ダックのパパママストア

商店街に有る、パパママストア。
  何を売る店? 今日は、何をお探しですか....? 商店街で起こる色々なこと。

暗雲漂う世なのか?

2017-07-17 18:10:47 | 社会

今度は九州に続き東海地方に集中豪雨と、月初めから各地で豪雨被害のニュースが駆けめぐる。

昨年の今頃は、名古屋に行き、名古屋城や犬山城を眺めて来たが、犬山城のしゃちほこが、この雷雨でほぼ全壊したのニュースが流れて来る。

望楼から眺めた木曽川の大河は大丈夫か?

各地で被害続出で、数百年に一度のドシャ降りとかで、雨が降ったら人が亡くなりました。

エッ、雨が降ったら人が亡くなる?情報化社会の近代に雨が降ったら貴い命が奪われるとは..。

残念ながら私達はそんな社会に住んでいる訳です。昨日も北海道に豪雨、当地にも洪水警報がTVの画面から流れていました。

気象ばかりではありません。防衛省がネットワークの監視や、サイバー攻撃を受けた際の対応を担う「サイバー防衛隊」の規模と能力を大幅に強化する方向で検討に入ったの新聞記事。

じゃ~今まではいい加減だったのか?、想定外だから仕方がないデスッテ?

じゃ~地方の過疎化問題、人口減少は想定外なのか。

当市もかつては、10万6千人の人口があったが、年々減り続け9万7千4百人余り。

古来から日本の家族制度は、2~3世代同居が後継者の責務としてやって来た。なぜ、昔に出来た事が現代に出来なくなったのか?

均等の税制を止め、欧米流の税制を取り入れてから可笑しくなった気がするんですがネ。それが大部分が中流階級で生きてきた世界に大小の格差を生んだ。

大都市と地方都市、大規模と小規模の格差。

これをウィキペディアで、当地域を見れば、

JR新発田駅は新潟近郊区間内に含まれており、また国道新新バイパス-新潟バイパス-新潟西バイパスを通じて新潟市中心部と結ばれているため、新潟市のベッドタウンとしての機能の高まりから、近年開発が進み大型店の出店などが相次いでいる。一方で、全国の他市町村と同様に、中心商店街の衰退が大きな問題となっている。そのため、県立新発田病院を2006年11月に駅前の大倉製糸新発田工場跡に移転したが、どこまで効果があるのか推移を見守る。

中心部の衰退は全国的な規模で見られる現象だ。へたくそな商いをしたからと云うよりも、政策の有り様が問われるのだろう。

しかし、政治の世界を見れば、何処の国を見ても政策よりも、議員の揚げ足取りに終始している。

どうもこの世の中、大自然のリズムや、政治の世界に狂いが出始めたか?

そんな喧騒の中、市民は心の癒し方を知っているのだろう。

先週は『いきいき芸能発表会』(第37回高齢者芸能発表会)、今週も市芸能音楽祭『合唱のつどい』(第38回)が開かれ、どちらも家内と市民文化会館へ出かけて参りました。

プログラムの1曲目は、村上混声合唱団による、混声三部合唱組曲「阿賀野川」より阿賀の里

 〔今年は羽越大災害から50年の筋目となる年です。私達は組曲「阿賀野川」を歌う事にいたしました。この大災害を忘れることなく、災害への備えを願い、歌います。〕

なかなか壮大な曲想でございました。

ステージからは、高校生の若々しい歌声から、永年コーラスを楽しまれた方々の歌声が流れて来ます。

17組目は、新発田市民合唱団、パッヘルベルの「カノン」による遠い日の歌涙を超えて、〔今年は、雰囲気の対照的な2曲をお届けします。いろいろなことがありますが、一つでも多くの楽しみや希望を励みにして、元気に生きていくことができますように。〕

プログラムに寄せられた、最初と最後の合唱団のコメントは、時勢を言い当てていて歌声と共に感激。

最後は、観客も含め、みんなでうたいましょう!

と云うことで、花嫁人形、新発田市制施行70周年記念の新発田市歌~虹の橋をわたって~を歌って参りました。

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 孫の誕生日 | トップ | 久々のビヤガーデン »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL