黒柴パルの部屋

日本人のDNAに刷り込まれたシバイヌ。

奥入瀬渓谷

2017-05-15 | 日記



奥入瀬渓流、夕方と朝に散策しました。渓流のそばに駐車場がほとんどなかったですが、朝なら大丈夫でした。
奥入瀬渓流の宿は奥入瀬グリーンホテルというホテル?でしたが、床抜けそうな廊下でギシギシ言って、誰が歩いても振動が伝わり、トイレ共同で、男子便器が並んでおり、お前に、温泉の成分表は昭和38年?の茶褐色に変色し、紙がパリパリに劣化したものが張ってありました。おまけに布団のシーツか2か所破れて穴があき、布団マットが端がすりきれてかがってありました。宿の食事がだいたい多すぎるくらいでるものですが、食事のあと、部屋でお菓子や持参のはっさくを食べていました。食事でおいしかったのは、お米です。ご飯はとてもおいしかったです。海苔にしっかり醤油をつけ、一枚一枚大事にたべると、ごはん一杯のおかずとして食べれました。近くには、星野リゾートの奥入瀬渓流ホテルがあり、もちろん、満室でしたが、悪い意味で記憶に残るホテルになってしまいました。まあ、渓流に近いので、夕方遅く、朝食事前にも散策できたのはよかったです。
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 八甲田山 | トップ | 十和田湖 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。