Diary

夫のNY転勤に伴って、始まったアメリカ生活。
日々起こる、様々な出来事をつぶやいています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

停電・・・

2005-07-26 | Diary
昨日の夕方から夜にかけて我が家は停電になりました。アメリカ生活最初の停電!日本の時のように簡単に終わるのかと思っていたら、そこはお国柄?!長々と夜まで続いたのでした・・・
最初は夕方6時頃。お友達と電話で話していると、突然「ガチャン!」と電話が切れ子供たちもリビングで「テレビが消えたよ~」と大騒ぎ。特に電気を使っているとは思えないけれど、ブレーカーの確認のためガレージへ。別に、何にも変わったことなし・・・。とりあえず、復旧しないままお友達に携帯から電話。すると、お友達のお家も同じタイミングで停電に。「イヤだよね~」なんて言っているうちに復旧。
復旧したのもつかの間、7時前に今度は長くて約1時間の停電。でも我が家は夜ご飯も終わっていたし、なぜか今日に限ってシャワーも終わっていたので、何の問題もなく子供たちと遊んで過ごしました。それにNYの夏の日照時間は長くて8時でもまだ明るいので全然平気。
8時半、子供たちを寝かせた後、なぜか電気が戻ったので、のん気に日本のドラマをビデオ鑑賞。すると再び、「ガチャン!」。「も~、また~」なんて思いながら一人でリビングで過ごすものの、さすがに9時を過ぎて家の中も暗くなる・・・。「冷蔵庫のお肉やアイスも腐ったらどうやって処分するんだろう・・・」「ビデオレンタル、明日までなんだけどいつ見よう・・・」なんて考えつつ、こんな時のために買っておいたわけではないけれど、アロマキャンドルを10本ほど灯してみました。ここまで部屋が暗いと、やけに雰囲気がありすぎて一人だと恐かったりもする・・・。「こわいし、寝ようかな~」と思っていると、夫帰宅。
暗闇の中、とんかつを食べ、なぜか今日に限って買ってきてくれたチーズケーキを二人で食べる。このチーズケーキも明日まで電気が戻らなかったら腐っちゃうんだろうな・・・。1ホールもあるのに・・・。
でも、なにを言っても仕方が無いし、することも無いので早めの就寝。
深夜12時頃に目を覚ますと、うれしいことに電気が戻ってる!!
これで安心して朝まで眠ることができました。
冷蔵庫の中身も腐ったりすることはなかったし、ドラマのビデオも今日の午前中に見ることができたし、よかった、よかった。
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本最終日とアメリカ初日 | トップ | トイレのつまり »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL