あなたの『死生観』がググッと深まる・グーグーぱんだの語る「生と死」のお話  

死に対して自由な心~僕と彼女と妹の物語~  
☆このページのどこかに【今日の無料プレゼント】あり☆         

さよならだけが人生だ(1) 浄土真宗親鸞会講師のブログ

2009-04-20 | 無常
出会いと別れの季節、春。

桜散り行くころ、どこから湧き出てくるのやら、
毎年心の耳に響く言葉があります。

それは、

「さよならだけが人生だ」


これは晩唐の詩人、于武陵(うぶりょう)の
「勧酒(酒を勧む)」の結びの句を
井伏鱒二が訳したものです。

まずは原文から見てみましょう。


「勧酒(酒を勧む)」(于武陵)

  勧君金屈巵

  満酌不須辞

  花発多風雨

  人生足別離


(書き下し文)

  君に勧む 金屈巵(きんくつし)

  満酌 辞するを須(もち)いず

  花発(ひら)いて風雨多し

  人生 別離足る


※金屈卮:曲がった取っ手の附いた黄金の杯
※足  :満ち足りる。多いということ。

  ○『全唐詩』卷六百、収録。 五言絶句



次に井伏鱒二の名訳です。


  この盃を受けてくれ
  どうぞなみなみつがしておくれ
  花に嵐のたとえもあるぞ
  「さよなら」だけが人生だ


※花に嵐のたとえ:「月に叢雲(むらくも)、花に風(=嵐)」



この言葉を教えてくれたのは父でした。
記憶によれば、当時中学生。
とても心に残っています。

特にインパクトがあったのは何といっても

「『さよなら』だけが人生だ」の結句。


さて、
「本当にさよならだけが人生なのだろうか、出会いだってあるし」と
当時考えたものです。

そして

「これはただ、人生を投げ出し、“どうせサヨナラするんじゃねえか”と
 いうような冷たさ、虚無感は感じさせない。
 ここで言いたいことは、もっと奥にあるのでは」

というところまでいきましたが、胸につっかえを残したまま数年が過ぎました。
その後、出会った言葉が

「一期一会」



「この出会いは一生において最初で最後、そう思って人に接してごらん。
 きっと優しくなれるから」


哲学好きな高校の先生はそう教えてくれました。
なんだか目のあたりがジーンとしたのを思い出します。
そしてスグに井伏鱒二の言葉を思い出しました。

「『さよなら』だけが人生だ」

この言葉はきっと一期一会の心なんだ。
だから、切なさと温かさが同居しているんだ。
一人、ああそうだそうだ、そうに違いないと感動していたものです。


  人生 別離足る

  『さよなら』だけが人生だ

今また思い出し、胸熱し。 


 つづく

関連:

さよならだけが人生だ(2)浄土真宗 親鸞会 講師のブログ・人生の目的と生きる手段
http://blog.goo.ne.jp/pandagananda16/e/8fcb5d93ffe4c9e0fdec83f23eb4b181

さよならだけが人生だ(3) 浄土真宗 親鸞会 講師のブログ・人生の目的と生きる手段
http://blog.goo.ne.jp/pandagananda16/e/765f7b9777451711969eb7e184768e90

花も嵐も|どブログ(浄土真宗親鸞会講師)
http://ameblo.jp/a-new-morning/entry-10223053915.html
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ドラマ・スマイル(浄土真宗... | トップ | さよならだけが人生だ(2)... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。