パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞、未公開DVD、お気に入り自己所有のビデオ・DVDの感想などネタバレ有りで記録しています。

ニシノユキヒコの恋と冒険 ★★

2014年02月11日 | な行の映画
真実の愛を求め恋愛遍歴を重ねる男ニシノユキヒコの生きざまを描く、芥川賞作家・川上弘美の連作短編集を映画化したラブストーリー。美男で仕事も順調、女性の扱いもうまい究極のモテ男だが、必ず相手から別れを告げられる主人公を竹野内豊が切なく演じる。メガホンを取るのは、『人のセックスを笑うな』が好評だった井口奈己。ニシノを取り巻く女性たちには尾野真千子、成海璃子、木村文乃、麻生久美子、阿川佐和子ほか豪華女優陣が出演している。

<感想>抜群のルックスと形容しがたい魅力を併せ持ったモテ男、ニシノユキヒコの女性遍歴を綴った恋愛映画だということで、その主人公に竹野内豊さんが演じており、大ファンでもないがこの俳優さんの声がたまらなく好きです。こんな声で口説かれたらって、思い描いてしまいます。
この主人公のニシノユキヒコは、とにかく女性に対して優しいが見返りや快楽は求めない。近づいてくる女性には無私の精神で優しく接し、後に去りゆく彼女に辛い想いをさせるような執着は絶対に見せない男として描かれています。

しかしですよ、この男の行動だけ見ていると、その本質はまったく理解できません。つまり、彼は空っぽなんですよ。ただ女の子たちに奉仕しているだけ。これって、体の良い言い訳でしかない。男は女を誘惑して、肉体関係を持ち飽きてしまい次の女に惚れる。でも別れを自分からは切りださない優柔不断な男でもある。
誰からも嫌悪感を持たれないルックスでありながら、それでいてそのことについては自意識が希薄なわけ。そういう意味では、竹野内豊さんがハマリ役ですね。
でもね、確かにこの映画の主人公の役にぴったりとハマっているんですが、でも何か物足りなさを感じてしまった。

冒頭のシーンで、人妻と関係を持ち、一緒に付いてきた女の子、ミナミが高校生になった時に目の前に急に風が吹いてきて、幽霊として現れるのがニシノユキヒコなんです。
その前に、松葉つえをついた女性が彼を見つけ、手を上げて名前を呼び、気が付いて車の往来が凄いのに、脇目も振らずに通りの向かいにいる女性まっしぐらに、トラックに撥ねられて死んでしまうわけ。そして幽霊となって、何故だかミナミちゃんのところへ姿を現すんですね。

それから、二人は葬儀会場のニシノユキヒコの実家、豪邸へと行くと、そこで喪服を着た女性阿川佐和子と出会うわけ。その中年のおばさんから、彼の女性遍歴をあれこれと回想劇で聞かされて、映画はその女性遍歴を映し出していきます。その葬儀会場の庭で楽団が演奏しているのですが、とにかく耳障りで下手な演奏聞かせるなと、ニシノユキヒコが素敵なプレイボーイだったのに、下手な楽隊の演奏で興ざめしてしまいました。

回想劇の物語は、一応彼は会社務めしていて、その会社の上司である尾野真千子に優しくして恋愛関係になり、そこへ前に付きあっていた女性の本田翼が、別れたのにしつこくまたもや纏わりついて、元のさやに戻りたいらしく、温泉へ2人で行くんですよ。このシーンはイライラしてハッキリと断ればいいのに、と思ってしまうのに、のらりくらりと彼女が諦めるまで自分からは断りません。

それに、尾野真千子との関係も、社内で昼休みにいちゃいちゃするのはどうか思います。それに、お泊りしないと判ると急に「僕、寂しいな、結婚しようよ」なんて甘えて、どうみても結婚しても浮気はするなぁ、という感じが見え見えでした。こんな男は、結婚には向かない、遊び上手で適当に関係持って、後はポイと別れる。
マンションの隣の部屋のレズらしき成海璃子と木村文乃。始めは成海璃子が猫を探しにやってきて、そのままいつもズルズルといついてしまう。だから、成海璃子が大好きな木村文乃は、ユキヒコにヤキモチを焼き彼女を盗られてしまうんじゃないかと、ユキヒコに対して敵対視している。

でも、成海璃子が酒を飲み過ぎて連れて帰ると、その時に何故か二人は男女の関係になってしまう。これは不思議なことで、木村文乃はレズじゃなかったのか、両党つかいなのか、なんてね。ただ、男にモテなかっただけなのか?・・・理解不能です。

そんな女性遍歴をあれこれ聞いている内に、火葬場へ行く時間が来て阿川佐和子叔母さんが行くというのです。ミナミちゃんは、学校さぼって来てたし、そこへ母親とばったり出くわし、この母娘は一緒に住んでいなくて、ミナミちゃんは父親と暮らしていたんですね。母親は夫と別れ娘を残して、再婚先の男の所へいったようです。
死んだ人の悪口って、あまり言いたくないし、楽しい思い出ばかり甦って来て捨てられてもいい人だったって思いたいじゃない。そういうもんですよ。
原作は読んでいないんですが、お姉さんとのことが省かれているそうで、ユキヒコがどうしてそういう男になったかという鍵がその編にあるそうです。
2014年劇場鑑賞作品・・・36 映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング

『映画』 ジャンルのランキング
トラックバック (13)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オンリー・ラヴァーズ・レフト・... | トップ | 南極物語 ★★★★ »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

13 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
映画『ニシノユキヒコの恋と冒険』観たよ(ー_ー;) (よくばりアンテナ)
いやぁ~つまんなかった(; ^ω^) 大好きな竹野内豊がめちゃモテまくるいい男を演じるってことで、 わくわくしていたんだけど、 やっぱ、こういうのってストーリーがあんまりないよね。 一体観客に何をどう見せたいのかっていう作り手の意図が見えなくて、 眠た...
『ニシノユキヒコの恋と冒険』 2014年1月14日 朝日ホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『ニシノユキヒコの恋と冒険』 を完成披露試写会で鑑賞しました。 登壇者は豪華でした  竹ノ内豊、尾野真千子、成海璃子、木村文乃、本田翼、  麻生久美子、中村ゆりか、井口奈己監督 登壇  一番来て欲しかった、阿川佐和子は都合で試写会の前の会見には居たけど  ...
「ニシノユキヒコの恋と冒険」 (NAOのピアノレッスン日記)
~死ぬほどモテる色男と7人の女たちのおかしみとかなしみ~ 2014年  日本映画    (2014.02.08公開)配給:          上映時間:122分監督:井口奈己原作:川上弘美   『ニシノユキヒコの恋と冒険』(新潮社刊)脚本&編集:井口奈己音楽:ゲ....
井口奈己監督、竹野内豊主演、尾野真千子、成海璃子、木村文乃、麻生久美子、阿川佐和子、本田翼、中村ゆりか、他共演『ニシノユキヒ... (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞に触れています。芥川賞作家・川上弘美の連作短編集を『犬猫』『人のセックスを笑うな』の井口奈己が監督(脚本・編集)した『ニシノユキヒコの恋と冒険』出演は竹野内豊の他に尾野真千子、成海璃子、
ニシノユキヒコの恋と冒険 (とりあえず、コメントです)
井口奈己監督が川上弘美著の同名小説を映画化したコミカルなラブストーリーです。 チラシを見て、白い帽子を被っている竹野内豊さんの写真がカッコいいなあと気になっていました。 観ているうちに、ニシノくんの魅力に引き込まれると同時に、 この人が振られるのも分かる...
【ニシノユキヒコの恋と冒険】お葬式 (映画@見取り八段)
ニシノユキヒコの恋と冒険      監督: 井口奈己    出演: 竹野内豊、尾野真千子、成海璃子、木村文乃、本田翼、麻生久美子、阿川佐和子、中村ゆりか、藤田陽子、並樹史朗、田中要次 公開: 2014年2月8日 2014年2月12日。劇場観賞 もう間違いなく竹野内豊が...
映画・ニシノユキヒコの恋と冒険 (読書と映画とガーデニング)
2014年 日本原作 川上弘美 何度も言っていますが、軽い恋愛映画はほとんど鑑賞しませんしかし川上弘美さん原作ということで-期待は少な目に-映画館へ行ってきました ルックスもよく、仕事もでき、セックスもよく、女には一も二もなく優しいそして、女に関し...
『ニシノユキヒコの恋と冒険』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ニシノユキヒコの恋と冒険」□監督・脚本 井口奈己 □原作 川上弘美 □キャスト 竹野内 豊、尾野真千子、成海璃子、木村文乃、本田 翼、       麻生久美子、阿川佐和子、中村ゆりか、田中要次■鑑賞日 2月11日(火)■劇場...
「ニシノユキヒコの恋と冒険」:竹之内豊=笠智衆? (大江戸時夫の東京温度)
映画『ニシノユキヒコの恋と冒険』は、竹之内豊のキャスティングが勝利の方程式でした
ニシノユキヒコの恋と冒険 (映画好きパパの鑑賞日記)
 野球でいえば人を食ったようなスローカーブの連続。井口奈己監督らしいのですが、東宝+豪華キャストでこういう映画が公開されるというのはすごいことかもしれません。この世界にはまる人は少数派だと思いますが、雰囲気は多くの人が楽しめると思います。  作品情報 ...
ニシノユキヒコの恋と冒険 (映画的・絵画的・音楽的)
 『ニシノユキヒコの恋と冒険』を渋谷Humaxシネマで見ました。 (1)本作は、そのタイトルからして、主人公が、 『源氏物語―千年の謎―』の光源氏のように、たくさんの女性との間で織り成す恋と冒険が描き出されているのかなと思って映画館に行きました。  確かに、本...
ニシノユキヒコの恋と冒険 (ダイターンクラッシュ!!)
2014年8月13日(水) 17:00~ キネカ大森2 料金:0円(二本立ての二本目) ダラダラとクソつまらない。 『ニシノユキヒコの恋と冒険』公式サイト キネカ大森 名画座 退屈でマイナー日本映画特集(主観)。 ダラダラ感は、この監督の特徴だそうだ。イライラする...
映画評「ニシノユキヒコの恋と冒険」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2014年日本映画 監督・井口奈己 ネタバレあり