ダックのパパママストア

商店街に有る、パパママストア。
  何を売る店? 今日は、何をお探しですか....? 商店街で起こる色々なこと。

堀部安兵衛と義士展

2016-12-07 18:01:29 | 社会

イクネスしばたを訪れたら、2階展示室で『堀部安兵衛と義士展』が開かれていた。毎年の行事の様だが、見るのは初めて。

展示室には館長のあいさつ文が記されていました。

 当館では、これまで収集してまいりました、堀部安兵衛と赤穂浪士の関係資料を、毎年12月14日に武庸会が開催する義士祭に合わせ展示しています。

今回の企画展は市内の篤志家の寄付金によってつくられた「堀部安兵衛文庫」や市民からの寄付を受けた資料等をもとに、絵画を中心とした展示になっています。

郷土の生んだヒーロー堀部安兵衛を身近に親しんでいただければ幸いです。

展示コーナーの展示品を見れば、安兵衛の錦絵が結構並んでいる。中には某菓子鋪の包装用に高田馬場の一件が描かれてた。

色々な角度から描かれていて、良くマー集めたものだと、錦絵の文化もこんな所で感じるので御座います。

市議会も定例会の初日の1日、議長をはじめ全市議27人が市執行部15人と共に、赤穂四十七士の討ち入り法被を着て本会議に臨んだと、「討ち入り姿で論戦」の新聞記事。

市長は「新発田人の遺伝子に安兵衛の正義感が組み込まれている」と討ち入りならぬ、論戦への心構えを強調。市議からは「法被を着ると攻撃的になる」との声も聞かれ、22日までの会期中、市政に対する活発な議論を誓ったとある。

堀部安兵衛武庸(ほりべやすべえたけつね)は、寛文10(1670)年に、新発田城下の外ケ輪(現在の大手町JA北越後お米センターのあるところ)に、藩士中山弥次右衛門の子として生まれました。

父が火事の責任を取って浪人になった後、19歳で江戸に出て、家の再興を目指して堀内道場で文武両道に励んでいるとき、高田馬場の助太刀で名をあげ、播州(兵庫県)赤穂藩の江戸詰の藩士堀部家に婿入りしました。

元禄15(1702)年12月14日、赤穂浪士四十七名は主君の仇を取るため吉良邸に討ち入りを果たします。

安兵衛は剣の使い手として有名です。それだけでなく、残された文章の内容からは、しっかりした教養も身につけていたことがわかります。

「飲んべえ安」「喧嘩安」というのは偶像です。

安兵衛はじめ浪士は当時の民衆から称賛を得て、「赤穂四十七士」とか「赤穂義士」と呼ばれるようになりました。江戸時代以来、浄瑠璃・歌舞伎・講談の流布によって、史実と虚像が入り混じり、雪だるま式にヒーロー像がふくれ上がってゆくのですと、図書館のパンフに紹介されている。

私が学生の頃、新宿京王百貨店で「堀部安兵衛展」があり、細長いショーケースの展示品の中に、安兵衛が愛用したと云う、ふるぶるしい升だったか、おちょこだったか?もっともげに飾られていて、安兵衛は確か史実では、下戸のはずと、この歳になって展示品の細部までは思いだせないが、それを見て、ビックリしたことは今でも覚えている。

数日前に、知人から武庸会よりの連絡をお伝えいたします。お時間がございましたら御参加願いますと、メールを頂いた。

14日の義士祭の日程が記されていた。合わせて22日に中央義士会の中島康夫理事長が来られ講演会を開催します。

「平成28年の忠臣蔵の総括」をタイトルに、只今放映中のNHK土曜ドラマ「忠臣蔵の恋」や、マスコミの仕事の裏話などお話頂きますとある。

中島氏のお話は一度聴いた事がある。付して忠臣蔵を大河ドラマで、再び2020年誘致を目指してと、義士親善友好都市の呼びかけで、当市も「堀部安兵衛伝承館」のある『清水園』や、企画展コーナー「イクネスしばた」、安兵衛を顕彰する市民団体「武庸会」が署名活動を行っている。

署名は12月15日まで集め、義父堀部弥兵衛の生誕地である岐阜県笠間市を通してNHKに提出する。

私も著名してきたが、堀部安兵衛の生誕350年となる2020年に、NHK大河ドラマ「忠臣蔵」が再び放映なれば当市の知名度もアップするのだろう。

 

 安兵衛はこのブログでも何度か話題にしているが、その中から・・・

義士祭

http://blog.goo.ne.jp/papa_mama_001/e/711eca72c843d068f047f54c7275d9c2

 

武庸会百年祭

http://blog.goo.ne.jp/papa_mama_001/e/5290f8c36dd41c44389daea6f7590617

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大抽選会!! | トップ | 気合が入りませんナ。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL