さまよえるパンダ

リカンベントとインラインスケートやラジコンのブログです。

Wさんの翼竜!ついに7mがその姿を現す!

2016-12-10 10:33:10 | ラジコン

つい先日、翼長5mの翼竜をみてその大きさに大いに驚かされたばかりだった!

が今日はそれを2mも上回る7mの巨大な翼竜を目撃することになるとは・・・・・・

これがその雄姿です。

主翼は片側4分割、胴体を入れると9分割になります。

この巨大なRC機を軽自動車に納めて持ってくるのです。

 

組み立ての様子を少しご紹介します。

見てくださいこの頭の大きさ!

4セルのリポを2本、重量バランスの為クチバシ内に納めています。

この巨大な機体の推進力はこれです。

詳しいスペックは聞き漏らしましたが、ちょっと回した印象は静かで力強い印象でした。

予め重心決定用の受けを付けている当たりがWさんの性格を象徴しているような気がします。

何しろこの機体までに10体を既に制作してきたノウハウを沢山もっている筈です。

これもその一つです。

白い尾のようなラダーが見えます。

これはあくまでテスト飛行用の仮ラダーなのだそうです。

テストを繰り返し、すこしづつ本来の姿に仕上げて行くのです。

この日は初飛行では無く、ドーリーに乗った状態で地上滑走テストをして翼の強度やスピードなどを確認するのが目的との事でした。

初飛行は来年かな?と言ってましたので、ぜひ立ち会いたいと思っています。

 

この日は他にこんな機体がいました。

Aさんの3D機、つい昨日ミスって主翼が折れてしまったのですが1日で修復完了です。

 

 

甲高いEDF特有の音でかっ飛んでいました。

私も次は少し小さめのEDF機をと考えています。

クラブの皆さんの最近のトレンドがこの紙飛行機スタイルのRC機です。

しかし以外にもその飛行は大変スリリングで難しそうです。

まさに紙飛行機です。

ヘリもやるAさんのドローンです。

私のF-22ラプターもどきも今日飛ばして無事着陸も出来ました。

Aさんには度々トリムの調整などお世話になってます。

 

利根川はこの時期晴れると強い風が吹きなかなか条件が整いません。

自宅から10分の近さなのが大いに有利になります。

風の静かな日はせっせと通うことになると思います。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« F-22ラプターもどき初飛行に... | トップ | 強風に翻弄されました。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。