ぱんだ通信

ぱんだのマークの小児科から

●4月21日(金)午後休診

2017-04-19 | ●休診/当番医
都合により。午前中に受診してください。

この記事をはてなブックマークに追加

小児科学会

2017-04-15 | 医院の話題
休診をいただき日本小児科学会にきています。



ものすごく混んでいます。
たぶんほとんど小児科医。
立ち見や座り込みまで。
整理券が必要な講演も。

学会も変わったね••

新たな,使えそうな知識を学んできます。

今回で120回目。
第101回で発表して以降もう発表することはないんだろうな。

この記事をはてなブックマークに追加

●4月15日(土)休診

2017-04-12 | ●休診/当番医
日本小児科学会のため。ご了承ください。

この記事をはてなブックマークに追加

7年目

2017-04-10 | 医院の話題
館林高等特別支援校の入学式に参列してきました。
開校7年目。私も学校医7年目になります。

今年もさまざまな個性のお子さん23名が入学しました。
3年間で,その後の社会生活に向け,多くのことを学びます。
それぞれの成長を楽しみにしています。

今年は入学式の校歌斉唱のとき,生徒さんが伴奏ピアノを弾いていました。
なんか感動しましたね。

何か一つのことを身につける。とても大切で大変なことですから。


私も医師免許取得20年を過ぎました。
「医師の成人式」ですね。
最初の頃見た患者さんも,すでに成人になっています。

一人一人のお子さんの成長をいろいろな角度から見られるのも小児科医冥利ですね。
診療所医師,園医,学校医・・
まだまだがんばりますよ。

この記事をはてなブックマークに追加

ボツリヌス

2017-04-07 | 病気のおはなし
乳児:1歳未満のお子さんに「はちみつ」はいけません!

『乳児ボツリヌス症で死亡=国内初、蜂蜜が原因―東京都 時事通信
 東京都は7日、足立区の生後6カ月の男児が乳児ボツリヌス症で死亡したと発表した。離乳食として与えられた蜂蜜が原因とみられ、都によると発症データのある1986年以降、国内で同症による死亡事例は初めて。男児は2月16日からせきや鼻水などを発症。その後、けいれんや呼吸不全を起こして救急搬送された。乳児ボツリヌス症と診断され、3月30日に死亡した。男児は1月中旬からの約1カ月間で1日平均2回、離乳食として蜂蜜を混ぜたジュースを飲んでいた。摂取量は1日10グラム程度と推定されるという。
乳児ボツリヌス症は、1歳未満の乳児が口からボツリヌス菌を摂取して感染する。腸内で毒素が発生し、便秘や筋力の低下などの症状が出るが、死亡するのはまれ。都は1歳未満の乳児に蜂蜜を与えないよう注意喚起している。』


学生時代から習い,小児科医になるとすぐに叩き込まれる知識です。
実際にみたことはありませんが,実際に起こってしまいましたね。

十分ご注意ください。

この記事をはてなブックマークに追加

満開

2017-04-07 | 医院の話題


館林市立第十小学校の入学式に参列してきました。
桜が満開!
天気も回復してよかったですね。

新入生の半分くらい知っているお子さんでした。

楽しく元気に学校生活が送れるよう,学校医として携わっていきたいと思います。

この記事をはてなブックマークに追加

●4月7日(金)午前は10:30まで

2017-04-05 | ●休診/当番医
館林第十小学校入学式参列のため,午前診療は10:30で終了となります。
午後は通常通りです。
なるべく午前9時台,もしくは午後に受診をお願いします。

この記事をはてなブックマークに追加

4月です

2017-04-03 | お知らせ
4月です。

診療変更日
 7日(金) 午前診療10:30まで。午後は通常通り。
15日(土) 休診。小児科学会のため。
21日(金) 午後休診。都合により。
28日(金) 午後休診。都合により。

新年度ですね。新入園,新入学のみなさん,おめでとうございます。
年長さんは,麻疹風疹混合2期の定期接種があります。
4月から6月がお勧めです。遅くとも夏前までには接種するように予定しましょう。

