パンダの窓

時事ネタ。これは(自分観点で)おかしいゾ?と思うことを忘れないために記載します。共感していただければありがたいです。

労組加入米国人雇止め「不当」

2017-06-16 02:52:49 | 雇用
府労働委員会は13日、高槻市内在住の米国人男性(51)が労働組合に入った後に、市が「雇い止め」をしたのは不当労働行為に当たると認定した。

市に対し、男性が加入する労働組合に再発防止の誓約書を提出するよう命じた。

市は豪州から小学校で英語を教える指導助手を採用。助手らを監督するスーパーバイザー(SV)として男性と雇用契約を結び、2004年~14年度、契約を更新してきた。

14年9月、男性が労働条件の改善を求める為組合員になった約2か月後、市は翌15年度にSV制度を廃止し、契約を更新しないことを通知した。そのため、労働組合が15年3月に救済を申し立てていた。

府労働委員会は市の対応について、「男性に説明を尽くしていない」と指摘。

「組合を嫌悪して契約を結ばなかったとみるほかなく、組合の弱体化を招く支配介入だ」と結論付けた。

市は「命令書の内容を精査したうえで、今後の方針を検討したい」とコメントした。


市の雇用で契約更新と書かれているので非正規雇用の任用だと思いますが、これって画期的な内容じゃない?

労働環境が悪ければ改善の為、交渉することはあたりまえだし、

労働者が労働組合に入って何が悪い?

なんでもかんでも、気に入らなければ、切れば(雇い止めすれば)いいってもんじゃないでしょう

子供か?
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 死後離婚 | トップ | 子の貧困格差、日本は10番目 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。