パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞、未公開DVD、お気に入り自己所有のビデオ・DVDの感想などネタバレ有りで記録しています。

殿、利息でござる!★★★★

2016年05月12日 | アクション映画ータ行
『武士の家計簿』の磯田道史が江戸時代に貧しい町を救うために奇想天外なアイデアで藩主に立ち向かった実在の商人の知られざる感動歴史秘話を綴った評伝『穀田屋十三郎』を「予告犯」「残穢【ざんえ】 -住んではいけない部屋-」の中村義洋監督、「舞妓 Haaaan!!!」「夢売るふたり」の阿部サダヲ主演で映画化した痛快人情時代劇コメディ。共演は瑛太、妻夫木聡、竹内結子、松田龍平、山崎努。また、フィギュアスケーターの羽生結弦選手が殿様役で映画初出演を果たしたことも話題に。

<感想>仙台藩の感動歴史実話である本作、1週間早くに先行上映で観ました。冒頭シーンで、瑛太さん演じる菅原屋篤平治が、可愛らしいお嫁さんを連れて吉岡宿に帰ってくるシーンから始まり、瑛太さんは京からお茶の葉っぱを仕入れて、新しく東北仙台藩でもお茶を栽培することに夫婦で尽力を注ぎます。
吉岡宿は、現在でも宮城県の北部にあり、この映画の主人公である穀田屋十三郎の家と、店も造り酒屋を営んでおります。その主人公であります穀田屋十三郎に、阿部サダヲが演じており、ドタバタコメディではなくお金が絡んだ真剣な人間模様を描く中で生まれる、面白さ、可笑しさを自然に体現する彼の名演技、抜群の表現力で演じているのがいい。

金策に困る仙台藩は、農民や町人への重税によって藩政の予算を捻出していたわけだが、藩内の小さな宿場町、吉岡宿の将来を憂う造り酒屋の穀田屋十三郎が、知恵者の茶師である菅原屋篤平治に相談するも、菅原屋が軽く言った奇策に光明を見出すのであります。
それは、藩に大金を貸し付けて利息を回収するという、「庶民がお上から年貢を取り戻す」逆転の発想から生まれたものだったのです。3億円もの大金を水面下で集める前代未聞の計画であり、お金が千両=現在の金で3億円相当、集まるまで藩に計画が知れたら関係者は”打ち首”確実になるということ。

「この行いを末代まで自慢してはならぬ」という“つつしみの掟”のもと、十三郎と弟の甚内(妻夫木聡)らは、私財を投じて千両を集めようと奔走するのであった。大好きな風呂も、井戸水を被ってガマンして、お酒も食事も、宝物も家財道具も売り払い、家族を奉公に出して、家を売り払ってでもとにかくひたすら小銭を貯めるのであった。
ですが、やっと仙台藩の財政担当役人である強欲の萱場杢(松田龍平)の許可を得たものの、金の小判で千両を出すなら良いというもの。嘆願書には金千両にあたる寛永通宝五千貫文(五百万枚)を献上すると記載していたのだが、少しずつ鋳造が進み銭相場が下がっていることに着目した、藩の財政担当の萱場は、寛永通宝ではなく金の小判で提出するようにと要請してきたのだった。
何とも悪どい萱場杢、かき集めた千両は、金の小判は、宿場では流通しておらず集めたのは寛永通宝のみ。貨幣価値の差額である、更に八百貫文を上乗せされ、意気消沈していた十三郎と菅原屋だった。これからその差額分を集めなければならなく、その金の工面はどうしたらよいものやら途方に暮れる十三郎であった。

ここまできて諦めることは出来ないと、皆で相談して、先代の浅野屋甚内(山崎努)が、十三郎の父親であり、長男の十三郎を養子に出して、次男の甚内(妻夫木聡)が跡取りになった。だが、それには訳があって、実は弟は目が不自由であり、父親が健康な兄の十三郎を養子に出したと言うこと。それに、父親は銭の亡者、人でなし呼ばわりされるほどの強欲じじいとみんなに言われてきたのだが、実は、前々からカメの中に小銭を集めては、吉岡宿の行く末を案じて、何とか末代までこの宿場を残したいと思っていたということが解るのだ。このことが、最後で知った兄貴の十三郎は、今まで父親を恨み、弟を恨んでいたことを恥つつ、涙、涙のお話であります。
計画はなかなか進まず、悩める十三郎を勇気づけたのは、まだ若い息子・音右衛門(重岡大毅)が養子に出て残りの金を工面するという潔い決断であった。
私欲を捨てて、町お越しと子孫繁栄のために尽くすみんなの姿に感動します。

