パパと呼ばないで

再婚した時、パパと呼ばないでくれと懇願した夫(おとうさんと呼んでくれ)大学生になった娘「おやじ」と呼ぶ。良かったのか?

生まれ変わったら

2017年03月18日 | おでかけ
3月18日(土)晴れ

このブログでおなじみの、まなみ(仮名)に誘われ、クラッシックコンサートへ。
ワタクシ、ヨワイ五十を過ぎとりますが、こんな本格的なホールで聴くの初めて。
思わずまなみに言います。
「あたし、生まれ変わったらオーケストラの人になりたいの。」
まなみ、失笑気味に、「なんの楽器?」
言葉に詰まるn。
そこまでは決めてない。

演奏が始まりました。
そして、驚くほど、ホント驚くほど早くワタクシを襲う睡魔。

休憩十分でなんとか態勢を立て直す。
夢うつつになってる場合ではない。生まれ変わったらなんの楽器で楽団員になるか考えねば!
まずバイオリンはイヤ。つか、弦楽器があまり好きではない。
チェロだのコントラバスに至っては重そうだからもっとイヤ。
打楽器もイヤだ。
出番が少な過ぎる上に、いざとなると一番目立つようなとこでの演奏。
シンバルの人がとてもカッコよく叩くので、少しやってもいい気になったが、もし、あのガッシャーンを、タイミングずらしたらと思うとおっそろしいので、やはりイヤだ。
クラリネットは、音色があまり好きではないし、中学時代に嫌いだったS藤さんがクラリネット奏者になってるらしいと聞く。
なおイヤだ(•••••)
娘が小学生の時、金管バンドに入りアルトホルンをやった。
その時ホルンとかトランペットとかトロンボーンは、舌?口?で音階を作ると聞き、そんなことはできん!と諦めた。
その点、フルートとかピッコロならいけそうな気がする。
フルートは音色も低すぎず好きだ。
フルートにしよう。
と思った時、なんだか懐かしいというか、馴染みのある大好きな音が!
ピアノだ。
やはりピアノの音はすごく好きだ。
九年間ほどレッスンに通った。
血筋的にも悪くないはずだった。
ワタクシの叔父はピアニストなのだ。いや、これはまぢです。
とは言え現世では鳴かず飛ばずだったワタクシ。
来世では名ピアニストになれるよう頑張ろう。
と、そのピアノの横にハープが二台。
優雅だ。
千と千尋を思い出す。が、やはりこんな大きな楽器は手に余る。
グランドピアノは家にあってもいいけど、ハープは普通の部屋に置いてはいけない気がする。
螺旋階段のあるリビングでなければいけない。
でもグランドピアノは、公務員官舎住まいでも買ったT代さんという友人がいる。
ドラム型洗濯機すら入らなかった官舎にグランドピアノ!
彼女の英断に敬意を表し、今でも時々思い出しては笑う。
パイプオルガンという手もあるが、あんな高い場所にひとりぼっちというのはどうだろう。
皆んなに背を向けているのも孤立感を増す。
ということで、来世はピアニストでオーケストラの人になります。

と、せっかくの素敵なご招待だったのに、睡魔と戦ってみたり、客層の幅広さを密かに探ってみたり、挙句、来世を夢見ながら妄想したりしておりました。
ワタクシなりに楽しかったのよ。
だから、許して!まなみ!
そしてまた誘って!

そして、その後まったり優雅にガレットなんぞを食していると、休日出勤してる夫から、義父の容態が良くないから明日帰省する旨のメール。
ここからバタバタ大変なことになるのであった。つづく。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 春色ドライブ | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。