風の音パンフルート製作工房

浅い軽やかな音・心に沁みる奥深い音を自然の素材から自在に引き出します。




側面版の底面カーブを切り出し

2016-10-12 07:45:23 | 被爆樹木のパンフルート

組み立てられたパンフルート管へ側面版を貼り終えたら次の樹脂塗りのための準備をいたします。

  

 

 貼付けられた2枚の側面版は巾に余裕を持たせてありますので、本体カーブに沿って切り出して行きます。

ちょうど溝を作るように両耳を立てて行くのです。

この溝の中には木材をはめ込んでも、木工パテを塗込んでも補強の役割をはたし空間を埋めることができれば

なんの物質であっても差し支えありません。

私はボートの穴の補修や塑像の下地の型作りなどで利用されている「ポリエステル樹脂」を使っています。

 

  

 

風の音パンフルート製作工房では地元広島の素材を使って楽器作りを行なっています。

購入・修理・貸し出し・教室などのお問い合わせは080-5235-7664またはpanfrute@ybb.ne.jpまでどうぞ。

『楽器』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 側面版を貼付ける | トップ | 側面版の溝に樹脂塗り »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。