黒柴パルの部屋

日本人のDNAに刷り込まれたシバイヌ。

橋杭岩

2017-03-06 | 日記



南紀最南端の串本にある橋杭岩は初めて見ました。創造していたのよりも大きく立派でした。これは見る価値があるでしょう。もっと、しょぼいものかと思っていましたので、良い意味で裏切られました。マグマの固い岩だけが、浸食されにくく、残ったもののようです。何本もの岩や島、丸っこい岩々が残っていて、おもしろいです。水もきれいでした。
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ホテル中の島 | トップ | 海金剛 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事