パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞、未公開DVD、お気に入り自己所有のビデオ・DVDの感想などネタバレ有りで記録しています。

L.A. ギャング ストーリー ★★★★

2013年05月07日 | アクション映画ーラ行
ロサンゼルスで暗躍した実在のギャング、ミッキー・コーエンと、街の平和を取り戻そうと立ち上がった市警との壮絶な抗争を描いたクライム・アクション。ポール・リーバーマンによる実録ルポを基に、『ゾンビランド』のルーベン・フライシャー監督がメガホンを取る。オスカー俳優ショーン・ペンが伝説のギャング王にふんし、彼との戦いに挑む男たちに『ミルク』のジョシュ・ブローリン、『ドライヴ』のライアン・ゴズリングら実力派が顔をそろえる。
あらすじ:1949年ロサンゼルス、汚職まみれの州警察を一掃した市警本部長(ニック・ノルティ)が、次に目標を定めたのは組織犯罪撲滅。しかし、市、郡、町まで深く浸透した汚職の根は深く、汚染されていない警官を捜すのは一苦労。
そんな時、ロサンゼルス・ギャング王ミッキー・コーエン(ショーン・ペン)の賭場を、たった一人で手入れを行ったロサンゼルス市警のジョン・オマラ(ジョシュ・ブローリン)を見初めた市警本部長は、オマラに特別捜査班の結成を委ねる。こうして特別捜査班“ギャングスター・スクワッド”対ミッキー・コーエンの「警察バッジ無用」の激しい戦いが繰り広げられる。(作品資料より)

<感想>このジャンルの金字塔である「L.A.コンフィデンシャル」を筆頭に、アメリカのフィクションの世界では40〜50年代のロサンゼルスを舞台にした犯罪ストーリーというのが、昔も今も、本当に人気が高い。その理由はたぶんそこにアメリカの「光」と「影」が分かりやすい形で凝縮しているからなのだろう。
豪邸で暮らすハリウッド女優に、夢破れて街をうろつく売春婦。賄賂まみれの警官に、優雅な着こなしのギャングスター。ネオンに照らされたナイトクラブに、一晩中スウィングしまくるジャズ・バンド。とにかく、どこをどんなふうに切り取っても「絵」になっちゃう時代なのだ。

この映画は、いわば21世紀の「アンタッチャブル」を目指して制作されたのだろうが、果たして、・・・・。原作は、新聞の連載記事でいわば主人公ジョン・オマラの回顧録。このあたりも「アンタッチャブル」と同じだが、エリオット・ネスと違ってオマラは正直に回顧してるため、原作の前半はL.A.の小悪党クロニクルに体で、映画はこの原作から“ギャングスター・スクワッド”という特捜班があった、という1点を抜き出して派手に脚色している。「アンタッチャブル」が西部劇を目指していたのと同じく、本作も西部劇的で、この手の定番「荒野の七人」を彷彿とさせているようにも見えた。

スクワッドのリーダーとなるオマラ巡査部長に、ジョシュ・ブローリン、唯一の黒人ハリス巡査にアンソニー・マッキー、西部のガンマンの生き残りケナード巡査には、「ターミネーター2」のロバート・パトリックが、彼は渋い演技で儲け役どころ。反逆児のウーターズ巡査部長にはライアン・ゴズリングが、ケナードの弟子メキシコ人巡査ラミレスにマイケル・ペーニャ、これに盗聴の専門家キーラー巡査に、ジョヴァンニ・リビシを加えた6人が“ギャングスター・スクワッド”の面々。

そして、老けメイクとでかい付け鼻でミッキー・コーエンに扮したショーン・ペン。「ディック・トレイシー」のころより格段に特殊メイクの技術は上がっている。ドスの効いた声色で、成りきり演技に挑戦しているのだが、何事もやり過ぎは禁物のようだ。クライマックスでのミッキー・コーエンとオマラの直接対決は“殴り合い”で決着という見せ所も満足の出来。

監督が「ゾンビランド」ルーベン・フライシャーだけに、冒頭から牛裂きの刑ならぬ自動車裂きの刑からはじまる惨たらしさ、過激な描写の多い割には、シリアス過ぎずコミック過ぎずで、アクション・シーンの暴力も笑っちゃうくらいオーバーに誇張されているけど、そういうものと割り切って楽しむ分にはけっこう面白い。
下手をすると21世紀の「ディック・トレイシー」になるところを、微妙なバランスで踏みとどまっているように見えた。そのバランス感覚が良かったと思う。クライム・アクション映画としては、2時間以内で収まっているし及第点ですね。
2013年劇場鑑賞作品・・・95 映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング

