流氷の上で オジロワシ

2017-02-27 | タカ科

北海道遠征3日目です
早朝5時半過ぎにホテル出発 6時発の羅臼クルーズ船に乗ります
風もなく 寒さはまったく感じませんでした  羅臼漁港を出て外洋へ・・・しかし、昨夜の内に流氷が流されてしまい漁港に引き返しました
幸い漁港には取り残された流氷が沢山あり 港内で揺れもなく 風もなく 私的には良かったです
残念だったのは 曇り空で日の出前 光がなく暗い感じで 綺麗に色が出ませんでした

オジロワシ(尾白鷲)




全長 オス80㎝ メス94㎝




オス メス同色




翼開長は199~228㎝



観光船から魚が投げられて オジロやオオワシがやって来ます カラスも・・・

餌のタラ




カレイなど




1便はお腹が空いているので 鳥さん達に奪い合いとか 飛びとか動きがあるけど 3便になるとお腹いっぱいで 止まってばかりで動かないとか・・・




魚好きな オジロワシとオオワシ




カラスも入り乱れて




あちこちで 沢山いました




流氷に止まる オジロさん









 
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

北海道の漁港にて

2017-02-26 | 野鳥

北海道遠征2日目です
野付半島を後にし 標津近くの漁港にて

オオワシが1羽




風連湖でも沢山の カメラマンさんが撮っていました




大きなくちばしは黄色く湾曲




ここでも コオリガモさんがいました




遠くに カワアイサが・・・海にカワアイサ? 手前はシロカモメ




北海道では川は凍ってしまうので 海にいるそうです




ちょっと目を離したすきに オオワシさん飛ばれて 船のマストの上に




あ~飛びを撮り損ねました~




ウミアイサの雌の団体さん




ホオジロガモさんも仲良く




この日は 早めにホテルへ・・・シマフクロウを撮るため早めの夕食
6時過ぎから12時まで 6時間待てど暮らせど・・・振られてしまいました 2度目です なんてこっちゃ~
後で聞いたら 明け方の4時過ぎに来たそうです


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ユキホウジロ(雪頬白)

2017-02-25 | ツメナガホオジロ科

北海道遠征2日目です
野付半島ネイチャーセンターを目指して走っていると 道の両脇はシカ牧場か・・・と言うくらいのエゾシカ
何百頭いるのか 数え切れないほどのシカさんでした

立派な角を持っている エゾシカの雄を撮って見ました




突然左手に 2羽の白い鳥が飛び立ちました
ユキホオジロです




飛ばれないように 




緊張の撮影です




数少ない冬鳥として 北海道 本州北部 日本海側に渡来しますが




全長16㎝




砂浜に生えるハマニンニクの実が大好きとか




くちばしは橙色をしています




雪の上にいると 目立たないので 飛んでくれたので見つけられました




去年 三重県で会った時は良く撮れず撃沈したので リベンジ出来良かったです




キタキツネにも会えました 車内からの撮影です




冬は毛がふさふさなので 可愛いですね~
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

コオリガモ(氷鴨)

2017-02-24 | カモ科

北海道遠征 2日目です
歯舞漁港で コオリガモが見れました 昨日も花咲港でも見れましたが 距離がありました
見るにあたって 注意点がありました 居たら先ず潜るまで動かない 潜ったら近くまで移動する・・・と
実際 一度潜ると 出て来るまで 結構長く感じました

コオリガモの雌 全長38㎝




顔は白い 頬と頭頂は茶色 




くちばしは黒い




コオリガモの雄 全長60㎝ 




体全体が白っぽく見えるのと 流氷が見られる頃にやって来る事から 氷鴨と・・・




正面顔は こんな顔です




アゥー アゥー アォナッと特徴的な鳴き声で 地元の漁師さん達には アオナと呼ばれています




コオリガモは冬鳥として北海道にやって来ます 北海道以外は稀にしか見れません




近くには クロガモさんもいました 全長48㎝




全身が黒く くちばしの橙色でこぶ状に膨らんでいます




遠くに シノリガモの団体さんもいました

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

納沙布岬から

2017-02-23 | 野鳥

北海道遠征 2日目
根室のホテルを7時30分出発 先ずは納沙布岬へ





根室湾は一面の氷で覆われていました




ヒメウが1羽




冬羽のヒメウさんは 朝日を浴びて緑色や紫色の光沢で 肉眼で見たらとても綺麗でした




この色は 私の撮り方が悪かったのか 真っ黒なヒメウさんになってしまいました




カワウやウミウより 細身です




近くの漁港に シノリガモさん




クロガモさんと仲良くいました




岸壁近くで アカエリカイツブリさんが1羽




夏羽は首から胸が赤橙色になります 今度は夏羽を見たいものです




サロベツで繫殖するそうです




漁港の堤防の上で 朝日を浴びてのんびりと シロカモメ3羽




まだ 眠いのでしょうか? 大きなあくびをしました
コメント
この記事をはてなブックマークに追加