gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

青学大・神野が2年連続で5区…区間エントリー

2015-12-30 12:49:14 | 日記

第92回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝=読売新聞社共催)の区間エントリーが29日行われ、出場21チームのオーダーが発表された。
前回王者の青学大、2大会ぶりの優勝を狙う東洋大を軸に、駒大、早大、東海大が追う構図。
主要区間にエース級が配置される一方、補欠に回った主力も多く、各監督はレース当日まで戦略を練ってきそうだ。
2連覇を狙う青学大は、故障が続いた神野(かみの)大地(4年)が間に合った。
原晋(すすむ)監督は「徐々に調子を上げている」と、前回と同じ5区で起用する方針。
また、前回同様2区にエース一色恭志(いっしきただし)(3年)、7区に小椋裕介(4年)と実績のある選手を置いた。
一方、前回1区で区間2位の久保田和真(かずま)(4年)、4区で区間新を作った田村和希(2年)らを補欠に回した。
「二つ、三つのバリエーションがある」と原監督。
大会当日は比較的暖かくなるとみて、天候や選手の調子を見極め起用を決めるつもりだ。
2015年12月29日
21時29分
Copyright
©
The
Yomiuri
Shimbun


関連ニュース


青学大・神野が2年連続で5区…区間エントリー


青学大・神野が2年連続で5区…区間エントリー


沿道の規制なし…箱根駅伝、最古の映像見つかる


ameblo
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

学連に東大生ランナー、11年ぶり出場に期待

2015-12-15 20:49:14 | 日記

箱根駅伝の学生連合チームのメンバーに入った東大1年の近藤秀一さん(1日、東京都目黒区の東大で)=工藤菜穂撮影
開催まで約半月となった東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)の「関東学生連合チーム」(学生連合)に、東京大1年の近藤秀一選手(20)が入った。
混成チームの選手として東大の選手が箱根を走れば11年ぶりとなるため、“赤門ランナー”に注目が集まっている。
「タイムは思った通りだったが、全体のレベルが上がっていた。
16人中10番目になるのが目標だったのだけれど……」
10月に東京都立川市で行われた箱根駅伝予選会で、近藤選手は強豪校の選手に交じりながら、20キロを1時間1分のタイムで走り、577人中73位に。
16人が選ばれる学生連合に、上から11番目の記録でメンバー入りを果たした。
静岡県出身の近藤選手は、小学3年の時に陸上を始めた。
高校は自宅近くの進学校へ。
高校2年から記録を伸ばし始めると、駅伝強豪校から入部の誘いが来るようになった。
2015年12月15日
16時51分
Copyright
©
The
Yomiuri
Shimbun


関連ニュース


学連に東大生ランナー、11年ぶり出場に期待


学連に東大生ランナー、11年ぶり出場に期待


学連に東大生ランナー、11年ぶり出場に期待


皮膚科 肌改善 大阪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

青学大「史上最強」…東洋大・駒大・早大が追う

2015-12-11 16:49:07 | 日記

第92回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝=読売新聞社共催)のチームエントリーが10日行われ、オープン参加の関東学生連合チームを含む21チームがメンバー16人(上武大のみ14人)を登録した。
前回王者の青学大が頭一つリードし、全日本大学駅伝を制した東洋大、駒大、早大が追う。
東海大、山梨学院大の戦力も充実しており、激戦が予想される。
青学大は「学生史上最強」(原晋(すすむ)監督)と呼べるレベルに仕上がった。
メンバー16人のうち、学生トップクラスとされる「1万メートルで28分台」の選手が11人。
重圧で硬くなり、2位に終わった全日本大学駅伝を反省し、原監督は「ハッピー大作戦」と名付け、選手に前向きな姿勢を求める。
懸念材料は、山登りの5区で前回快走し、初優勝の立役者になった神野。
故障に苦しむ今季は、全日本大学駅伝で本来の走りができず、その後も左すねの痛みで別メニュー調整が続いた。
「山の神」の体調が、2連覇達成の最大のカギだ。
2015年12月10日
20時47分
Copyright
©
The
Yomiuri
Shimbun


関連ニュース


青学大「史上最強」…東洋大・駒大・早大が追う


青学大「史上最強」…東洋大・駒大・早大が追う


青学大「史上最強」…東洋大・駒大・早大が追う


劇場版アニメ一覧
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

箱根駅伝5区、距離短縮で協議へ…危険性に配慮

2015-12-01 04:49:04 | 日記

東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝=読売新聞社共催)を主催する関東学生陸上競技連盟は30日、往路の4区と山登りの5区を結ぶ小田原中継所の位置について、来年1月の92回大会終了後、3年以内をめどに見直し、5区の距離を短縮する方向での協議を始めると発表した。
小田原中継所は、従来設置されていたかまぼこ店「鈴広」の施設拡充工事に伴い、2006年の第82回大会から東京寄りに約2・5キロ移動した。
5区の距離が延びた結果、山登りのスペシャリストの活躍が顕著になる一方、選手が低体温症に陥って失速するケースも増えた。
終盤の下り坂で転倒した場合、大きなケガにつながる危険性が関係者から指摘されてきた。
また、変更後の10大会中7大会で、5区の区間賞を獲得した大学が総合優勝。
大会全体に占める5区の重要度の高まりについて、関東学連には「レース全体に対する魅力や興味が損なわれているのでは」との声も多数寄せられていた。
2015年11月30日
21時27分
Copyright
©
The
Yomiuri
Shimbun


関連ニュース


箱根駅伝5区、距離短縮で協議へ…危険性に配慮


箱根駅伝5区、距離短縮で協議へ…危険性に配慮


箱根駅伝5区、距離短縮で協議へ…危険性に配慮


アニメソング神曲ランキング
コメント
この記事をはてなブックマークに追加