ダックのパパママストア

商店街に有る、パパママストア。
  何を売る店? 今日は、何をお探しですか....? 商店街で起こる色々なこと。

古希を祝う会

2016-10-24 16:22:14 | 社会

市役所より便りが届く。日頃から、高齢者福祉事業にご理解いただきありがとうございます。この度、気軽に認知症予防を学ぶための講演会を開催いたします。すぐに実践できる脳を活性化させる方法を学び、「認知症予防」に役立てていただきたいと考えております。この機会に、ぜひ、ご参加くださるようご案内いたしますと、そんな便りが、高齢福祉課介護予防係から私宛に送られて来た。

自分ではそんな歳を取ったつもりも無く、そんな便りを興味が無い訳ではないが、そのまま封筒の中に仕舞い込む。

それを、重ね起きされている未処理の中から引き出し、あらためて読み返してみれば、講演会は7月の話だった。

なるほど、ボケと云うのはこう云う事か。きっちりした認識がわいてないのか最初に目にした時に、まだ先の話と、日時の確認をしてない。

講演タイトルが「今日から実践!脳の活性化!!」とある。

そう云えば、自宅を留守にする時、鍵をかけたか?数歩歩きだし、また玄関に戻り確認する事が有る。

数分前の事柄が、自然のながれか無意識な行為になっているのか、若い時と違って、映像として脳裏残っていないのだ。

JRの職員がホームで指差し、声をあげ確認行動を怠らない。我々の年代もそれを見習い、指差喚呼して脳に刻み込む事が必要なのだろう。

 そんな折、高校時代の同期会をやろうと云う話が持ち上がり、数年前から顔見知りに声をかけられ、数人の懐かしい同期の集まりから、もっとお声かけをしてみようと云う事で、2年ほど前には理工系クラスの同期会がもたれたり、関東地域の同期の集まりとか、毎年集まるクラスも有るとかで、同年代全クラスの同期会を、33歳の時一度、私も幹事をやりお正月にやった事がある。

その後、呼びかけに賛同した集まりもあったが、幹事役がその都度替わり、今回、文系理系全8クラスに久々の呼びかけ、60代も終わりに近づけば、もはや1クラス分50人はあの世の人となり、宴席の始まりは全員起立して、亡き友への黙とうから始まる。

〇〇〇高校 18回卒業 古稀を祝う会、全クラスに呼びかけた同期会は33歳で1回目、その倍以上の歳月が流れて、晴れて2回目の開催。

参加者80名余り、顔を見れば思い出す人もいれば、ハテと思い込む人もいる。卒後50年ぶりに会う人もいて、「お前の弁当にはご馳走が入っていたよナー」「オレなんか弁当をフタで隠しながら食べてたヨ」「イヤイヤ、家は弁当が一番ご馳走があるんダガネ」

ある方の顔を見たら、こんな会話を思い出した。一年の時、彼は隣の席にいた。その彼が奨学金受給の申請をしていてビックリした事が有る。

又、別の御仁は、一言二言話せば昔を思い出す。そうそう彼はこんな雰囲気だったよナ。月岡の温泉宿の150畳の宴会場に華が咲く。

翌日は、母校の旧制から数え120周年記念式典があり、そこにも引き続き出席される方が十数人おられた。

式典出席の八十代御年長グループが午前、街中散策の途中当店を訪れる。また、懐かしい若い時、母校の国語の先生を務められていた近〇氏が、もはや当地に来る事も無いかもしれぬと、式典前に立ち寄られて行く。

幹事役の某氏は、案内文を出したのに返答が少ないと、気をもんでいたが、これだけ集まれば立派なもの。

今日も某氏が立ち寄り、当日の記念写真に名簿を貼り付けた物を作り、そのコピーを私に見せる。

これを、欠席の返信のあった方々に、返信はがきに寄せられた「近況の一言」を一言集に、また別の幹事役がまとめ、印刷はまた別の幹事役が手伝って作り、それを欠席の案内を頂いた同期に郵送するのだそうだ。

参加した御仁達から、大変御苦労いただき、心より感謝しています。お世話になりました、感謝、感謝と、某氏にメールが複数寄せられていた。

話を聞けば、金庫のカギを預かった者が、朝食会場で、昨日の宴会場に封筒に入れた間々忘れたと云う事で、幹事、フロントが大騒ぎしたのだが、実は自分の部屋の隅に有ったとか。

私も朝帰ろうとすると上着が無い。宴会場に忘れたか?フロントに問い合わせるが届いてないと言う。誰かが、2次会会場に上着1枚余っているみたいだぞと云う。イヤハヤ、フロントに有りましたと報告。

また、今回参加出来なかった、同期の認知症の専門家からも、御苦労さまでしたとメールが届く。

そうそうこんな記事が有りましたナ。

人間僅(わずか)50年、人生70古来稀(まれ)、何か腹のいえる様な事を遣って死なねば成佛は出来ぬぞ健康年齢、男71歳 女76歳。

さて、古希を祝う会で最後になるのか、まだ青春を追える日々は有るのか?

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 投票管理者 | トップ | 防災訓練 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL