雨時々チヌ

たまに行くチヌかかり釣りをメインに日々の普通の生活の雑記

海に降る雪⑸

2017年02月09日 09時22分00秒 | チヌかかり釣り
やっとつい先日の雪降る田辺湾の2日目にたどりついた。
長い道のり、辛くて何度もくじけそうになったけど、今日ここに完結!
気がつけば2月も三分の一が過ぎもうすぐバレンタイン。
国生がイキりだす前に終わって何より。



こんな天候の日に竿を出すなんてね。
まだかなり風も残り、吹雪の中の出船。
この日は3号筏に移動し、1人で釣行。
風除けの壁がいい仕事をしてくれてるけど、隙間から雪が吹き込んでくる状態。
まぁ寒かったね。
でも、僕の場合、普通にしてたらしっかりチヌの顔を見る事は出来るのでなんの心配もなかったけどね。
唯一の心配はこの日の帰り道、阪和道が止まってた。


放置されたな。


コンビニで買ったホットドッグ。レンヂでマンしてもらったけど寒さで冷めてた。
…………あ、レンジでチンね。


日本海で釣りしてるような気分。


荘厳かつ、幻想的な景色。

そんな中での1投目!

来たな。
読み通り。
筏の前方4mに着底させた感じで、少しずつ手前にサビいて来ると、ドン‼️
まあまあのキビレ。
その後も少しの間、広角で様子を見るけど、ふぐ、ミニチャリコのみ。
餌取りは活発、あとは団子を駆使してチヌを寄せる作戦。上手くいけばボラまで寄せたいと思いながらの団子ワーク。冬場の釣りはボラ次第で随分変わって来るからね。
この日も団子はいつもの船頭さん特製団子。
軍師赤をしっかり混ぜてパサパサに仕上げる。
あとは手水でシットリ、ベチャベチャ等、自由自在。


来たな。
小さいけど。
これを合図にボラも寄り、餌取り、ボラ、チヌ、と海底は賑やかになって来たね。雪の日とは思えぬ高活性。

連発で喰わせるという感じでは無く、ポツポツと拾う感じ。トントン、ハワセ、落とし込みetc色んなことを試しながら。
かなり雪がキツくなって来るし、もう満足で早上がりしたかったけど、型が小さい。せめて40アップと思いながら打ち返し。
納竿間際に大きいのが来るパターンが多いので辛抱してみる。


この日はカレーうどん。
幸せな瞬間。インドの料理を純和風のうどんと合わせるのを考えた方、凄く尊敬するよな。おかげで寒い日に大きな楽しみが出来たね。


サイズアップを狙って粘ってみたけどダメ。
周りには寄ってるのかもしれないけどね。
でもこの日以降、大型、それも年無しを含んで釣れているので楽しみですな。

結局、小さいチヌを6枚、最後まで粘ったけどね。
でも楽しかったよな。

お世話になりました。

問題はこのあと、帰り道。事故が多発してるし、高速は使えないし、少し疲れたね。
道沿いにヤシの木みたいなのが植えられてる地域やのにね〜。雪はあかんよな。ヤシの木失格やな。

結局、雪があるのは和歌山県だけ。
兵庫の山奥でも降ってなかったな。ヤシの木植えて欲しいね。


さて、来週末も田辺湾。
また寒波みたいやね。寒いんやろね。


美味しくいただいた田辺湾の幸、チヌのお腹の中には
小さい貝が入ってた。
キビレのお腹の中には麦がいっぱい。
次回の参考にしてみますかね。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 海に降る雪⑵ | トップ | 海に降る雪⑹ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

チヌかかり釣り」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。