風の音パンフルート製作工房

浅い軽やかな音・心に沁みる奥深い音を自然の素材から自在に引き出します。




軽い音と重い音を出せますか

2017-07-17 07:47:03 | パンフルート演奏研究

パンフルートで音量が大きい音と小さい音はわりと簡単にみなさんも出されていますが、

軽やかに弾ける音と重っ苦しい音を空気をコントロールしながら出すことはできますか?

 

   

 

 みなさんはパンフルートで音を出す時、どのようなことに気をつけていますか。

多くの方は一定の立ち上がりを求めて、同じタンギング位置でおなじ息の量・強さをもとめ

変化をつけないことを心がけておられると思われます。

初心者のうちは基本通りそれでもよいのですが、初級・中級に進むにつれ意図を持った音作

りの方向に目をむけましょう。

音の立ち上げ方には大きく分けて2通りあります。

一つは軽めの音が出る「パーンと瞬間的にはじく」ような立ち上がり前半に重点を置いた吹

き方です。

もう一つは音が重く沈み込むような「柔らかく立ち上げてその塊を押し込んでふくらませて

最大限に持って行く」後半に重点を置いた吹き方です。

いろいろ試されて音の質感の研究を進めてください。

  

   

 

風の音パンフルート製作工房 広島市安芸区上瀬野町205 国道2号線沿い

連絡先 080-5235-7664 082-894-0854 panfrute@yahoo.co.jp

『楽器』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« パトスという月刊誌に記事掲... | トップ | 日野原重明先生105歳まで... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。