坂之上 自転車最新情報

坂之上サイクルステイションのブログです。

レベル☆プロ 「ロード用 油圧DISCブレーキ (その1)ST-R785・BR-R785 (追記・修正しました)」

2016年10月23日 09時26分40秒 | レベル☆プロ
すみません。前回の記事に修正等がありました。「」で示した部分が修正箇所です。

長い記事ですので、前に読まれた方は飛ばしてご覧ください。


本日23日は午後1時から夕方7時までの営業です。



↓ 以下、過日の記事にの修正を加えたものです。




みなさまこんにちは。

定休日前の深夜、シャッターを半分下した店内で「シマノ社・ロードバイク用油圧DISCブレーキ」のメンテナンス作業を行いました。今回の作業では「ロードバイク用油圧DISCブレーキ」の整備性を確認するため、中島が使用しているバイクを題材にして「油圧ホース交換」、「オイル注入」、「ブリーディング(エア抜き)」を行い、記録をとりました。




今回の検証目的はこちら


  ☆ 1、「デュラエース油圧DISC」発売前に、ロード用の油圧ブレーキメンテの作業要領確認、
      時間、難易度、注意点等をチェックする

  ☆ 2、「イージーホースジョイント※1」で組まれた完成車の油圧ブレーキ。そのメリットと性能を分解して調べてみる

  ☆ 3、ブレーキの握りシロに前後で差があるので(レバー調整無しの初期位置で)、レバーの調整機能を動かす前に、
      油圧系に問題はないか確認する

  ☆ 4、「イージーホースジョイント(J-キット?)※1」での重量増はどれぐらいか調べる

  ☆ 5、「作業を検証する」と同時に、自分が普段使うバイクの軽量化を図りつつ、ジョイントなしのケーブルにしたい・・・(←最大の目的です・・・
      すみません



 ※1、シマノ社 イージーホースジョイント

ブレーキラインの途中に見える黒い金属が「イージーホースジョイントシステム(Jーキット?)」のジョイントです。「ジョイント付きホース」が組み付けされたブレーキキャリパーとレバーが、シマノ社の工場でオイル注入とエア抜きまでされた状態で出荷される。完成車メーカーにとっては、ジョイントするだけでエア抜きの作業がいらないし、ブレーキホースをフレーム内に通せるメリットもある便利なシステムです。
MTBのJ-キットはレバーにダイレクトにホースをつなぐので外見上分からなくなりますが、ロード系はホース途中にジョイントが残ります。OEM完成車メーカー向けの製品とされ、我々販売店にはやや謎めいたパーツでもあります。



あくまでも作業手順を説明する趣旨ものではございませんので、一般のお客様は真似されませんよう、「自転車屋さん苦労話」みたいな物としてとしてお楽しみくださいませ。

くれぐれも興味本位などでは

「絶対にオイルラインを開けることが無いよう」

重ね重ねお願いいたします。すみません。

( ※ 油圧式でトラブルを起こした場合「自力でのリカバリーはほぼ不可能」となり乗車できなくなると予測され、大変危険です。その他にも、お使いの自転車に何か異常や違和感を感じる場合は、乗車せずに、お早めに専門店にご相談されるようお勧めいたします。  )




■ ロードバイク 油圧DISCブレーキ ホース交換&ブリーディング検証 

  ● バイク : GIANT 2016 DEFY ADVANCED SLゼロ

  ● ブレーキシステム : シマノ ST-R785  BR-R785 油圧DISCブレーキ

  ● 作業 : リヤブレーキホース交換 、 ブリーディング(エア抜き) 

ブレーキホースは純正指定の「SM-BH59」を使用、イージーホースジョイントが付いたものを外し、同じBH59をダイレクトにつなぎます。 




 来年春にはいよいよ「デュラエース油圧ブレーキシリーズ R9120(機械式メカ+油圧ブレーキ)、R9170(Di2+油圧ブレーキ)」が一般発売となり、合わせて、プロ競技の世界でもDISCブレーキのレースでの使用が正式に認められる方向に進んでいます。現在市場にあるシマノ社の油圧ブレーキの中で、最もデュラエース(油圧ブレーキ)に近いと思われる「ST-R785」のDi2レバーと、BR-R785のDISCキャリパーを題材にして、ホース交換の作業を検証してみました。







■ エア抜きの時に車体を色々傾ける必要がありますので、高さのとれる整備スタンドにセット。カーボンフレームを直接クランプしないよう、GIANTのシートピラー用クランプを間にかまします。








■ GIANT社から出荷されたままの状態で、フロントに比べてリヤブレーキの握り幅が狭いのがやや気になっています。タッチや制動力に問題はないのですが、中島としては見過ごせないところです。レバーには複数の調整機能がついておりますが、ロード用油圧系の分解に慣れておきたいところもあるので、調整は初期位置のまま念のため分解してみました。整備後に変化が出るか確認のため、2回握りこんだ後、握りシロを測定しておきます。






