雨時々チヌ

たまに行くチヌかかり釣りをメインに日々の普通の生活の雑記

伝承。

2016年11月02日 17時48分17秒 | チヌかかり釣り
つい先日の久美浜での釣りのお話。
6月以来のシノやん夫婦を迎えて3人の個人戦。
子供くらい年の離れてる若い衆に誘ってもらって凄く楽しみやったね。
今回は数、型、他魚の3部門にて覇を競うことに。

待ち合わせの和田山のファミマにて。
イートインコーナーがギャラリーになっていて、絵画が展示してあったね。芸術の秋にふさわしい待ち合わせ場所でコーヒーを飲んでしばし歓談。
この時点で外は凄い雨、豪雨と言ってもいいくらいの土砂降りやったね。この後久美浜に向かう道中も少し怖いほどの雨、鹿も出てくるしちょっとした冒険やったね。


出船には止んでいるという予報通り無事に釣り場へ。
今回は渡船ちどりさんのカセにて。浦明(うらけ)というポイントで。
3人ともムラサキの戦闘服、この色が似合う稀有の釣り人やね。



いいお天気になって良かったね。
水潮が気になってたけど杞憂やったね。

全員の準備が出来ていざ実釣開始。
あたり餌はアケミ貝の情報通りポツポツとアタリが。
水温が少し下がってるので、いつもの久美浜での数釣りほどは釣れんけどなんとか拾っていく感じ。
アジが中層、底ではヒイラギが少しいる程度、活性があまり高くないので釣りやすかったね。

ただ、僕にはアタリがあるけど横の夫婦にはない感じ。
いくら覇を競う釣行と言っても、孫ほど年の離れてる若い衆をほったらかしにする訳にはいかんかったよな。
負けるわけにはいかんけど、ある程度の競り合いはしたかったよね。僕が二桁上げた頃にはそんな気分に。
この日のような低活性の日の釣りのキーワードは3つ‼︎
直接言ってもいいけど、見て真似て僕からすべてを盗んで欲しかったね。
まぁそこは以心伝心、彼らはすぐにアジャストしてきよるな。さすがやね。
これからはあなた達の時代、先人の技を吸収してどんどん高みを目指して欲しいね。
僕の役目はそのアシスト。

まず一つめのキーワード、団子の水分量。
濁りの感じ、割れのタイミング、海の状況に合わせて考える事が大事。
あと二つのキーワードはつい先日の事なのに忘れたな。
思い出せんな。喜寿ともなると記憶が飛ぶね。

この3つをクリアすると、若い2人は入れ食いとはいかんけど順調に数を稼ぎはじめたな。
これで胸のつかえがすーっと取れていったよな。

いー感じになってよかったね。

そしてこの写真‼️
88cm‼︎
楽しんでくれたかな?
終わってみれば天気も良く、話も弾み、楽しかったな。
伝えたかった釣技もすべて継いでくれたものと確信できたし、とても有意義な1日やったね。



午後からは水潮の影響が少し出て釣りにくい中でのこの釣果、僕には満足やったね。


ドヤ顔も見れたしね。

ご近所さんも大喜び。新鮮な魚は喜ばれるね。

このあとはお楽しみの夕食。

美味かったな。精がついたな。諏訪魔の部屋でお肉との格闘やったね。


見送られるのは苦手なんで僕がお見送り。
ありがとうね!

さてと次回は田辺湾‼︎
美味い魚を楽しく釣りますかね。
シノやんお世話になるからね、釣らせてね〜。

で、気になる結果は……?
まぁ僕のホームグラウンドやからね、僕がいつも行ってる釣り場やからね。
当たり前の結果やったね。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 太陽の贈り物。 | トップ | 少し準備。 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
まさかの (しのやん)
2016-11-02 21:06:43
あの一方的な展開が、ブログになると、こうなるんですね(=_=)
兄さんのホームグランド
勉強になりました!アザっす!
次は田辺湾でお待ちしております(˘ω˘)
Re:まさかの (雨チヌ。)
2016-11-02 21:20:29
釣りなんて終着駅の無い旅と同じやからね、この僕ですらいつも勉強の繰り返し。
ますますの飛躍をひたすら願っております。


なんてね、ブヒーッ‼︎
ぜんぶ知ってて (ようちゃん)
2016-11-05 05:47:48
涙なしには読めないblogでしたね。
孫ほど離れてるのは歳ではなくて技術では?
Re:ぜんぶ知ってて (雨チヌ。)
2016-11-06 09:17:00
若い衆に何かを伝えていくっていう事は僕ら世代の義務になりつつありますね。
来週もいろんなことを伝えてきますよ。
また涙が止まらなくなりますね。

コメントを投稿

チヌかかり釣り」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。