風の音パンフルート製作工房

浅い軽やかな音・心に沁みる奥深い音を自然の素材から自在に引き出します。




切ない音に仕上がるカイヅカイブキ

2017-04-19 07:38:59 | 被爆樹木のパンフルート

コルクとミツロウを詰めて音程の基礎作りをする工程でその楽器のある程度の性格が現れて

来ます。

 

   

 

  2014年9月当パンフルート製作工房にやって来た被爆樹木カイヅカイブキの木。

2年7ヶ月たって最後の材料がパンフルートの形となり産声を上げつつあります。

すでに50台のパンフルートを千田小学校に納品いたしておりますが、いま全ての材料を

使い切り最終納品へと動いております。

順次調律段階へと入っておりますが、今までとは違った響きを見せてくれております。

出て来る音が実に「切ない」のです。

当然のごとく産声はまだ荒っぽいのですが、その中に「ヒュー」と心に直接届く部分を強

く感じます。

材料が熟成して来たのか私の空気の送り方に変化が生まれたのかはわかりませんが、現実

に発せられる音には感情が満ちあふれています。

 

   

 

風の音パンフルート製作工房住所 広島市安芸区上瀬野町205 (国道2号線沿い)

連絡先 080-5235-7664 082-894-0854  panfrute@yahoo.co.jp

『楽器』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« コルク・ミツロウ埋め | トップ | 5時半には明るくなる »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。