挑戦!シナリオライター(映画・ドラマ)

シナリオライターを目指す徒然なる一言(携帯でもリンクで飛べるようになりました♪携帯でもご覧ください)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「ブラッディ・マンディ」と堀北真希月9初主演「イノセント・ラヴ」

2008-10-19 00:16:50 | ドラマ・映画
「ブラッディ・マンディ」

主人公が能動的に活躍しないドラマは面白く無い。その典型的なドラマになっている。

途中から能動的に動きだしたが、バラしがはやすぎるのもこのドラマの欠点になっている。

10代をターゲットにするならもう少し軽い展開にしないと視聴者としてついてこないし、20代をターゲットにするなら設定を大学生にすべきだった。

ドラマの内容と視聴者のバランスがうまくかみ合っていないドラマになっている。


堀北真希月9初主演「イノセント・ラヴ」

携帯サイトではすでに宇多田ヒカルの曲がついた予告編がながされている。宇多田ヒカルの曲自体は原曲から相当変えてくると思ったが、思ったほどアレンジを変えていない。

もっとも、原曲自体がこのドラマのストーリーに似合っていたのでさほど変えなくても問題ないが。

雫石令のホームページ[魔法のiランド]
『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「流星の絆」(第1回) | トップ | 「篤姫」と「イーグル・アイ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。