『映画』 ジャンルのランキング
トラックバック (28)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 偽りなき者 ★★★★ | トップ | 死霊のはらわた ★★★ »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

28 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
映画:L.A. ギャング ストーリー ストレートに面白く、かな〜りポイント高い ギャング vs ロス警察物! (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
映画チラシのコピーは、「ロス市警が、キレた。」 確かにキレてる! 1949年のロサンゼルス、の実際の事件をノベライズしたものが原作というが、ホントか?(笑) 映画でいうと、なんたっていい!のが主役の2人。 ジョシュ・ブローリン(写真右はじ)は、正義ゴリ...
L.A. ギャング ストーリー/ジョシュ・ブローリン (カノンな日々)
ここ最近目にした劇場予告編の中ではこれが一番気に入ってたかもしれません。ショーン・ペンがめちゃめちゃ悪そうっ、エマ・ストーンが色っぽくてセクシー、音楽がスタイリッシュ ...
『L.A.ギャングストーリー』 (ラムの大通り)
(原題:Gangster Squad) ----この映画、もうすぐ(5月3日)公開だよね。 ギリギリ、最後の試写に間に合ったってわけ? 「うん。 ある直感が働いて、 これはイケるんじゃないかと…」 ----で、それは間違っていなかった…。 「そういうこと。 物語は一言で要約できちゃ...
「L.A.ギャング ストーリー」☆どうしてもフレディ (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
まだ52歳というのに、かなり年寄りっぽくなってしまったショーン・ペン。 老けメイクで貫禄を出そうとしたのかな? 1949年のロサンゼルスを舞台にした物語が、ものすごくいい雰囲気なのに、極悪非道のギャングの大ボス、ショーン・ペンがどうしても「エルム街の悪夢」の...
L.A. ギャング ストーリー (そーれりぽーと)
ギャングを制するにルールは要らない。 『L.A. ギャング ストーリー』を観てきました。 ★★★★ これほどのLAの黒歴史も、ミッキー・コーエンの名前すらも全く聞いたことも無かった。 観終わってからwikiでチラッと調べてみて、この映画の話自体が米国人なら誰でも知っ...
映画「L.A.ギャングストーリー」@ワーナーブラザース試写室 (新・辛口映画館)
今回私は映画レビューサイト「COCO」さんの独占試写会に招かれた。客入りは若干空席がある9割くらいだ。
劇場鑑賞「L.A.ギャングストーリー」 (日々“是”精進! ver.F)
ギャングを、潰せ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201305030004/ L. A. ギャングストーリー《オリジナル・サウンドトラック・スコア》(帯付き直輸入盤)ス...
L.A. ギャング ストーリー (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【GANGSTER SQUAD】 2013/05/03公開 アメリカ R15+ 113分監督:ルーベン・フライシャー出演:ジョシュ・ブローリン、ライアン・ゴズリング、ショーン・ペン、ニック・ノルティ、エマ・ストーン、アンソニー・マッキー、ジョヴァンニ・リビシ、マイケル・ペーニャ、ロバー....
L.A. ギャング ストーリー (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★【3点】(10) 残念ながら『アンタッチャブル』には程遠い出来だった。
『L.A.ギャングストーリー』 (こねたみっくす)
任務の呼び声には逆らえない。 実在したロサンゼルスのギャング王ミッキー・コーエンを追い詰めたLAPD非公認のギャング部隊。警官が賭場襲撃などの非合法活動を行うという、ギャン ...
「L.A.ギャングストーリー」 ロサンゼルスの「アンタッチャブル」 (はらやんの映画徒然草)
太平洋戦争後、治安が悪化したロサンゼルスにおいて、裏世界を牛耳っていたのがミッキ
L.A. ギャング ストーリー / Gangster Squad (勝手に映画評)
実話に基づいている映画。1950年代にロスアンゼルスであった、ロス市警とマフィアの戦いが舞台になっています。 どっちがギャングかわからないですね(苦笑)。1900年代〜1950年代のアメリカは、ギャングの時代と言っても過言ではないわけで、有名なアル・カポネとも、“バ...
L.A. ギャング ストーリー (だらだら無気力ブログ!)
まあまあ痛快で面白かった。
『L.A. ギャング ストーリー』 (2013) / アメリカ (Nice One!! @goo)
