科学と宗教の共存

意識の覚醒を通して新たなる領域を書いてみたい。

理性から愛へと意識の拡大を目指して

2017-04-19 16:13:36 | 日記
主体と対象の関係。
 この関係を意識してこれまでの自分を見つめ直すことから、新しい我、本来の我が出てくる。これまでの理性の我を含みつつ、より広い視野を持つ我が出てくる。

 自分を見つめ直すとは、字義通りですが、例えば、教育を通していろいろの知識を習得し自立していく中で、主体と対象の関係を見つめ直すと何が出てくるかを考えてみる。

 教育での知識とは、対象である国語算数理科等教科書の中にある知識であり、この教科書の知識が身に付くと、(単純化して言えば)これで考え語り行動するようになる。
 しかし、それが主体である自分とどういう関係にあるか、、、と考える意識が出てくることはない。知識を身につけて、主体である我がその知識を活用して、どういう人間になっていくのかなど、、主体と対象を合わせた理解は出てくることはない。

 しかし、知識を身につける主体である我をも合わせて考える、あるいは我自身をも客観的に観察分析する習慣が身に付くと、これまで気付かなかった新たなる我が出てくる。

 この主体と対象を合わせて理解する、我自身を客観的に観察分析する、、この意識が新たなる我が出てくる出発点となる。この意識が積み重なって、これまでと異なる新たな我が出てきて、視野が広がるなどの自己拡大が始まるのである。

 今まで学んで身に付いた知識がどういう性質のものであり、それが自分をどのように動かしているか、あるいは支配しているのか、、更には知識が身について、行動化していく中に創造の智慧と力が潜んでいることなど自覚するようになっていく。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 再開スタート | トップ | 理性から愛へと自己拡大を目... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。