風の音パンフルート製作工房

浅い軽やかな音・心に沁みる奥深い音を自然の素材から自在に引き出します。パンフルート販売・修理・見学受付け中。

待ち時間に次の楽器の工程進める

2016-11-26 | パンフルート作り

木工パテは乾くまで少し時間を要しますので待ち時間には次に予定している楽器集団の工程に入ります。

  

 

 次に組み立てているグループは数種の木のテノールパンフルート7台です。

今の工程は組み立てた後の穴の内壁最終仕上げです。

丸棒の先にサンドペーパーを巻き付けた手作り工具を使って内壁を仕上げます。

特に穴底部分は次工程で塞いでしまうので、今のうちとばかりに念を入れて加工します。

内壁加工最後の工程ですので妥協は許されません。

 

  

 

風の音パンフルート製作工房では地元広島の素材を使って温かい音の楽器作りを行なっております。

工房住所 広島市安芸区上瀬野町205 連絡先 080-5235-7664 panfrute@yahoo.co.jp

『楽器』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 最終材で41台 | トップ | はみ出し部分削り取り »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

パンフルート作り」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。