病児保育も6年目です。
利用に際して,年1回お住まいの市町に登録・更新が必要ですので,手続きをお願いします。
お住まいの市町保育担当課,もしくは通園している保育園でご確認ください。
利用対象地域:館林市,板倉町,明和町,千代田町,邑楽町在住


今年度から,館林第十小学校の校医も受けることになりました。
保育園1,小学校1,中学校1,特別支援校1,の4施設の園医・学校医となります。
内科健診,入園・入学時健診,学校保健委員会,もしくは邑楽館林学校保健会などで時々午後休診・時間変更などが生じますが,ご了承ください。
時間がなかなか取れませんが,園・学校にはまめに顔を出したいと思います。

診療以外でも小児科医として地域に貢献できる業務には引き続き参加したいと思います。
園医・学校医,市乳幼児健診,夜間診療所当番・・

また,郡市医師会,県小児科医会の役員も継続です。
これも,地域医療,小児医療に必要な業務と思っています。
各種会議は夜がメインですが,関連会議で午後休診になることもあります。
こちらもご了承ください。

この記事をはてなブックマークに追加

須藤和臣さん

2017-03-27 | そのほか
館林市長選挙に須藤和臣さんが立候補されました。

須藤さんには,病児保育室開設時,1市4町広域利用開始時に,館林選出の県議として多大なるご尽力をいただきました。

病児保育事業には市の事業実施への理解が必要です。
行政における事業化は,制度整備(条例や要項作成。その議会承認,予算化など)にものすごいエネルギーを使うとても大変なことです。国・県の補助もあり,市の予算負担を低く抑えることもできました。

施設整備に際しても県の整備補助があり大いに助かりました。
折しも館林厚生病院機能縮小が始まったときであり,県議として,医療崩壊の危機にある東毛地区への県の補助を働きかけていただきました。
県の補助は本当に助かりました。

また館林市邑楽郡4町の病児保育広域利用に際しては,県へ働きかけていただき,県保健福祉事務所を介して制度整備ができました。
1市としての事業化だけでも制度作りは大変なのに,5自治体にまたがる広域事業はさらにさらに大変なことです。
その当時,病児保育事業の広域利用化は全国的にほとんど行われていませんでした。
その状況で,制度整備に1年とかからず開始できたのも,須藤さんの働きかけのおかげでした。

須藤さん病児保育室来訪 2013年5月2日記事


須藤さんは4人のお子さんのパパ。
子育ての最中に,病児保育の必要性などは肌で感じていたのでしょうね。
本当,熱心に取り組んでいただきました。
これからの館林(日本全国ですが)に必要な「子育て支援」。
須藤さんはしっかりと取り組んでくれるでしょう。


日本は少子高齢・人口減少社会を迎え,問題山積です。
目の前の小手先対策では改善しないでしょう。
10年,20年,30年と,1世代,2世代先を見据えた,長期ビジョンでじっくり腰を据えて取り組まなければなりません。

須藤和臣さんはまだまだ現役ばりばりの40代。
これからの館林市の未来を長い目でどっしり腰を据えて担ってほしいと思っています。


(本記事連絡先は当院院長まで 0276-80-2220)

この記事をはてなブックマークに追加

4月2日は投票日

2017-03-26 | そのほか
今度の日曜日は館林市長選挙の投票日です。

投票は有権者の権利ですが,街作り,将来に向けての責任の一票でもあります。
医療を始め,先行きの不安が多い館林です。
あらゆる面で,太田や佐野など近隣自治体と比べて寂しいものがあります。

子育て,仕事,教育,街作り・・
10年,20年先,もっと先。1世代,2世代先を見据えた街作りをするべきでしょう。
じっくり腰を据えて,舵取りをしていただきたいと思います。

今回の選挙は,館林の将来を左右するかもしれませんね。
「誰がなっても同じ」ではなく,政策を聞き,市の将来を考え,しっかりと選挙に向き合ってみてください。

前日までの期日前投票もできます。
将来の街作りのため,投票の責任をしっかりと果たしましょう。

この記事をはてなブックマークに追加