりで構成された反乱軍の極秘チーム“ローグ・ワン”の一員となり、デス・スターの設計図を盗み出すという過酷なミッションに身を投じていくジンだったが…。

<感想>16日に観てきました。本作の舞台が「エピソード4/新たなる希望」の直前の物語。帝国軍の最強兵器であるデス・スターが、銀河全体を脅かすなか、その設計図を奪うために無法者たちによって結成された反乱軍の極秘チーム「ローグ・ワン」の活躍が描かれている。

「スター・ウォーズ」と言うと、華麗なるライトセイバーでの戦闘シーンであります。闇のダークサイドの誘惑。そしてお馴染みの「フォースと共にあらんことを」という名ゼリフですね。過去の「スター・ウォーズ」サーガの物語は、主に「フォースを持つ者たち」の活躍を軸に繰り広げられてきました。
旧三部作のヒーローだったルーク・スカイウォーカーも、その父親のアナキンも、巨匠であるオビ=ワン・ケノビやヨーダも、みんなフォースを自在に操るジェダイの騎士だった。
すなわち、ジェダイの騎士の“フォース”とは、未来を予知したり他人の心を読み取ったり、闘いの場において圧倒的な身体能力を発揮できる、超常的なエネルギーのこと。その無限の力を使いこなせるのは、細胞に含まれるミディ=クロリアンの値が特に大きい者のみ。つまり、ごく少数の生まれつき「選ばれし者たち」だけの特権なのである。

ですが、今回の「スター・ウォーズ」史上初の「外伝」となる「ローグ・ワン」の、登場人物たちは違うのだ。主人公の女革命戦士のジンや、反乱軍での相棒キャシアン、盲目の僧侶たちは、みな普通の人間である。

中でも盲目の僧侶に扮したドニー・イェンは、まるで日本映画の「座頭市」のようであった。

今回の作品では、そんな彼ら「志願兵によって結成されたチーム“ローグ・ワン”の面々」が、強大な帝国軍に挑んでいく勇敢な物語を軸に展開するというもの。過去のサーガとはまた一味違い、より人間的な目線から描かれていくという、もう一つの「スター・ウォーズ」伝説の幕開けと言えよう。
そのものずばり、タイトルが示す通り、帝国軍VS反乱同盟軍による「宇宙戦争」の物語でもある。そんなわけだから、印象的な戦場シーンがいくつも登場している。例えば、「帝国の逆襲」での雪と氷に覆われた“星ホス“。あるいは「ジェダイの帰還」でのイウォーク族が棲む森の”惑星エンドア”など。

今回では新たな戦場となる“惑星スカリフ”は、一見すると常夏のリゾ-ト・アイランドのような生態系の星だけれど、その海岸に“ストームトルーパー”の大群が上陸するシーンが映し出されており、その他にも、カーゴ・ウォーカーのAT・ACTが砂浜を闊歩していたり、青空にはU・ウィングファイターが旋回していたりと、これはひょっとして、陸・海・空にまたがる壮大なる南国バトルの予感がするではないか。

そして、黒を基調としたデザインの“デス・トルーパー”は、帝国軍の将校であるオーソン・クレニックの配下に属する隊のロボット。やや小太りな白いストームトルーパーに比べて、全身のシェイプも引き締まっており明らかに強そうなんですね。

それに今回、反乱同盟軍で新たに登場するドロイドは、K・2SOであり、もともと帝国軍によって監視用ロボットとして開発されたもので、黒を主体としたボディ・カラーや、周囲を見渡すのに役立つ高身長のサイズである。その後、ディエゴ・ルナが演じる戦士キャシアンによって過去のデータを消され、現在では彼の警護を務めている。丁寧なC・3POとは違い、ずけずけと本音を言う性格のアンドロイド。

しかしだ、冷静に考えてみると、ひとつの惑星を破壊できるほど巨大な宇宙要塞が、たった一発の被弾で木っ端微塵に爆発してしまうのは、あまりにもずさんな設計ミスなのでは?・・・だが、それがあらかじめ計算されたデザインだったとしたら、誰が何の意図でそんな大それた仕掛けを埋め込んだのだろう。

反乱軍のスパイたちは、その危険すぎる極秘情報をいかにして入手し、いかに持ち帰ったのか?・・・そのために彼らが払わなくてはいけない犠牲、代償とは、・・・。
ですが、ド迫力のアクションシーンに加えて、このサーガの物語の根っこの部分を支えているのは、いつだって魅力ある登場人物たちであり、そんな彼らが紡いでいく「心の絆」であります。仲間に尽くす友情の絆はもちろん、次世代へ受け継がれる叡智の絆。そして、時には銀河系の未来をも狂わせてしまうほどの切ない愛の絆もそうですね。
ですが、そこでも重要な絆は「親子の絆」なんですよ。今回では、主人公の女戦士ジンの父親は、天才物理学者であるゲイリン・アーソ。演じているのが、マッツ・ミケルセンであり、娘のジンを演じているのがフェリシティ・ジョーンズである。父のゲイリンは帝国軍の最強兵器デス・スターを設計した男であり、少女時代のジンに対して、父のゲイリンが永遠の親子の絆を誓う回想シーンも描かれている。

何故に父親が悪の巨大兵器の設計に手を貸したのか?・・・そんな父と娘が運命に導かれて涙の再会するシーンでは、複雑な親子関係が展開される。前の「スター・ウォーズ」でも、ルーク・スカイウォーカーと、その父親アナキン(ダース・ベイダー)との複雑な親子関係は、旧シリーズでの壮大な物語の出発点でもあり、同時に終着点でもあった。
今回でも、父親の命を救えなかった娘ジンの悔しさが今後の物語の行方を大きく左右する要素となりそうです。それでも、娘ジンが父親の教えでしっかりと設計図を盗み、レイア姫の手に渡るシーンが映し出されるのが感慨深かったです。

2016年劇場鑑賞作品・・・274<映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング/
『映画』 ジャンルのランキング
トラックバック (40)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« エブリバディ・ウォンツ・サ... | トップ | ドント・ブリーズ ★★★★ »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

40 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー (あーうぃ だにぇっと)
ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー@ユナイテッドシネマ豊洲
ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー  監督/ギャレス・エドワーズ (西京極 紫の館)
【出演】  フェリシティ・ジョーンズ  ディエゴ・ルナ  ベン・メンデルソーン  ドニー・イェン  チアン・ウェン  リズ・アーメッド  フォレスト・ウィテカー 【ストーリー】......
劇場鑑賞「ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー」 (日々“是”精進! ver.F)
それは、希望… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201612160000/ ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー オリジナル・サウンドトラック [ (オリジナル......
ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★【3点】(P) 元々このシリーズのファンでないワタシは単品としての評価を
「ローグ・ワン スター・ウォーズストーリー」@TジョイPRINCE品川 (新・辛口映画館)
 公開初日。2D吹替え版を上映するシアター6iには、学校から授業を終えて帰ってきた多数の男子小学生軍団を中心に、小さなお子さんから年配の方まで幅広い年齢層で客入りは40名弱位......
映画 『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』 (こみち)
&nbsp; &nbsp; &nbsp; &nbsp; &nbsp; &nbsp; JUGEMテーマ:映画館で観た映画 &nbsp; &nbsp; &nbsp; &nbsp; &nbsp; スター・ウォーズ シリーズ &......
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』 (こねたみっくす)
ローグ・ワンよ、無名の戦士たちよ、フォースと共にあらんことを…。 初めてだ。『スター・ウォーズ』サーガで感涙するなんて。まさに『七人の侍』。黒澤明監督を崇拝するジョー ......
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』 普通の映画ファンとしての感想 (映画批評的妄想覚え書き/日々是口実)
 『スター・ウォーズ』シリーズの外伝と位置づけられる作品。  監督は『GODZILLA ゴジラ』などのギャレス・エドワーズ。  最初に公開された『スター・ウォーズ』エピソード......
ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー (だらだら無気力ブログ!)
いやぁ最高やった。SWファンなら楽しめるんじゃないかな。
映画:ローグ・ワン Rogue One  絶賛の嵐の中、当ブログの感想は予想外にも... (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
ちらほらと、いい評判が聞こえつつあり、これはヤバいと初日に。 様々なメディアからの情報を期せずして大量に吸い込んでしまわないうちに... でその感想は.... 最後まで、......
ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー (Akira's VOICE)
とんでもない悲劇。 この上ない希望。 むせび泣く!  
ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー・・・・・評価額1750円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
ここに夢はない、だが希望はある。 「エピソード7/フォースの覚醒」で幕を開けた、新生「スター・ウォーズ」シリーズ第二弾は、「エピソード4/新たなる希望」の直前、銀河帝国......
ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー / Rogue One: A Star Wars Story (勝手に映画評)
スター・ウォーズ「エピソード4 新たなる希望」の直前に行われた、「デス・スター」の設計図を盗むための反乱軍のミッションを描く作品。 いつもの“a long time ago in a galaxy far far away......
ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー(2D 字幕版) (タケヤと愉快な仲間達)
監督:ギャレス・エドワーズ 出演:フェリシティ・ジョーンズ、ディエゴ・ルナ、ベン・メンデルソーン、ドニー・イェン、ッツ・ミケルセン、アラン・テュディック、チアン・ウェ......
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(2016) (【徒然なるままに・・・】)
ネタバレします。ルーカス・フィルムのロゴ、「遠い昔、遥か彼方の銀河で」というお馴染みのテロップに続き…オープニングテーマなしでいきなり物語は始まります。正編ではない、......
[映画『ローグワン/スターウォーズ・ストーリー』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・凄く良かった。 途中から、チーム全員が「自己犠牲(特攻)」に到ると予感され、身体がちょい震えた。 6人の侍+1チーム。 クライマックスで、なんともアナクロな重......
[映画] ローグ・ワン (12時間Blog)
「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」を川崎109シネマズにて観て来ました 昨年公開された「Ep7 フォースの覚醒」と来年公開予定の「Ep8」との間に挟まれるカタチで、いよ......
ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【ROGUE ONE A STAR WARS STORY】2016/12/16公開 アメリカ 134分監督:ギャレス・エドワーズ出演:フェリシティ・ジョーンズ、ディエゴ・ルナ、ベン・メンデルソーン、ドニー・イェン、マッツ......
『ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー』 2016年12月17日 TOHOシネマズ日劇 (気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!-)
『ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー』 を鑑賞しました。 やっぱりスター・ウォーズは日劇で。 【ストーリー】  帝国軍の誇る究極兵器デス・スターによって、銀河は......
映画「ローグ・ワン / スターウォーズ・ストーリー(IMAX・3D)」感想 (帰ってきた二次元に愛をこめて☆)
ローグ・ワン、面白かった!! これぞ映画!映画の醍醐味、観る快感を存分に味わわせてくれる!! 帝国であろうと反乱軍であろうと戦争は綺麗事じゃない。その中で精一杯命......
ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー (風に吹かれて)
希望を託して 公式サイト http://starwars.disney.co.jp/movie/r1.html 監督: ギャレス・エドワーズ  「モンスターズ/地球外生命体」 「GODZILLA ゴジ
「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2016年・アメリカ/ルーカス・フィルム.Ltd 配給:ディズニー原題:Rogue One: A Star Wars Story 監督:ギャレス・エドワーズオリジナル原案:ジョージ・ルーカス原案:ジョ
『ローグ・ワン』をトーホーシネマズ日本橋7で観て、各論賛成映画だふじき★★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
▲ソウ・ゲレラはともかく、オーソン・クレニックがローグ・ワンの振りしちょるのはいったい何でだ? 五つ星評価で【★★★★これがベストと思ってはいないがベターなSW】 ......
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』 (時間の無駄と言わないで)
個人的には「GODZILLA」がイマイチだったので、そのギャレス・エドワーズが監督するって時点でだいぶハードル下がっちゃいまして。 そのせいもあってか凄い面白かった。 とはいえ......
フォースがなくてもフォースとともに。(わわわわわ)~ローグ・ワン スターウォーズ...... (ペバーミントの魔術師)
最初、スピンオフでジェダイも出てこないのにおもろいのかな~ともおもいつつ。それが意外にどんどんストーリーが進むにつれてのめりこんでいったからびっくり。・・・・・ついで......
スターウォーズ (もののはじめblog)
ローグワン ことしは、正月に「フォースの覚醒」を見たので『スターウォーズ』は2本目。 第一作『スターウォーズ』の直前を描くスピンオフ作品。 敵の帝国軍の究極の兵器<デス......
「ローグ・ワン」Rogue One: A Star Wars Story (事務職員へのこの1冊)
エピソード7特集はこちら。人はだいたい、自分がなりたいようになる。少なくともそうなろうと努力する。わたしは年末に・地元の映画館で(といってもクルマで40分もかかる)・スタ......
No.555 ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー (気ままな映画生活)
「スター・ウォーズ」シリーズの「エピソード3 シスの復讐」と「エピソード4 新たなる希望」をつなぐ、これまで語られることのなかった物語を映画化。「エピソード4 新たなる希望」......
ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー (本と映画、ときどき日常)
監督 ギャレス・エドワース 出演 フェリシティ・ジョーンズ     ディエゴ・ルナ     ベン・メンデルソーン 帝国軍の最強兵器デス・スター。 それを作った父のメッセー......
映画「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」 (FREE TIME)
元日はファーストデーなので、映画「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」を鑑賞しました。
『ローグ・ワン』 (ブリットの休日)
“希望は、死なない――。”  今年一発目の劇場観賞作品はやっぱり『ローグ・ワン』です。長年この「スター・ウォーズ」シリーズをすべて劇場で観たものにとっては、これはもう......
「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」 名もなき戦士たち (はらやんの映画徒然草)
「スター・ウォーズ」シリーズ初のスピンオフ映画「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・
ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー (映画好きパパの鑑賞日記)
 スターウォーズシリーズは全部見ているとはいえ、それほど思い入れがなく、キャラなども多すぎて把握していません。それでも1作目(エピソード4)のデス・スターぐらいは覚え......
ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー (セレンディピティ ダイアリー)
「スター・ウォーズ」シリーズのスピンオフ、「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・スト
『ローグ・ワン / スター・ウォーズ・ストーリー』 (beatitude)
銀河全体を脅かす帝国軍の究極兵器“デス・スター”の設計図を入手するため、反乱軍は極秘チーム<ロ―グ・ワン>を結成。情報将校キャシアン・アンドー(ディエゴ・ルナ)、盲...
ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー 3D (そーれりぽーと)
『新たなる希望』の10分前までの話。『ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー』をIMAXレーザーの3Dで観てきました。 ★★★★★ 中盤までの緩い展開を若干退屈にも感じてし......
「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」 (或る日の出来事)
期待しすぎたか。
「ローグワン/スターウォーズストーリー」 (Con Gas, Sin Hielo)
潔く美しい使い捨て。 新しく誕生したトランプ大統領と真っ向から対立しているショウビズ業界。本作の舞台設定をみると、やはり考え方の根本が違うことを実感する。 1年前に公......
ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー Rogue One: A Star Wars Story (まてぃの徒然映画+雑記)
スター・ウォーズのサイドストーリーとしてエピソード4『新たなる希望』の直前、デス・スターの設計図を帝国軍から反乱軍が盗み出すストーリー。 帝国の科学者としてデス・スタ......
いかにしてデス・スター設計図を手に入れたか! (笑う社会人の生活)
25日のことですが、映画「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」を鑑賞しました。 帝国軍の誇る兵器デス・スターにより銀河は混乱と恐怖にさらされていた。窃盗、暴行、......