パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞、未公開DVD、お気に入り自己所有のビデオ・DVDの感想などネタバレ有りで記録しています。

マグニフィセント・セブン★★★・5

2017年01月30日 | アクション映画ーマ行
黒澤明の傑作『七人の侍』と同作をリメイクした『荒野の七人』を原案にした西部劇。冷酷非道な悪に支配された町の住人から彼を倒してほしいと雇われた、賞金稼ぎやギャンブラーといったアウトロー7人の活躍を追う。メガホンを取るのは、『サウスポー』などのアントワーン・フークア。『トレーニング デイ』『イコライザー』でフークア監督とタッグを組んだデンゼル・ワシントン、クリス・プラット、イーサン・ホーク、イ・ビョンホンらが結集する。熱いストーリーと迫力のアクションに注目。
あらすじ:悪漢バーソロミュー・ボーグ(ピーター・サースガード)によって牛耳られ、絶望を感じながら生きているローズ・クリークの町の人々。住民の一人であるエマ・カレン(ヘイリー・ベネット)は、賞金稼ぎのサム(デンゼル・ワシントン)、ギャンブラーのジョシュ(クリス・プラット)、流れ者、拳銃の達人といった7人の男を雇って、バーソロミューの手から町を救い出すように頼む。金のためと割り切って戦いに身を投じるサムやジョシュだったが……。

<感想>舞台は、1879年の米国西部の町ローズ・クリーク。極悪非道な実業家の横暴に苦しむ開拓民に、7人のアウトローが助っ人として雇われる。圧倒的多数の悪に対して、誇り高き7人が挑むシンプルなプロットを踏襲しながら、アントワーン・フークア監督流の怒涛のアクションが展開する。男の美学が貫かれた西部劇を作り上げている。

主人公の人種や変更や、彼が戦う動機に新解釈が加えられたが、『荒野の七人』への愛は深いと感じた。そして、ワシントン扮するチザムの漆黒色の衣装は、ブリンナーを踏襲していて、7人が横に並んで馬に乗る場面も同じ構図だというから。町の住人はなけなしの金を集め、彼らの報酬として迎えるのだが、ガンマンたちにとって命の危険に値する金額ではなかった。それでも戦う男たちの誇りは「七人の侍」から受け継いだようである。

多種多様な戦闘シーン。銃やナイフ、トマホーク、弓矢など武器の種類に合わせた戦闘シーンもバリエーション豊かで見応えあります。クリント・イーストウッド作品のスタントチームが参加した馬上アクションもド迫力に決まってました。それに、早撃ちの名手であるセル・リードが俳優たちを指導する。バレエのように舞う二挺拳銃やロビショーの狙撃スタイルなど、7人のキャラにあったガン・アクションをご覧あれ。ワシントンは、反射神経の良さを生かして一挺拳銃の早撃ちに挑戦している。

美学を貫く7人には、町を救うために立ち上がる最初の男で、7人のリーダーとなる治安官のサム・チザムに、デンゼル・ワシントンが、クリス同様で銃の名手であり戦術家でもある。

ジヨシュ・ファラデーにはクリス・ブラットが、チザムを補佐し、ムードメーカーにもなる流浪のギャンブラーであり、凄腕のガンマンでもある。ヴィンを演じたスティーヴ・マックイーン)的な人物でもある。彼が敵地へ行き、何度も撃たれながらも放るまずに、ガトリング銃をダイナマイトで爆破させるシーンは見事であった。

グッドナイト・ロビショーに、イーサン・ホークが扮しており、南北戦争で活躍した狙撃手でもあり、チザムの旧友といった点と、過去のトラウマを抱えている。

ビリーには、イ・ビョンホンが扮して、ロビショーの相棒でもある東洋人の暗殺者。銃も使うがナイフを得意としている。寡黙なナイフ使いを演じたブリット役のジェームズ・コバーンを彷彿とさせる。
バスケスに扮したのは、マヌエル・ガルシア・ルルフォ。流れ者のメキシコ人であり、血がたぎる場を求めて戦いに参加する。賞金首となっている点では、ロバート・ヴォーン扮するリーと同じでもある。

ジャック・ホーンにヴィンセント・ドノフリオが扮して、山林で暮らす武骨な巨漢のハンタ-。粗野だが心の優しい持ち主でもあり、決戦での戦いぶりは、チャールズ・ブロンソンが演じたオライリーに通じる。レッドハーベストにマーティン・センズメアーが扮しており、ネイティヴ・アメリカンの戦士であり、パワー系の歴戦の勇者という意味ではオライリーに近いが、年齢は一番若い。

