ぱんだ通信

ぱんだのマークの小児科から

夜間診

2017-03-08 | 医院の話題
昨夜は今月の夜間診療所当番。
前月の土曜日当番日がかなり混雑したので,今月はその1/5でした。
時間外診療は少ないに越したことはありませんね。

さて,
最近の病院は,医師が多忙で紹介のお返事を書く時間もないようですね。事務さんが代筆していました。
2,3行なら,1,2分で終わりそうですけど。しかも,患者さんの名前や,最初と最後は定型文,でしょうし。

事務員がカルテ(診療録)を読み,記載して,お返事にしています。
仕方ないのかもしれませんが,正直読みづらいし,しかも,医師名が書いていない。誰が,どのような判断,処置,今後の方針したか,などを記載するのが,情報のやりとりだと思います。まあ電子化されているから,読めないってことはないでしょうね。コピペもできるし。

お返事を書かない,とは・・今の研修医教育がそうなのでしょうか。私の頃は,入院症例なら退院日までに記載して,退院と同時に渡すもしくは郵送する,外来で帰院ならその場で簡潔に記載し渡す,と教わったものです。そうすることが紹介元への最低限のマナーと教わったからです。
そんな教育できたものですから,今回の事務処理的なだけのお返事に違和感を大いに覚えました。

基本的に・・
「○○先生宛」のお手紙ですから,「○○先生」がお返事を書くべきでしょう。事務さんではありません。


かたや別の病院さんは,お返事も丁寧ですみやかにきています。
やはり病院の体質なのでしょうか。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スッキリ | トップ | 水痘2回目忘れずに »