風の音パンフルート製作工房

浅い軽やかな音・心に沁みる奥深い音を自然の素材から自在に引き出します。パンフルート販売・修理・見学受付け中。

遠くへ届く吹き方

2017-07-07 | パンフルート演奏研究

千田小学校体育館での演奏へ向け、遠くへ届く音イメージトレーニングの中で見つけた

技法を述べます。

 

   

 

 演奏者が1本の管の歌口から出した立ち上がりの音は、間髪をおかず自身の耳に届きます。

判断材料はその音の聞き分けしかないのですが、その音が「意図的に出されたもの」か「結果

として出ただけで意識のない音」であるかでその後の展開は大きく違ってきます。

日頃の練習では音符を追うとか技法などで意識はいっぱいでしょうが、少しは「音の立ち上が

り」「音質」「唇から出た空気の流れをとらえるイメージトレーニング」などに目を向けてく

ださい。

 自分の声を録音で聞いた時「こんな声ではないはず」と戸惑いを覚えたことはありませんか。

話が難しくなりましたが、私の言いたいことは少し視点を変えて音を形として見て頂きたいこ

と。

何気なしに吹くのではなく少しでも意図が入った吹き方をしていただきたいのです。

続く。

 

   

 

風の音パンフルート製作工房では演奏研究も行ないながら製作を続けています。

連絡先 広島市安芸区上瀬野町205 080-5235-7664 panfrute@yahoo.co.jp

『楽器』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ラジオ生番組に出演 | トップ | まずは自分の音を聞いて育てよう »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

パンフルート演奏研究」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。