そして、悪辣な実業家ボーグに扮したのが、ピーター・サースガードであり、町を支配して北の将軍様気取りだ。夫を殺された町のエマ(ヘイリー・ベネット)は、用心棒を探す旅に出て途中で、チザムに遭遇する。そして、200人超の軍隊並みの人数と装備で攻めてくるボーグ一味に対して、7人だけで立ち向かうのはさすがに無謀だと思った。

それで、町の住人たちを鼓舞し、銃を撃ったこともない彼らに戦闘の技術を仕込むべく、7人は特訓をしてやる。それに、町に来る手前に大きな長い穴を掘り、その下に町の住人を入れて、斧や竹やりスコップなどで待ちかまえさせる。そして、ダイナマイトを埋め込むのだ。

今までの「七人の侍」「荒野の七人」の主人公は、見ず知らずの村人のために主に義侠心から戦っていたが、今回のチザムには戦わずにいられない理由を設定していた。最後に悪玉のボーグと対峙して明かされる衝撃な出来事に、思わずこれは敵討ちだと思った。
それに、悪辣な実業家ボーグが持つ、1879年当時の最新兵器であるガトリング銃が登場したのは今作が初めて。回転式の銃身で1分間に200発以上の弾丸を発射する驚異的な殺傷力にさらされて、最終決戦では熾烈な戦いも見どころの一つですから。ここでは、クリス・ブラットが単身で敵地へと殴り込みに行き、途中で何度も撃たれながらも必死でガトリング銃を征すのですから。

アクション映画としての面白さを追求しており、最終決戦をスペクタル性豊かにたっぷりと時間をかけて見せている。いかにも現代の映画らしい民族構成の七人は、各々の得意技が発揮される見せ場をきっちり用意されており、ドンパチはド派手目で娯楽至上主義な作りで、最期まで飽きることなかった。
みなカッコいいのだが、とりわけネイティブ・アメリカンの若者レッドハーベストが、弓を引く姿の美しさに感動しましたね。そして、とどめとばかりに、エルマー・バーンスタインの、「荒野の七人」のテーマ曲が流れた時には、何だかんだ行っても厚くなりましたよ。
2017年劇場鑑賞作品・・・20
アクション・アドベンチャーランキング
『映画』 ジャンルのランキング
トラックバック (26)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ドクター・ストレンジ ★★★★★ | トップ | スノーデン ★★★ »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