原題: GANGSTER SQUAD 監督: ルーベン・フライシャー 出演: ライアン・ゴズリング 、ジョシュ・ブローリン 、ショーン・ペン 、 ニック・ノルティ 、エマ・ストーン 、アンソニー・マッキー 、ジョヴァンニ・リビシ 、マイケル・ペーニャ 、ロバート・パト....
L.A. ギャング ストーリー (風に吹かれて)
突撃はみだし警官隊 公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/gangstersquad 原作: L.A.ギャング ストーリー (ポール・リバーマン著/ハヤカワ文庫)監督:
L.A.ギャングストーリー /GANGSTER SQUAD (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click ポール・リバーマンの連載記事”テールズ・フロム・ギャングスター・スクワッド”を基に 「ゾンビランド」「ピザボーイ 史上最凶のご注文」の、ルーベン・フライシャーが監督 ロサン....
L.A.ギャングストーリー (映画的・絵画的・音楽的)
 『L.A.ギャングストーリー』を渋谷東急で見ました(注1)。 (1)ライアン・ゴズリングやショーン・ペンが出演するというので、映画館に出向いてみました。  本作の舞台は、1949年のロスアンジェルス。  ブルックリン生まれで元プロボクサーのコーエン(ショーン・ペ....
LAギャングストーリー はちゃめちゃながらスカーッとした〜! (労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと〜)
【=26 うち今年の試写会5】 今日は午後、関東運輸局に仕事で行ったので(馬車道)、ランチは「みなと横濱牛鍋処荒井屋万國橋店」にて牛鍋定食、要はすき焼きやねんねってこと認識した。 で、こないだの金曜に観たこの映画、試写会に当選していたけど、それは自分の誕生...
『L.A. ギャング ストーリー』('13初鑑賞41・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆★− (10段階評価で 7) 5月3日(金・祝) 109シネマズHAT神戸 シアター10にて 13:35の回を鑑賞。
天使の街の無法者〜『L.A.ギャングストーリー』 (真紅のthinkingdays)
 GANGSTER SQUAD  第二次大戦後間もない1949年、ロサンゼルス。ハリウッドランドを抱く「天使 の街」は、ギャングのボス、ミッキー・コーエン(ショーン・ペン)の支配下にあり、 警察でさ...
[映画『L.A.ギャング ストーリー』を観た(寸評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・こりゃ、思っていた雰囲気と異なるタイプの作品で、それはそれで楽しかった。  私はてっきり、もうちょい「アメリカ史の暗部を描いた硬質の作品」てなのを予想して、  ちょっと、気楽に観るには重いかな…、「ラストスタンド」のほうが良かったかな…、などと...
映画「L.A.ギャングストーリー」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「L.A.ギャングストーリー」観に行ってきました。かつて実在し、大都市を支配する大物ギャングとして悪名を轟かせたミッキー・コーエンと、ロス市警の警官達との壮絶な死闘...
「L.A. ギャングストーリー」 (或る日の出来事)
警官といえども、ギャングにはギャングのように立ち向かうっきゃないのか。
『L.A. ギャング ストーリー』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「L.A. ギャング ストーリー」□監督 ルーベン・フライシャー□脚本 ウィル・ビール□原作 ポール・リーバーマン□キャスト ジョシュ・ブローリン、ライアン・ゴズリング、ショーン・ペン、エマ・ストーン、ニック・ノルティ■鑑賞日...
L.A. ギャング ストーリー (マー坊君の映画ぶろぐ(新装版))
「L.A. ギャング ストーリー」監督:ルーベン・フライシャー(『ゾンビランド』)出演:ジョシュ・ブローリン(『メン・イン・ブラック3』『ウォール・ストリート』)ライアン・ゴズ ...
「L.A.ギャングストーリー」 (ここなつ映画レビュー)
たまらなく良かった。間違いなく私の今年度ベスト3に入る作品。 ライアン・コズリングがいい!ショーン・ペンがいい!警察のはみ出し者達がチームを組んで、大都会の無法者のギャングのボスに立ち向かうのがいい! 以下に試写会で観た当時に書いて某サイトに寄稿...
L.A.ギャングストーリー (いやいやえん)
目には目を、ギャングにはギャングを、という精神(?)のもと、はぐれ警官部隊が本物ギャングに立ち向かっていきます。 作りはノワールものに似てますが、アクションを主にもってきてるところから娯楽エンタメが強
映画評「L.A.ギャングストーリー」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2013年アメリカ映画 監督ルーベン・フライシャー ネタバレあり