カミーユ・ゴダール通り3番地

フランス生活をゆっくり綴っていきます

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

4歳

2012年11月26日 | 息子&ママン&パパ

ご無沙汰しております。

日本から戻ってきて、息子は年中組に進級し、また新しい日々が始まると思っていた矢先、

突如私の就職が決まり、忙しさからブログ更新が遠のいてしまいました。

 

さて、本日、息子が無事4歳を迎えました。

去年同様、幼稚園用のケーキと家用のケーキを用意し、

幼稚園用のケーキは、ニンジンケーキにホワイトチョコのデコレーション、

家用は、ガトーショコラとチーズケーキです。

  

 日本で買った「おたんじょうびおめでとう」のろうそくが

                  大きすぎてケーキに飾れなかった

 

 

クラスのお友達用に、おりがみでカゴを作り、その中に飴を入れて渡しました。

 

 

先ほど3歳のお誕生日のブログ記事を読んで、1年前よりは言うことを聞くようになったなぁ、

癇癪はなくなったなぁ、など、1年の成長を感じました。

恐竜好きは全く変わっていませんが....。

最近は、お料理に興味を持ち、卵焼きやピザをよく作ります。

食事も、赤味の肉以外は良く食べ、幼稚園の給食も楽しんで食べているようです。

 

また1年、一緒に成長して行こうね!!

 お誕生日、おめでとう!!

 

 

 

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

干物

2012年08月05日 | 2012 日本滞在中

日本に来たら、息子に魚 をたくさん食べさせよう!

と、意気込んでいましたが、なかなか慣れないものを食べるのは息子もイヤなようで、苦心しましたが、

干物は気に入ったようで、ほぼ毎日食べています。

アジのように小さいものなら、一匹全部食べてしまいます

そして、しらす干しや甘塩しゃけも良く食べます。

いっぱい魚を食べて、DHAをたくさん摂取してください!!

 

  回転ずしに行ってきたよ~

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シャンプーハットのおかげ

2012年08月02日 | 2012 日本滞在中

フランスでは、息子のお風呂担当はパパで、目に水やシャンプーがかからないよう、丁寧に優しく洗ってくれます。

 

・・・が、私やばあばはそんなご丁寧にできないので、毎日ぎゃーぎゃー泣かれます。

 

そこで思いついたのが「シャンプーハット」を購入しよう!!

でも、赤ちゃん用や介護用はドラッグストアで簡単に見つけられるのに、幼児・児童用はなかなか見つかりませんでした。

なのでネットで探してみました。

 

 

すると、水もシャンプーも全く目に入らず、泣かずに洗えます。

シャンプーハットのおかげで、快適なおフロtaimeが過ごせています。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

がーーーーーん

2012年07月18日 | 2012 日本滞在中

海の日を迎えた3連休は本当に暑い毎日でした。

連休が終わった昨日も、各地で最高気温を記録して、39℃越えの地域もありました。

 

我が家でも大騒ぎな3連休が終わって、息子にとって日本の幼稚園生活最後の週になりました。

よーし、今週も幼稚園がんばろーと、意気込んでいましたが、朝、息子が「耳が痛い」と言い出しました。

息子は、他の人が大きな音や声を出すと、うるさくて聞こえないと言う意味でよく耳が痛いと言うので、

「誰も大きな音なんか出してないよ。」と取り合わずにいてもまだ耳が痛いと言い続けるので、耳を見ると、

サクランボ大のこぶができていました。

夜、虫にでも刺されたのかと思いましたが、熱も少しあり、幼稚園を休んで小児科に行きました。

 

小児科医は、息子を見た途端、「はいー、おたふくね。」と、あっさり...。

おたふくーーーーと、私はのけぞってしまいました。

「せ、せんせえ、予防注射したんですけど...。」

「予防注射してもかかる人はかかる。」(あっさり...。)

「よおちえんーーー

「んー来週かな。」(あっさり...。)

「来週は終業式のみなんです...

「ふーん」(あっさり...。)

おたふくショックと、あっさり小児科医にノックアウトされ、帰り途は涙が滲みました。。。

 

そして、熱が40度になってしまったので、熱さましの市販薬を与えていいか電話すると、

息子は、熱性けいれんの経験があるので、すぐ病院に来てくださいと言われ、また病院へ

何か特別な薬でももらえるのかと思ったら、また あっさり小児科医登場で、

「薬はねー、出しませんっ。(あっあり...。)わきの下や太ももの付け根を冷やしてください。でも、○○○まシートはだめですよ。」

えーフランスなら、あうんの呼吸でドリプラン投与なのにー

耳の下の腫れと痛みの薬を飲んでいるので、素人判断で他の薬はあげられないので、「息子よ、耐えておくれ。」と念じながらアイスノンで冷やしました。

 

アイスノンもいろんな種類があるんですね。今回、薬局でこんなのを買いました。

 

 

朝からずっと40度の熱を出している息子でしたが、幸い元気で、パンやおかゆを食べたり、じいじと遊んだりしてごきげんでした。

けれども、夜になっても40度から熱が下がらないので、また病院に電話すると、

看護師さんに「冷やして、水分をこまめに与えてください。」と言われ、それ以上は何もできないと言われてしまいました。

熱は薬でむやみに下げない方がいいとは聞きますが、40度もあるとさすがに心配になってきてしまいます。

フランス生活で、ドリプランに慣れてしまったからなのでしょうか...。

 

とにかく、外も息子も「熱かった」昨日でした。

おかげさまで今日は熱も下がりましたが、せっかくの幼稚園最後の週はお休みということになってしまいました。

がーーーん

 

 

 

 

 

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

おゆうぎかい

2012年07月08日 | 2012 日本滞在中

幼稚園の参観行事に行ってきました。

七夕おゆうぎ会と題して、歌や踊りの披露や、七夕の短冊に書いたお願いの発表がありました。

 

子供たちの発表の素晴らしさや先生の指導の努力が垣間見られた、とても内容の濃いものでした。

そして、親バカ発言で申し訳ないのですが、息子は月曜日から幼稚園に通いだしたのにもかかわらず、

たった4日で歌3曲・タンバリン・踊り・短冊発表を覚えて披露できたことに感動を覚えました。

 

  ポニョのお面が大阪のオバちゃんみたいでコワイ...

 

撮影したビデオや写真をフランスの夫に送り、夫も会社で同僚に見せたりして、親バカ度1000%

だったようです。

 

フランスの幼稚園園では、あまりこのような活動がみられない(ケルメスの時だけ?)ので、

日常的に集団で歌やダンスに取り組んで、素晴らしいものを作り出すのは、やはり日本の幼稚園の特徴

なのでしょうか・・・。

 

 

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加