ぱおんの小部屋

水郷爆釣隊隊長のひとりごと…

ガラホ端末

2017-02-12 09:11:17 | Weblog
昨年12月から使っているガラホの端末。シャープ製のアクオスである。ラインができるガラホ端末として勧められて買ったのだが、非常に使いにくい。この端末機の出来が悪すぎるのだ。

まず困るのはボタンを押した時の反応の鈍さである。ガラホ端末だから文字入力はあかさたなキーを複数回押しだけど、これが反応が遅くて指の動きについてこない。

さらに入力システムの出来も悪い。「か」を入力した後「濁点」を押すと「が」、「さ」の後「濁点」で「ざ」なのに、「つ」の後「濁点」だと「っ」になってしまう。「づ」にするには「濁点」を2度押ししなければならない。

このように入力法則が統一されていないため、入力作業にストレスが掛かるのだ。その上、予測変換の精度が低い。いや、精度というより使い勝手を全く検証していないようだ。

「問題」と打とうとして「もんだい」と平仮名入力していくと、「問題化」「問題外」「問題視」「問題集」「問題文」などと候補が続き、「問題」と出てくるのはその後だ。こういうものは「もんだい」と打てばまず「問題」と出て、その後に「問題化」などの候補が続くようにしないと不便なものだ。

反応が鈍く、入力が不規則で、変換精度が悪いとなれば、非常に使いにくいと言われても仕方あるまい。普通、日本メーカーの商品は、痒いところに手が届くというか、こうしたところがよく出来ているのだが、この端末はそうではない。シャープの経営が傾くのも頷ける出来だ。

買い換えようか。でも高いからな。ま、何かすぐ故障しそうだし、強制的な買い換えになっちゃいそうだな。
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« バッグインバッグ | トップ | 新宿~ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事