26 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
劇場鑑賞「マグニフィセント・セブン」 (日々“是”精進! ver.F)
悪は、必ず倒す… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201701280000/ 【輸入盤】Magnificent Seven [ マグニフィセント・セブン ]
マグニフィセント・セブン (ハリウッド映画 LOVE)
  デンゼル・ワシントンかっこよかったー!
マグニフィセント・セブン (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★【3点】(12) 『荒野の七人』シリーズが個人的にダメダメだったので
マグニフィセント・セブン (C’est joli ここちいい毎日を♪)
マグニフィセント・セブン '16:米 ◆原題;THE MAGNIFICENT SEVEN ◆監督:アントワン・フークア「サウスポー」「エンド・オブ・ホワイトハウス」 ◆主演:デンゼル・ワシントン、クリス・...
マグニフィセント・セブン (あーうぃ だにぇっと)
マグニフィセント・セブン@ニッショーホール
マグニフィセント・セブン (♪HAVE A NICE DAY♪)
「七人の侍」は観てないので 勝手に大好きな「アンタッチャブル」な感じをちょっと想像してたんですが。。。 おほほほ・・・ 町を守る為に戦う7人。 かっこいいんだけど内容が......
マグニフィセント・セブン 監督/アントワーン・フークア  (西京極 紫の館)
【出演】  デンゼル・ワシントン  クリス・プラット  イーサン・ホーク  イ・ビョンホン  ヘイリー・ベネット  ピーター・サースガード 【ストーリー】 悪漢バーソロミュー・......
映画:マグニフィセント・セブン The Magnificent Seven ちょっと悩ましい出来の、超「名門」...... (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
名画「荒野の七人」(1960年)のリメイク。 そもそもは日本映画「七人の侍」(1954年)がそのルーツ。 という超「名門」な血筋(笑) そこで考えるに、再映画化のポイント......
「マグニフィセント・セブン」☆湧きたつ西部劇の基本 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
『あの』曲が流れただけでもういいの♪ 何度もテレビの再放送で見た「荒野の7人」が好きすぎて☆ たとえこのリメイク作品がそれぞれの個人的背景が描かれなさすぎても・・・・......
[映画『マグニフィセント・セブン』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・面白かった。 定番の物語を、最新の技術でゴージャスに撮っていた。 7人のサムライたちもヴァラエティ豊かで良かった。 ・・・ちょっと気になったのが、「視点の都合......
マグニフィセント・セブン・・・・・評価額1600円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
誰のために、銃を抜くのか。 予想以上にイイ(・∀・)!  伝説的な「七人の侍」「荒野の七人」をベースに、21世紀にリブートした西部劇。 主演のデンゼル・ワシントンと、漢の映......
マグニフィセント・セブン (本と映画、ときどき日常)
監督 アントワーン・セブン 出演 デンゼル・ワシントン     クリス・フラット     イーサン・ホーク 悪者に町を乗っ取られそうになった住民。 町を救ってほしいとあれ......
マグニフィセント・セブン (風に吹かれて)
人種多様の7人 公式サイト http://www.magnificent7.jp 監督: アントワーン・フークア  「クロッシング」 「エンド・オブ・ホワイトハウス」 「イコライザー」 「サウスポー」
【映画】マグニフィセント・セブン(2016) (アリスのさすらい映画館)
 マグニフィセント・セブン(2016) アメリカ 原題:The Magnificent Seven 監督:アントワーン・フークア 脚本:ニック・ピゾラット/リチャード・ウェンク 出演:デンゼル・ワシン...
マグニフィセント・セブン (だらだら無気力ブログ!)
なんだかんだで魅入ってしまった。
「マグニフィセント・セブン」、黒沢明の「七人の侍」、ハリウッドリメイクの「荒野の...... (ひろの映画見たまま)
おすすめ度 ☆☆☆★(劇場鑑賞) 西部劇好き ☆☆☆☆ 「荒野の七人」から50年。 基本の展開は抑えながら、現代の西部劇として登場。 今回、7人は、それぞれ人種が違う、......
「マグニフィセント・セブン」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2016年・アメリカ/MGM=コロムビア配給:ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント 原題:The Magnificent Seven 監督:アントワン・フークア脚本:ニック・ピゾラット、リチャード
マグニフィセント・セブン 【劇場で鑑賞】 (映画B-ブログ)
黒澤明の傑作『七人の侍』とそのリメイク版で ある『荒野の七人』を原案にした西部劇で、 主演をデンゼル・ワシントン、監督をアントワーン ・フークアと『イコライザー』のコンビ......
『マグニフィセント・セブン』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「マグニフィセント・セブン」□監督 アントワン・フークア□脚本 ニック・ピゾラット、リチャード・ウェンク□キャスト デンゼル・ワシントン、......
かっこいいよ、かっこいいんだけどね・・・~「マグニフィセント・セブン」~ (ペバーミントの魔術師)
イビョンホンなかなかよかったですね~。寡黙でナイフ使いってめちゃめちゃ好みでした。(聞いてない聞いてない)・・・・ただ、この映画が七人の侍だの、荒野の七人だのの焼き直......
タイトルデザイン_48 Shine Studio『マグニフィセント・セブン(The Magnificent Seven)』アントワー...... (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容に触れています。『マグニフィセント・セブン』The Magnificent Seven 監督 : アントワーン・フークア出演 : サム・チザム:デンゼル・ワシントンジョシュ・ファラデー:クリス
『マグニフィセント・セブン』(2016) (【徒然なるままに・・・】)
金を採掘し、町を牛耳っている資産家バーソロミュー・ボーグ。遂に町の住民たちはなけなしの財産をかき集め、ボーグ一味に対抗する用心棒を雇うことに。集められたのは保安官にし......
マグニフィセント・セブン/THE MAGNIFICENT SEVEN (我想一個人映画美的女人blog)
黒澤明監督「七人の侍」('54)を基にしたジョン・スタージェス監督「荒野の七人」('60) どちらの魂も受け継ぎながらリメイク作品としたのは、 「トレーニング デイ」「...
マグニフィセント・セブン (とりあえず、コメントです)
デンゼル・ワシントン、クリス・プラット、イーサン・ホークらを主人公に『荒野の七人』を原案にした西部劇です。 実は西部劇は苦手なジャンルなのですけど、これだけのスター俳......
マグニフィセント・セブン (映画好きパパの鑑賞日記)
 黒澤明監督の「七人の侍」を翻案した「荒野の七人」をリメイクした作品。ガンマンたちに白人以外が含まれるので、アメリカではヒットしませんでしたが、トランプ大統領時代にな......
マグニフィセント・セブン (そーれりぽーと)
『七人の侍』と言うよりは、『荒野の七人』のリメイク。 『マグニフィセント・セブン』を観てきました。 ★★★ 現代のハリウッド映画のルールから、人種の入り混じった不思議な......