きみどりいろのあたたかい春

メモのように自分の書きたいことを書いてるだけ日記

ヒトそれぞれの事情

2017-03-20 | 日記

 日記って、自分はどうも嫌なことを書くことのほうが多い。

 いいこともたくさんあるのだけれど、まあ、気持ちを整理したいとかそんな動機のほうが動きやすいのだろう。

 カフカさんもそうだったんじゃなかったかな?


 で。

 昨日「コンビニ人間」を読んだ。

 「ぎゃあああ~~~」・・・なんつうホラー

 これはすごいや。


 終わり。

 
 いや、いや。

 もっと書こうよ。


 感想。?。

 自分を「ことさら」「普通」だと思っている多数派の方々って、ほんっと「ヒトにはそれぞれの事情がある」ってことに無知・無頓着だってことだよな~・・が、第一。
 
 「自分たちの異常さとか甘え」っていうものに気が付きたくないから?やたらと少数派を馬鹿にしたり、見下したり、矯正してやる!的に余計なことをえらそうにごり押しするんじゃろうかねえ。

 というのもあるし、ま、もともとそういう仕様なんだろうなあ。
 まあ、安い。・・・なんてね。

 主人公の女性には上記な方々からの被害については共感できるけれど・・「ちょっと状況しだいでは危ないわ、この人」と感じるかな?

 アスペルガーっぽいかも。

 だからマニュアル通りに規則的に動けるコンビニの仕事が向いてるんじゃあ?

 などなどと感じる。

 しかし、私はコンビニの仕事ってすごいなあと感じるのでなんでこんな「誰でもできる」的に馬鹿にするのかわからない。

 あんなたっくさんの仕事を同時にこなすって・・・とか、いろいろ思うんですけれど。

 それにバイトとは言え、無遅刻無欠勤で18年も真面目にやってきてた人じゃないのよ・・と、そのことに気がつける能力もないくせに、あれこれ失礼なことを考え無しでわめきたてる輩の馬鹿っぷりのほうには・・呆れる限り。

 ロクデナシ、存在迷惑度に関しては、あの主人公が同居させるクズオ君もそうなら、彼の義妹も相当。

 「その最悪遺伝子・・残すな!」・・つうなら「あんたもな」だろうよ。

 あんなこと言われてても主人公がその独自な感覚故に傷つかないで醒めた感覚でいるのが救い。ん?なのか?

 自分だったら立ち直れねえっす。 

 この義妹とBBQの時の唾とばしの男はとくに嫌だわ。

 まあ、ここに出てくる人、みんな変なんだけれど。

 でも、結構いるからなあ・・・実際も。やれやれ。

 最後、「野垂れ死にしてもいいからここに生きる!」と彼女がコンビニに復職するところはなんか「そうだよな!」とホッとした。

 ?ホッと?・・違うかな?

 。。。他、言いたいこと多数あるけれど、もう、いいや。メンドクサイから。

 思いやり、想像力、大事ですなあ。

 そこそこにですけれど。

 何でも過ぎたるはなんとやら。


 今月はいい映画もたくさん観たのにトンデモな小説読んじゃった。

 映画のいい感想も書きたい気がしていたけれどなんか吹き飛ばされた感じ。


 
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 愕然とする | トップ | 「フイチン再見」が最終回ですか »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。