■ 指さしてる黒い金属が「イージーホースジョイントシステム(Jーキット?)」のジョイントで、今回の作業では撤去されることになります。





■ ブレーキパッドを外し、すき間にパッドスペーサーを入れておきます。





■ フロントもオイルが落ちてくる位置にあるので、パッドを外しておきます。ともかく「オイルは結構飛び散る」ので、大事なものは避難させておきます(後ほど、失敗例も出てきます・・・)。このあたりも含めた作業難易度は恐らく、J-キットでつなぐ新車組付けより(←オイルラインは開かない)はるかに高いと思われます。






■ ブレーキホースがフレームのどこを通ってるか、BB下を見てみます。








■ でした・・・。ここを開けてもしょうがないんでした。このバイクはDi2なので使ってませんが、メカニカル用シフトワイヤーのトンネルでした。。。
くうー、ではクランクをばらしてフレームの中を覗いてみますか・・・






■ でした・・・2.ここもそうでした・・・見れないんでした・・・  組立て時に空っぽのフレームにワイヤー(ホース)を通した後は、クランク軸でワイヤーが擦れないようスリーブが入ってくるので、ワイヤー類は見えなくなるんでした(向こうに鹿屋体大のキューピーちゃんは見えますが・・・)お客様のバイクを整備する前に、自分のバイクで先に検証(初回にありがちな迷走・・・)できて良かったです。勉強になります。

ホースをどうしても通せないときはココを開けますが、ホースが動きそうなので、開けないでやってみます。ただし、フレーム内はDi2のコネクターが入ってるので、強引なことは禁物です。






■ 今回は、イージージョイントの付いたホースを取り払い、1本のホースをフレームに通して、キャリパーとレバーにコネクトしてからブリーディング作業を行います。写真は純正のホースキットです。









■ 「コネクターインサート」が専用品に変わってますので、この際、予備をストックしておきます。(1本はキットに入ってます)

(追記 ↑ この件は?です) 60ページ版のディーラーマニュアルを見てそう判断したのですが、176ページ版のディラーマニュアルもあって、そちらは微妙に違う表現になってました。ST-R785は旧来のコネクターインサートで良いのかもしれません。(今回はホースキット付属のものを使ってありますが、新旧不明)写真のものは「Jーキット用」なのかもしれません。要調査ですね。






■ 取り払うホースに通線用の予備線(左手で持っている青・シルバーの線)を差し込み、キャリパー側へホースを抜いてみます。このあたりで、「予備線が外れる」とか、やり損ったりすると、相応に厄介な作業が追加されることになるので慎重に行います。






 この辺りでもう、オイルを触る作業に入ってますので、写真を撮る回数が大幅に減少してます・・・(アイフォンをオイル手で触りたくないわけです)、すみません

■ ホース抜けました  ■ 新しいホース通りました  ■ ワイヤーのかわし等、後からやり替えはできませんので、しっかり確認、OK!  ■ ホース取り付けました   ■ ブリーディングのためにキャリパー外しました    ■ オイル注入、ブリーディング開始(MTB系のワンウエイ・ブリーディングの手順とほぼ同じ) ■ 写真でボトルが宙に浮いて見えますが、フックで吊り下げた方が安全です。今回は下の受け皿に乗っかってます(
  






■ 「ブリーディング」してます。取り付けた黄色い「じょうご」が水平になる角度が基準ですね。そうですか。応用がきいて分かりやすいです。ハンドルの固定に今回は他の自転車のホイールを応用して使いましたが、ハンドル固定用の専用工具がほしくなりました。

(追記 じょうごの件) じょうごは、ST-R785:水平、ST-RS685:後傾、ST-RS505:前傾45° と、ファンタジックに変化します。    





■ もしも「シマノのメカニックさん」や、すでにロード油圧ブレーキ整備を経験された販売店の方がご覧になってたとしたら、これまでの写真の中で、「それ危ない・・・」とお気づきだったかもしれませんね。中島は(自分のバイクでしたが)中途半端に取り残したバーテープをオイル漬けにする「やらかし」をして、これまた勉強になりました。作業中は周囲、下に「オイルがこぼれる」事を想定して、あらかじめオイルが付くとまずいものは避難させておくべきでした。








■ 写真を撮る前に「ついふき取ってキレイにしちゃった・・」のですが、オイルを溢れ出させるようにしながらフタをしてオイルラインを閉じます。ちょっとほっとする瞬間です。 ホッとしすぎて写真を忘れてました。さしてある工具は演出です…