伊達の殿さまを演じた、羽生結弦くんの凛とした佇まいと、その立ち居振る舞いから目力の強さ、澄んだ声まで、殿様としての説得力に満ち溢れておりました。

”9人の同士がそれぞれ工面した金額”浅野屋甚内  銭二千貫文、 穀田屋十三郎 銭五百五十貫文、 菅原屋篤平治 銭五百五十貫文、千坂仲内   銭五百五十貫文、遠藤幾右衛門 銭五百五十貫文、 穀田屋十兵衛 銭五百五十貫文、
遠藤寿内   銭五百五十貫文、 早坂屋新四郎 銭三百貫文、 穀田屋善八  銭ニ百貫文。
浅野屋甚内には妻夫木聡、千坂仲内には千葉雄大、遠藤幾右衛門には寺脇康文、遠藤寿内には西村雅彦、穀田屋十兵衛にはきたろう、早坂屋新四郎には橋本一郎、穀田屋善八には中本賢、居酒屋のときには竹内結子、先代の浅野屋の妻には草笛光子など、豪華な配役でとても面白く、お金の話なのにギスギスとした展開にはならずに、それはまるで喜劇でも観ているかのようでした。
それにしても、小さな村で、よくぞ千両という大金を集めたものだと感心しつつ、そのことを口外せずに今まで、仙台に住んでいる私たちまでもが知らなかったなんてね、江戸時代の身分制度が映画の中から垣間見れて良かったですよ。
2016年劇場鑑賞作品・・・94映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング
『映画』 ジャンルのランキング
トラックバック (25)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マノレテ/情熱のマタドール★★★ | トップ | 真夜中のギタリスト★★ »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

