パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞、未公開DVD、お気に入り自己所有のビデオ・DVDの感想などネタバレ有りで記録しています。

LION/ライオン ~25年目のただいま~★★★★・5

2017年04月12日 | アクション映画ーラ行
『英国王のスピーチ』などのプロデューサー、イアン・カニングが製作に名を連ねた実録ドラマ。幼少時にインドで迷子になり、オーストラリアで育った青年が Google Earth を頼りに自分の家を捜す姿を追う。メガホンを取るのは、テレビシリーズや短編などを手掛けてきたガース・デイヴィス。『スラムドッグ$ミリオネア』などのデヴ・パテル、『ドラゴン・タトゥーの女』などのルーニー・マーラ、名女優のニコール・キッドマンらが顔をそろえる。

<感想>実話を基にした映画は数多く制作され、そんな「ありえない実話」の傑作映画といえば、アカデミー賞監督ダニー・ボイルが、手首を岩に挟まれた登山者の極限のサバイバルを描いた「127時間」を思い出すのだが、そんな実話の映画が毎年賞レースを賑わせているが、ここまで驚きに満ちた物語は、それほど多くはないかもしれない。何しろ主人公はインドの貧しい家庭に生まれた5歳のサルー。大好きな母親の為に手伝いに精を出す、健気な男の子だ。

幼いサルーに抜擢されたのは、数千人から発掘されたサニー・パワール。初演技とは思えない圧倒的な存在感に注目です。

青年期のサルーには、「スラムドッグ$ミリオネア」のデブ・パテルが演じているほか、彼の聡明な恋人を「キャロル」のルーニー・マーラが好演。

ある過去を抱えながら(夫婦で子供を持たないで、恵まれない子供たちを引き取って育てようと)運命に導かれるように養母となったスーを、自身も養子を育てているニコール・キッドマンが演じて、養父にはデヴィッド・ウェンハムが扮している。
兄の仕事について行ったある日のこと、貨物列車の石炭を盗み、それを持って街へ行きビニール袋に入った牛乳2つと交換。それを家へ持っていき、母親に渡しての食事だ。小さな妹もいる。そんな貧しい家庭の子共はインド、バングラデッシュ、アフリカなど世界中にいるのだ。

そのインドの5歳の男の子サルーの物語。兄に置いて行かれて回想列車に潜り込み寝込んでしまう。知らぬ間に大都市のコルカタへとたどり着き、迷子になってしまう。うろうろしていると、路上生活をしているガード下に、段ボールに包まっている孤児たちと出会う。

そこへ福祉施設の人たちが来て、子供たちを車に乗せて孤児院へと入れられてしまう。施設に入ったサルーは、夜な夜な職員の男が大きい少年を連れて何処かへ行く、つまり小児虐待です。大人が子供を相手に自分の欲求を満たすために、夜な夜な性の奴隷として連れて行くわけ。その他にも、里子に向かない大きい子供とかは、臓器売買で殺されてしまうのだろう。

サルーは、まだ幼いために里子として、オーストラリアのタスマニアの元へと引き取られる。ラッキーボーイであるサルー。優しい養父母のもとで何不自由なく暮らしながらも、そこへ施設でいつも壁に頭を打ち付けていた問題児の兄も引き取られる。

それからの養父母は、その精神的にダメージを受けている兄に振り回されながらも、サルーは大学へ入りそして、その毎日で埋められない喪失感を抱え初め、わずかに残る記憶を頼りにGoogle Earth を駆使して生家を探し始める。
冒頭でのシークエンスが圧巻であり、幼いサルーが眠っている間に、列車で遠くまで運ばれ、言葉も分からないまま知らない人ばかりの街で、一人彷徨う長いシークエンスでは、セリフもなく雑然としている背景音はあるものの演出としてはサイレント映画のよう。不安と恐怖と痛いけなさと同時に、発奮する勇敢さを体の動き全体と、表情で見せきった子役の力が凄いと感じた。

あまりにも愛らしい幼いサルーのインドでのサバイバルと、母と兄が残っているであろう故郷を思うあまり、葛藤を抱えて悩み苦しむ現在の姿。その両方を行きつ戻りつしながら、ルーツ探しの旅、彼のアイデンティティ探究をダイナミックに、かつ繊細に描写しているのが良かった。
時には、取り憑かれたようになりながらも欠けたピースを求めて、旅立った主人公が最後に見つけたもの、そしてタイトルにもある“ライオン”の意味が分かるラストには感動をより大きなものにしている。タイトルの”ライオン”とは、サルーが自分の名前を忘れてしまっていたことが、ヒントです。

2017年劇場鑑賞作品・・・81アクション・アドベンチャーランキング
『映画』 ジャンルのランキング
トラックバック (21)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« レゴバットマン ザ・ムービ... | トップ | T2 トレインスポッティング... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