■ つかの間の「ほっとした瞬間」の後は、オイルの付着したパーツ・フレームの清掃を手早く行います。オイルはパーツやフレームの塗装を剝離させる可能性がありますので、飛び散ったオイルはその都度拭き上げておいたほうが良いでしょう。「アルコール」、「中性洗剤うすめ液」、「パーツクリーナー」で、工具・ブリーディングツールまでクリーニングが終わりました。キッチンペーパーは丸ごと一巻き使い切りました。



作業マニュアルはパソコンでも見れますが、作業途中はやはり紙のものが見やすいです。排出ゴミは刺激臭とまではいきませんが、衛生上は良くなさそうなので、まとめて外に出しておきます。






■ 組付けです。パッドには左右が書いてあるので、前後を間違わないよう、後ろ側のパッドに「R]の文字を書いておきました。Lの「R]って何よ、って感じですが・・・。同じパーツのペアですが、すでに「当たり(削れ具合)」が付いて個体差が出ているので、元のキャリパーに収めます。(リヤ側はキャリパー調整からやり直しですからどちらでもさほど問題無しですが)

( 追記 スプリング ) パッドのLRだけ見て油断してました。スプリングにもLRがありました。「その2」にてまた詳しく・・・







■ パッドの代わりに入れておいたパッドスペーサーを外します。どちらのタイプもやや厚みが足りなかったので、厚紙を挟んで入れてありました。







■ パッド表面  レジン(樹脂)パッドが付いてます。セミメタルパッドも選べます。






■ パッドに左右指定があるのは、冷却用のフィンに向きがあるからですね。






■ パッド固定ピンとスナップリング





■ レバーフロント側のマイナスねじで、レバーの開き具合(握り幅)の調整をします。









■ パッド固定ピンや、さらには空引き量の調整ねじもマイナスネジで、何やら「ネジ番数に指定のある」精密タイプでしたので、一通りそろえました。

 





■ 一番下が普通のマイナスドライバーです。、





■ ついでに、ブリードニップルの開け閉めで厚手の7mmスパナが使いにくかったので、薄手の7mmスパナも買ってきました。




■ リアキャリパーの取り付け  ブリーディングの際はキャリパーを外して行うよう指示されているので、ブリーディング後はキャリパー取付け、当たり調整の作業が必要です。






■ ブレーキ当たりの調整まで終わりました。






■ キャリパー単独ではタイトな引き具合になったように感じたのですが、組付けた状態ではホース交換前と同じ引き具合で変わらずという結果でした。








検証して分かったこと


  ☆ 1、 かなりの難易度の高い作業ですが、ホースの入れ替えさえスムーズにできれば、正味作業時間2時間ちょっとというところでしょうか。バーテープは全部取り払い、ハンドルを固定する工夫は考えておきたいところです。


  ☆ 2、 「イージーホースジョイント」は、エア混入も無く組み立てに便利なので、今後広く採用されていくでしょう。



  ☆ 3、  ST-R785の特性として分かった事


    ◎ (レバー標準位置で)リヤブレーキの「握りシロ」がフロントに比べて少ないように感じる。タッチは普通でエアはかんでいない。リヤがフロントより深いところで効く感じ。ホースの強度を落としてあるあたりが原因か?)

    ◎  リヤブレーキの遊びを少なくする調整ができれば解決となるが、初期位置で「空引き量は最小」であり、遊びを「減らす」調整はできない

    ◎  リヤブレーキの握り幅調整を行い、レバーの初期位置を開いてやれば、より開いた位置で効くことになり、都合、前後ブレーキの握り具合がそろうことになる。ただしそれでは、レバーの初期位置がちぐはぐになり、格好いいといえない。


    ◎  この場合の調整方法 予測

      握り幅調整を左右(前用、後用)レバーとも少し開いてやる。フリーストローク調整で、前用のレバーを後用に合わせて「空引き量」を増やし、左右の握り具合をそろえる。


  ☆ 4、 イージージョイントは、さほど重いという事もなく、ホースが一部残ってる状態の実測値で「9.5g」でした。




    5、 大して軽くなってませんが、見た目はすっきりなりました。



    と、こんなところでした。






今回の作業に当たって、メーカーサイトからダウンロードしたST-R785のディーラーマニュアルは、ページ数が60ページもありました。テーブルにタテに立つほどの厚みです。

( 追記 ) 一部内容が変更された176ページ版のディーラーマニュアルがありました。







 一応、HAYES、AVID等、他メーカーのブリーディングツールもそろえております。





 編集に4日もかかってしまいました。すみません。(検証終了・・・してません。まだまだ続きます)





さてさて、調整の段階になって、またまた難問が発生しました!


楽しすぎる、ロード用油圧DISCブレーキの話は、「その2」へと続きます! 




  ☆ ST-R785は「空引きの量」や「レバーの開き位置」が調整できます。

  ☆ 現在は左右レバーとも初期位置、「空引き量」の初期設定は「最小」です。

ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お知らせ「残念ながら、明日... | トップ | 斬り込み隊長☆中島が行く! ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む