ダックのパパママストア

商店街に有る、パパママストア。
  何を売る店? 今日は、何をお探しですか....? 商店街で起こる色々なこと。

気合が入りませんナ。

2016-12-20 15:23:35 | 社会

万物が冷える季節とは云え、商店街のアーケードの通りは、余りにも人の往来が無く、閑散としてマスネー。

来年、市役所の新庁舎が商店街にオープンするのだが、その賑わいを期待して、新庁舎斜向かいの空きビル1~2階に、いち早く数年前に出店した、東京の方とか?飲食業が数ヶ月前に撤退してしまった。

当商店街も理事長の話だと、今年までの営業で3軒閉店すると言う。
数日前に一軒のお店の店頭看板を業者が来て撤去作業をして行った。

町の中は、師走になれば各団体の毎年繰り返されるイベントなども有り、おおいに盛り上げようと云う事なのだろうが、商店街はアチコチ空地が増えて、売り上げ激減ばかりでなく、商店街には隙間風が吹き込むようになり、寒風だけが活きよい良く通り過ぎて行きますナ。

本来平穏な暮らしの中に、一服の清涼をと、催し物を楽しみにするのだが、先週は1年に一度の先輩諸氏との飲み会があり、毎年何時もの場所で何時もの並び方で、一献傾けるのだが、腰を痛められ昨年同様、座布団を椅子代わりに重ねられる方、肩が硬直して、腕を伸ばし酌を受けるのも難儀な方。血圧が安定して今年は、三合までならと、医者に言われ参加された方など、少しみんなガタが来たかと思うのでは御座いますが、一献傾ければ、それはそれ、時にはべらんめえ口調も飛び出すが、和気あいあい昔のまま。

また、大倉喜八郎の会、講演会に出席すれば、(財)大倉文化財団の御好意か、宇田荻邨(うだてきそん)の淀の水車の色紙絵など頂き、新潟大学名誉教授、冨沢信明氏の名調子を拝聴して参りました。

来年は記念すべき年にあたり、主催者の発表では写真集の発行を企画しているとか。

月初めは櫻井よしこ氏講演会。先の日曜日は2年ぶりに中央高校主催の第36回チャリティーキャンペーンに家内と出かけ、吹奏楽、中学生との合同演奏、マーチングドリル演奏、寸劇交じりのポップスステージを楽しんで参りました。

何時も感心するのですが、良くマーこれだけの曲目を演奏しますネー。

しかし、家内の云うのには、今年は大河ドラマのテーマ曲がなかったと、毎回演奏曲目の一つに数えられていたはずだが、オリジナルがバイオリン演奏のせいかと?私につぶやく。

その大河ドラマも最終回。戦国時代最後の名将・真田幸村の生涯を描き、ブームとなったNHK大河ドラマ「真田丸」(日曜後8・00)は18日、10分拡大版で最終回(第50話)を迎えた。

ご覧になられる方も多いのだろうが、ヒットメーカー・三谷幸喜氏(55)の冴え渡る脚本、主演の堺雅人(43)をはじめとした芸達者なキャストの熱演がユーモアを交えながら骨太な人間ドラマを形作り、初回から人気沸騰。普段時代劇を見ないデジタル世代を巻き込み、1年間SNS上で反響を呼び続けたと、ネットでは語られているが、私はもう少し史実に忠実にと云う立場で楽しみたいのだ。

それは日本人のアイデンティティーをもっと深く、義や情を通し探りたいのだ。

兄弟は別々の道を選べざるなかったのは何故か?日本の心とは何か?そこの奥底にあるものは?そんなところをもう少し深く書けないのか?

番組の最後にテロップが表れる。

 

これより7年後、真田信之は松代藩十万石の大名となった。そして幕末、松代藩は、徳川幕府崩壊のきっかけを作る、天才兵学者 佐久間象山を生み出すことになるのだが、それはまだ遠い先の話であると...

最後の最後に、このナレーションで語られたが、心に落ちるものがあった。脚本家はここまで分かっていて書いていたのかと、

ブログも、ネタがあれば週に一度くらいなら書けるだろうとはじめたのだが、店頭に出てアーケードを眺めれば、人影はポツリ、ポツリでは、気合が入りませんナ。

 

 大倉喜八郎の会

http://blog.goo.ne.jp/papa_mama_001/e/3b5dac709d933e67e7bf73208201a7d4

 チャリティー・キャンペーン

http://blog.goo.ne.jp/papa_mama_001/e/02c81508a95ac01849ed274a4c856ab6

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 堀部安兵衛と義士展 | トップ | コント欄 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

社会」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL