ぱおんの小部屋

水郷爆釣隊隊長のひとりごと…

2017.9.2.潮来

2017-09-02 17:17:08 | Weblog
釣りに行ってきた。

台風で大荒れかと思ったが、大したことはなかった。雨も時々パラつく程度。ただ、風は冷たかった。ゴアテックスのカッパを着てたから堪えられたけど、けっこう寒かった。

風裏の本湖北岸、エセハチからスタート。漁港のヘチをスピナーベイトでトレースすると1投目からズガンと食った。40アップのグッドワン。風が吹いたらスピナーベイト、王様の教えの通りだ!

ところが、その後は何も起こらなくなった。調子に乗って延々とスピナーベイトを投げていたのに。

漁港の出口の所にスタンバイしているバスを見付け、スピナーベイトを背後から通してみたが反応せず。さらに目の前でキルをかけたが見向きもしない。ネコリグを落とし込んでもダメ。

そこで、ダウンショットを使い、底まで沈めずに水面下30センチくらいのところをフワフワさせながら引いてみた。去年だったか、一昨年だったか、このやり方で50アップを釣ったことがあるのだ。すると・・・

スタンバイしていたバスがスーッとルアーの方へ動き、口を開ける仕草をした。パシッとアワセる。ドババババ!

40アップは40アップだが、傷を負ったガリガリ君だった。しかし、このダウンショットのフワフワ釣り、けっこう食いやがるな。悪くない。むしろ良い。

その後はまたアタリ無しが延々と続く。風が当たる側にも行ってみたが、さすがに台風の風、ちょっと釣りにならない。与田浦は雨に備えて減水させているようで、シャローは反応が全くない。そのうち眠くなったので昼寝・・・いや、朝寝をした。

目を覚ますともう昼時、最近太ってダイエットが必要なので、飯を食わずに引き上げることにした。ちょっとだけ長島川をやって。

長島川も減水。深みを・・・と言っても難しいので簡単なオダ撃ちをする。テキサスをブッ込んでも反応がなかったからダウンショットを投入。プルルというアタリと共に、やっと20センチの小バスが釣れてきて、これにて終了とした。

写真は帰ってきてからの藤代の空。もう秋? それともまだ夏?
もう少し夏が続いて欲しいけど。

※バスの写真はケータイでなくデジカメで撮っていたので、また今度アップします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加