風の音パンフルート製作工房

浅い軽やかな音・心に沁みる奥深い音を自然の素材から自在に引き出します。




増殖を続ける合唱隊団員

2017-07-01 07:52:11 | 被爆樹木のパンフルート

千田小学校では私が被爆樹木カイヅカイブキの木のパンフルートを作り始めた当初の団員

8名からパンフルートが加わるにつれ団員が増え続けています。

 

   広島テレビ放映画像より転写しました。 

   

 

6月27日千田小学校でのパンフルート贈呈式に行ってみると団員がさらに増えていまして

先生から「現在団員が68名になっています。今日出演する10名のパンフルートがない状

態です。ここに並べたパンフルートの中から10台をさっそく使ってよろしいでしょうか」

と言われパンフルート人気の実態を実感いたしました。

パンフルートを吹く子どもたちが増えて製作者にとって嬉しいかぎりです。

600名のマンモス校である千田小学校ですが、1割以上の児童が所属する合唱隊となり今

回の40台を加えてますますの発展が期待できます。

上映像写真では68台のパンフルート合奏が行なわれました。

日本新記録を更新中です。

 

   

 

風の音パンフルート製作工房では被爆樹木パンフルートを通じて平和の発信をしています。

連絡先 080-5235-7664 082-894-0854  panfrute@yahoo.co.jp

『楽器』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« テレビ局2社・新聞1社が取材 | トップ | 遠くへ届く音を研究し体育館... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。