挑戦!シナリオライター(映画・ドラマ)

シナリオライターを目指す徒然なる一言(携帯でもリンクで飛べるようになりました♪携帯でもご覧ください)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

長澤まさみ・上野樹里「ラストフレンズ第2話予告編」と上戸彩「ホカベン」

2008-04-17 22:32:58 | ドラマ・映画
長澤まさみ・上野樹里「ラストフレンズ第2話予告編」

予告編は次のストーリーが分からないようにするためシーンを前後してみせる。

その予告編を参考に公式ホームページで「命がけの秘密」となっているストーリーを想像すると来週は上野樹里が中心で話しが進みそうだ。

多分、このタイトルには二つの意味があるのだろう。美知留を女として見ている瑠可と瑠可の心の中が男だということがバレそうになるという展開。

多分、タケルだけが気付く展開のような気がする。

それにしても、このドラマ第一話の反響が凄い気がする。このブログのヒット数も1.5倍に跳ね上がった。この調子でドラマが進むと月9のライバルは「ごくせん」と言われていたが、木10の「ラストフレンズ」になる気がしてきた。

フジにして見ればうれしい誤算かもしれない。

ちなみに「ごくせん」の番宣を見たが月9といい勝負で「ラストフレンズ」に負けるような印象を持った。

あくまで番宣なので印象だけだが、今回の「ごくせん」は生徒の印象が弱い。土曜日の内容でその後を推測したい。

上戸彩「ホカベン」

このドラマの上戸彩が演じるような弁護士は見た事がない。個人的な経験から弁護士には二度と近づきたくない…などと書いても意味がないのでやめておく。

さて、上戸彩が唯一うまい演技をするのは、実はこの手のキャラクターだということに気付いている人間は少ないだろう。

視聴率の出なかったホテリアーのキャラクターもうまく演じていたと感じた。悪かったのはシナリオに過ぎない。

このドラマ、始まりとしてはさほど悪い立ち上がりではないだろう。ただ、随分際どいテーマをフジテレビと同じで扱っている。果たしてドラマで扱うテーマか疑問を感じる内容だった。

そうそう、上戸彩。個人的には何故これほど人気があるか分からないが、その割に視聴率の取れるドラマに出れないのも不思議に感じている。

初回を見た限りでは、初の視聴率が取れたドラマになる可能性はある。

「法律が弱者を守ることはない」。
北村一輝の言葉は、弁護士に頼ろうとしたことがある人間は少なからず実感する言葉なのは事実だ。

その意味で意外に緻密に取材されたシナリオなので上のような感想を書いた。
挑戦シナリオライター(裏ブログ)
タイトルは「恋すればミステリー」

『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「絶対彼氏」と「無理な恋愛... | トップ | 「7人の女弁護士」と安倍な... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
長澤まさみファン (長澤まさみが人気の秘密 | 熱愛や画像、面白動画てんこもり!お勧めアイドル・芸能グッズ 最新情報など)
長澤まさみ・上野樹里「ラストフレンズ第2話予告編」と上戸彩「ホカベン」長澤まさ...
ホテリアー (ホテリアー)
ホテリアーハイライト