25 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
殿、利息でござる! (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★☆【4.5点】(11) 泣いて笑って最後はハッピーエンド!まさかこの映画で泣けるとは
劇場鑑賞「殿、利息でござる!」 (日々“是”精進! ver.F)
無私の心… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201605150000/ 無私の日本人【電子書籍】[ 磯田道史 ]価格:630円 殿、かねささでござる!価格:540円(税込、送料別)
殿、利息でござる! (映画好きパパの鑑賞日記)
 笑って泣けて、感動できる素晴らしい作品。これが実話だということで、日本のこの美しい心を、今に伝えたいという気持ちにかられました。お金の勉強にもなるし、お勧めです。  作品情報 2016年日本映画 監督:中村義洋 出演:阿部サダヲ、瑛太、山崎努 上映時間:...
殿、利息でござる! (勝手に映画評)
江戸時代中期の1770年代に仙台藩の吉岡宿の領民が、仙台藩に1000両という大金を貸し付けて、その利息を持って宿場の繁栄を目指したという事実に基づく作品。 正直、あんまり期待しないで見に行ったんですが、いい意味で期待を外されました。意外に良かったし、勉強になり...
「殿、利息でござる!」こんな映画やったんや! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[殿、利息でござる!] ブログ村キーワード  実話がベースの歴史物。「殿、利息でござる!」(松竹)。さして予備知識も入れずに、『コメディっぽいのかな~』ぐらいの軽~い気持ちで見に行ったのですが、なんとこれが!驚きの映画でございました。  江戸時代中期の...
[「殿、利息でござる!」☆舛添さん観てください (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
歴史家・磯田道史による評伝「無私の日本人」に収録されている一編「穀田屋十三郎」を映画化したと後で知って納得。 まさかのこんなに泣ける人情映画だったとは!!ハンカチ用意するの忘れていて、焦ってしまったわ。
殿、利息でござる! (にきログ)
さてさて相変わらず映画の感想ですね 今回は時代劇でしたが 見に行ったら年齢層の高さに驚きました 以前「駆込み女と駆出し男」を見に行ったときはあんまり感じなかったんで で、この作品予告やポスターはコメディ押しでしたが実際は人情モノでしたね コミカルな場...
殿、利息でござる!・・・・・評価額1650円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
これが庶民の生きる道。 江戸時代の仙台藩で、百姓たちが藩にお金を貸して利息をとったという、実話ベースの物語。 森田義光監督で映画化された、「武士の家計簿」で知られる歴史家・磯田道史による「無私の日本人」の中の一編「穀田屋十三郎」が原作となっている。 ...
殿、利息でござる! (だらだら無気力ブログ!)
まさかこんな心打つ作品だったとは・・・。
「殿、利息でござる!」 (2016 松竹) (事務職員へのこの1冊)
このタイトルで、主演が阿部サダヲなのだから、歴然としたコメディだと誰だって予想する。イメージとしては「超高速!参勤交代」あたりかな。でもちょっと肌合いは違った。いやもちろんコメディ色はかなり強いんだけど、実は感動大作でした。大作、は言いすぎか。でもわ...
映画 「 殿、利息でござる!」 (徒然なるまま”僕の趣味と遊ぶ”)
原作は、磯田道史氏の「無私の日本人」に収録されている「穀田屋十三郎」の映画化です。今から240年程前の江戸時代中期の仙台藩吉岡宿は、生活が苦しく、ここから出てゆく人が増えていた。というのも、吉岡宿は重い年貢の取り立てだけではなく、伝馬役という大変な課役...
殿、利息でござる! (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
2016/05/14公開 日本 129分監督:中村義洋出演:阿部サダヲ 、瑛太、妻夫木聡、竹内結子、寺脇康文、きたろう、千葉雄大、橋本一郎、中本賢、西村雅彦、松田龍平、草笛光子、山崎努、羽生結弦 これも世の貯め、人の貯め。 STORY:江戸中期、財政の逼迫(ひっぱく)した仙...
殿、利息でござる!  監督/中村 義洋 (西京極 紫の館)
【出演】  阿部 サダヲ  瑛太  寺脇 康文  妻夫木 聡 【ストーリー】 江戸中期、財政の逼迫した仙台藩が領民へ重税を課したことで破産や夜逃げが続出し、小さな宿場町・吉岡宿は困窮し切っていた。このままではダメだと考える商人・穀田屋十三郎と同志たちは、藩に金...
映画「殿、利息でござる」☆☆☆☆☆ (ドラマでポン)
羽生結弦がカメオ出演で、西村雅彦も出る、なんて私得!と、ほくほくと劇場に出かけて泣かされてきました(^^;;;) 親子で観たい、いい話。聞いてないよー、阿部サダヲ主演のコメディ ...
殿、利息でござる! (そーれりぽーと)
『武士の家計簿』原作者の別著書が原作で今回も実話ベースの、『殿、利息でござる!』を観てきました。 ★★★★★ シリアスながらも笑いを交えた軽快な展開が無茶苦茶面白い。 役者が全員生き生きと演じていて楽しい。 意外な展開に涙もさせられる。とい言うか、いい話...
殿、利息でござる! (映画的・絵画的・音楽的)
 『殿、利息でござる!』を渋谷シネパレスで見ました。 (1)予告編を見ておもしろそうだと思って映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、「これは本当にあった話」と字幕が出て、先代の浅野屋甚内(山崎努)が、貨幣を壺の中に投げ入れてニタっと笑い、次い...
殿、利息でござる! (ケントのたそがれ劇場)
★★★★ 製作:2016年 日本 上映時間:129分 監督:中村義洋  タイトルをはじめとして、ちょん髷が銭で繋がっているポスターや、出演者の顔ぶれから想像して、本作はてっきり喜劇だと思い込んでいた。確かに多少笑いを誘うシーンもあったのだが、想像していたよ
『殿、利息でござる!』 (beatitude)
江戸中期。仙台藩は財政が厳しく、重税にあえぐ百姓や町人たちの破産と夜逃げが後を絶たなかった。小さな宿場町・吉岡藩もすっかり寂れてしまい、造り酒屋の主・穀田屋十三郎(阿部サダヲ)は町の行く末を案じていた。そんな中、知恵者の菅原屋篤平治(瑛太)がある秘策を...
「殿、利息でござる!」 つつしみの掟 (はらやんの映画徒然草)
タイトルからもっとコメディ色が強い作品かと思っていたのですが、どちらかといえば泣
「殿、利息でござる!」:コメディじゃなくて残念 (大江戸時夫の東京温度)
映画『殿、利息でござる!』は、広告のトーンや予告編の感じからして『超高速!参勤交
『殿、利息でござる!』をUCT9で観て、日本人良いよなあふじき★★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
▲こんな黄金屏風前の贅沢な絵は映画上に皆無。実直に貧乏な絵ばっかり。 五つ星評価で【★★★★全力の善良】 とてもいい美談。 そうそう、美談ってついつい警戒してしまうけ ...
ポスターと予告に騙された。大真面目な感動の実話。~「殿、利息でござる」~ (ペパーミントの魔術師)
このポスターの阿部サダヲを見たら、コメディかと思うじゃないですか。 最初のほうの瑛太との掛け合いこそクスクス笑うとここそあるものの、 大真面目な人情ものでございました。...
「殿、利息でござる!」 (Con Gas, Sin Hielo)
いつの世にも通じる滅私奉公の尊さ。 KHB東日本放送の開局40周年記念作品だそうである。開局と同時に、前日までミヤギテレビで放映していた番組がKHBへ移って驚いた思い出がある。歳...
殿、利息でござる! (2016) (のほほん便り)
実話ベース、だそうですね。ちょっとトボけたテンポとユーモアが見やすくって、最後に痛快劇になるあたり、あっぱれ!でした。とかく、話題になったのは殿様役に、羽生結弦がキャ......
映画評「殿、利息でござる!」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2016年日本映画 監督・中村義洋 ネタバレあり