21 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『LION/ライオン 25年目のただいま』 2017年3月24日 よみうりホール (気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!-)
『LION/ライオン 25年目のただいま』 を試写会で鑑賞しました。 相変わらず、よみうりホールは寒かった 【ストーリー】  インドのスラム街。5歳のサルーは、兄と遊んでいる最中......
LION/ライオン ~25年目のただいま~ (あーうぃ だにぇっと)
LION/ライオン ~25年目のただいま~@よみうりホール
LION/ライオン ~25年目のただいま~ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(11) 前情報完全シャットアウト(予告編すら観ない)で行ってきた。
『LION/ライオン〜25年目のただいま〜』 (こねたみっくす)
大好きな兄ちゃんへ、25年目のただいま。 オーストラリアへ養子に出された青年が、インドで生き別れた家族をグーグルアースを使って25年ぶりに再会するという実話。その影にある家......
映画:LION/ライオン ~25年目のただいま~ Google Earth 万歳!以上終わり、じゃなくて… (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
主人公サルー(写真)は、片親の母を支えようとする兄をサポートし、街で稼ごうとする日々。 そんなある日、兄に指示され隠れていた回送列車で待つうちに寝入ってしまい、何......
LION ライオン 25年目のただいま (Spice -映画・本・美術の日記-)
「LION ライオン 25年目のただいま」 よみうりホール(試写会) 1986年、インドで暮らす5歳の少年サルー(サニー・パワール)は、兄(アビシェーク・バラト)と仕事を探しにでかけた
LION ライオン 25年目のただいま (セレンディピティ ダイアリー)
5歳で迷子になったインドの少年が、養子として育ったオーストラリアから25年の歳月を経て、Google Earthを使って生まれ故郷を探し出したという実話に基づくドラマ。デヴ・パテル、ニコ......
LION ライオン 25年目のただいま~/LION (我想一個人映画美的女人blog)
やっぱり涙なしに観られなかった実話。 後半からエンドロールまで泣いてしまった〜 5歳で迷子になり、オーストラリア人夫婦の養子として育てられたインドの少年が、 大人に......
LION/ライオン ~25年目のただいま~ (試写会) (風に吹かれて)
その名はライオン 公式サイト http://gaga.ne.jp/lion4月7日公開 実話の映画化 原作: 25年目の「ただいま」  5歳で迷子になった僕と家族の物語 (サルー・ブライアリー著/静山
「LION/ライオン~25年目のただいま」☆無垢な瞳 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
予告編から毎回涙ぐんでしまう映画。 映画もサルーの幼い無垢な瞳に完全にノックアウトされ、冒頭からなんだか泣けて・・・・・・
LION/ライオン ~25年目のただいま~ (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【LION】 2017/04/07公開 オーストラリア 119分監督:ガース・デイヴィス出演:デヴ・パテル、サニー・パワール、ルーニー・マーラ、デヴィッド・ウェンハム、ニコール・キッドマン、ア......
LION/ライオン ~25年目のただいま (映画好きパパの鑑賞日記)
 予告編からグーグルのPR映画かと思いきや、インドで貧しい少年が迷子になっている場面に半分ぐらいを裂き、親子の再会シーンはわかっていながら、うるっときました。なかなか......
LION/ライオン ~25年目のただいま~(2016)**LION (銅版画制作の日々)
Movix京都にて鑑賞。こんな奇跡のようなお話があるとは驚き!しかもグーグルアースでね。でも実話だそうで、ラストでは実際の人たちが映るのであぁ~やっぱりそうなんだと......
LION ライオン 25年目のただいま (映画と本の『たんぽぽ館』)
自分を取り戻すために * * * * * * * * * * 1986年、インドのとある街のスラム街。 5歳の少年サルーは兄と仕事を探しに出かけ、 兄を待っているうちに停車中......
「Lion/ライオン〜25年目のただいま〜」 (ここなつ映画レビュー)
感動作に涙したくて鑑賞。実話を元にした内容だという。ストーリーをネタバレしてしまうと、5歳の時のある夜、兄を待つ間に暖を取るために乗った停止中の回送列車が寝ている間に......
LION/ライオン 25年目のただいま (映画的・絵画的・音楽的)
 『LION/ライオン 25年目のただいま』を渋谷シネパレスで見ました。 (1)アカデミー賞の6部門にノミネートされた作品ということで、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭......
「LION/ライオン ~25年目のただいま~」 (或る日の出来事)
Google、株、上げたな!?
「LION/ライオン 25年目のただいま」 (Con Gas, Sin Hielo)
1,600kmも回送で走る列車があるなんて。 大海を隔てて離れ離れになった母と子が25年ぶりに奇跡の再会を果たす。それが実話だと言うのだから事実は小説より奇なり、映画にはうってつ......
Google Earthの奇跡。~「LION ライオン 25年目のただいま」~ (ペバーミントの魔術師)
5歳の子供が夜中になんかの仕事をしようと思ってもそりゃ起きてらんないわな。なんでもお兄ちゃんの後を追っかけて同じようにやろうとおもってもやっぱり幼児。勝手に忍び込んで......
「LION/ライオン 25年目のただいま」 (元・副会長のCinema Days)
 (原題:LION)実録映画だが、実話であることに寄り掛かったような作りで、内容自体は褒められたものではない。しかも、よく考えれば題材そのものも特にクローズアップされるよ......
17-167「LION ライオン 25年目のただいま」(オーストラリア) (CINECHANが観た映画について)
ナイスじゃなくてナイフ  優しい養父母のもと、オーストラリアで何不自由なく育った青年サルー。友人や恋人にも恵まれ、幸せな日々を送る彼だったが、ひとつだけ誰にも言えない......