やっぱり変態なんですか?

自己女性化愛好症(オートガイネフィリア)
下着女装者の独り言

身体への憧れ

2016-10-13 00:19:33 | 願望・妄想・想像
今でも僕はGID
いわゆる「性同一性障害」じゃない

でも女性に憧れがある
女性・・・?
女性の身体に憧れがある、が正しいのかも

小学低学年の頃、自分が女の子になる、そんな妄想をしてたのを思い出す

あの時、母の下着を初めて穿いた時もなんの抵抗もなかった

小学中頃好きな女の子がいた、4つ下の従妹
「好き」なのか「憧れ」だったのか
よく家に泊まっていた
彼女が風呂に入っている時してた行動を思い出した

彼女が風呂に入るとすぐに彼女のパンツを持ち出す
部屋に行き、そのパンツを穿く・・・ただそれだけ

彼女のパンツを穿く事で彼女になった、そんな気がした
そして彼女が出るまでに戻す、そんな事を繰り返してた

初めて女の子の大事な部分に触れたのもこの時期
相手はやっぱり彼女

コタツで寝ている彼女
コタツの中に潜り込み彼女のパンツをめくる
オレンジの中でも判る白くてスベスベの肌と
ぷよぷよした柔らかい秘部
押し開いてみれば、しっとりと濡れてる
まだその部分の理解すらできない
でも
出っ張りがなく、のっぺりとした
女の子の、その部分

これが欲しい・・・

なんで僕にはこれが無いんだ?

僕には付いていない、その部分が羨ましく思えた




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 身体の変化 | トップ | 素晴らしきかな女〇器 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。