もっと!なんかすいてた

岩手発グダグダ日記

臨時収入

2016年09月19日 14時08分10秒 | 日記
アホみたいに昼飯を食って

もうこんなに食うのはやめようと短冊に書いて

水に浮かべて見送って

ひとり精霊流しをし

さて、お昼寝!と、思って倉庫の二階へ。

横になった途端に事務のババアが俺を呼びに来た

『はーい!』

『はーーい!!』

って何回も返事してるのに

ババアは耳が遠いのか

だんだん怒ったような声で

『にゃびさん!』

やかましいわ!!

『さっきから返事してるって!耳、遠いんじゃね?』

チクリと言ってやったのに

耳が遠くて聞こえていない。

用事を聞くと1時にお客さんの所へ行って来いと言うのだ

場所の説明、万が一留守だった場合に電話番号

…コレを俺を呼びつけてから始める

俺の昼寝の時間が消えてゆく

倉庫の2階に戻って横になったけれど

1時までにお客さんの所に行かなくちゃなんないと思えば

寝てられない。

12時45分には出発の準備しなくちゃ…

って、ヒロルは爆睡してんのね。

神経が図太い奴ってこうなのです

俺は絶対に無理。






ヒロルを起こして準備して

お客さんの所へ行きましたよ。

大きな荷物を回収する仕事だったのだけれど

部屋からそれを外まで運び出すルートが狭い

そして、物だらけである。

お客さんの手前、嫌な顔はしません

『散らかしててゴメンね〜』

と言われても

『いいんだよ』です。

最近、食堂で読んでる夜回り先生の名台詞ですよ。

夜回り先生と俺が違うのは、内心で悪態をついてることと

相手が夜の街をさまよう子供達じゃなく

ただの小汚い年寄りだって事だ(オマエ今日は敬老の日だぞ!



荷物を運び出すための通路を片付けて

その度に綿ぼこりみたいなのがモワモワ舞って

俺は鼻が悪いんですからそういうの吸わせないで下さいよぉぉ(鼻水







文句は腹の中に

顔は笑顔で、なんくるないさー



無事に作業を終えて

帰ろうとしたら、その家のお婆ちゃんが

俺とヒロルにちり紙に包んだものを渡してくれて

『お茶も出さなかったから、コレで』

と、心付けを渡してくれた。

昼寝出来なかった事も許せる感じ

俺の心の中の天使が

パタパタと、すかしっ屁を扇いでいる

ありがとうババア!

帰りの車の中でちり紙を開いてみたら

泥の付いた千円札が2枚入っていた

ドラマ「北の国から」の名場面より泥付きのお札という演出をパクリました。

息子をトラックで乗せてってくれるという人に

泥の付いた汚い金を渡す無神経さね!(名場面台無しか!









心付けを貰いたくてやってる訳じゃないから

こうして思いもよらない瞬間に頂くと

嬉しいんですよね。

有難いですわ。

でもなぁ

2000円じゃ女も抱けねぇよ(お前は死ねよ






…いやいや

ありがとうございました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« タンメン | トップ | シリアルまつり »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む