パンダ イン・マイ・ライフ

ようこそ panda in my lifeの部屋へ。
音楽と本、そしてちょっとグルメなナチュラルエッセイ

大晦日にボブ・ディラン

2016-12-31 | music/pops
大晦日を迎えた。今年の後半の話題といえば、やはりボブディランのノーベル文学賞「騒動」であろう。やはり、話題性ありの顛末で、まだ余韻は残る。

新聞記事で追う。10月14日付で、13日スウェーデン・アカデミーが、2016年ノーベル文学賞をアメリカのシンガーソングライターのボブ・ディランに授与すると発表した。なんといってもミュージック界の生きる証、1941年生まれだから75歳。その交際の歴史は、フォークの重鎮、ウッディ・ガスリー、ミュージシャンのエルビスプレスリー、ポップ界のビートルズ、ロック界のローリングストーンズなどなどである。

ところが、その発表を受けて、ディランは沈黙を守ってしまう。新聞は国内の関係者の声を連日、掲載している。そして、17日には、なんとアカデミーはディランへの直接の連絡を断念してしまう。しかし、10月28日にアカデミーにディランから電話があり、賞を受けることとなる。なんとディランは、12月10日の授賞式には欠席し、メッセージを寄せた。

1962年、21歳でレコード「Bob Dylan」でデビュー。依頼今日まで、多くのレコード、ステージを提供してきた。

ディランとの出会いは、高校生の時、1974年のPlanet Wavesだ。


レコード書評で知り、両親にアナログレコードを買いにいってもらった。ところが、ついていけない。それもそうだろう。当時、ビートルズの後追い(すでに解散していた)、夢中になったのは、エルビスプレスリーのパフォーマンス、今なお健在のブラスロックのシカゴだった。とてもブルースやカントリー、そして難解な詩、あのだみ声に夢中になる素地はなかった。全曲聞いていない。




でも、はやりディランを知りたくて、当時よく出ていたベスト盤を購入する。1977年、大学時代に購入したゴールデン・グランプリ30シリーズだ。






しかし、これも、当時はやっていたフュージョンジャズを凌駕するほどでもなかった。







そして、3度目正直が1997年2月の大人買いである。
1967年3月リリースのグレーテスト・ヒット第1集


1971年11月リリースの第2集


1994年11月、23年ぶりの第3集



この3枚の一機、大人買いである。しかし、これも関心を寄せる契機にならなかった。
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 伴連れ | トップ | ディランのノーベル賞と新年... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

music/pops」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。