風の音パンフルート製作工房

浅い軽やかな音・心に沁みる奥深い音を自然の素材から自在に引き出します。




歌口加工では音質は変わらない

2017-02-08 07:56:17 | 被爆樹木のパンフルート

製作者の中には「歌口加工が音を決定づける最大の要因である」と力を入れる方もおられます。

   

 

 歌口の丸み付け加工では音質を変えることは出来ません。

音質は素材の特有のものと、楽器としての下処理によってすでに決定つけられています。

ここでの丸み付けは、唇の触れる当たりの柔らかさが確保されれば良しとします。

自分でビームを吹き込む時とか管移動のときに違和感がなければ良いのです。

音質を変える追求をするには、自分自身の空気の塊の扱いに注目してください。

 

   

 

風の音パンフルート製作工房では30数年の経験をもとにパンフルート作りを行なっております。

工房 広島市安芸区上瀬野町205  連絡 082-894-0854 080-5235-7664 panfrute@yahoo.co.jp

『楽器』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« こすれて痛いので歌口丸みを... | トップ | 深い丸みと浅い丸みをイメー... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。